三連単と三連複はどっちがいい?違いは何か。オススメの買い方。三連系馬券の特徴

三連単と三連複の違い


▼本日は、三連単と三連複はどっちがいいか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼三連単と三連複は、どちらも三連系の馬券です。

一見すると、何が違うかわかりませんが、実は大きく違います。


・三連複⇒ 1~3着を順不同で当てる

・三連単⇒ 1~3着を順番通りに当てる



まずはこれが絶対のルールね。



▼「三連単ながし」の場合、軸馬を1.2.3着のどれかに固定する必要があります。

それに対して、「三連複ながし」は、軸馬が1~3着のどれでも的中となる。



▼そう考えると、

・軸馬が、3着以内に来る可能性が高いレース⇒ 三連複

・軸馬が、1着に来る可能性が高いレース⇒ 三連単


という感じの選択になります。



▼三連単と三連複はどっちがいい?

これは上述の通り、そのレースによって違ってきます。

軸馬の、複勝期待値が高いのか?
軸馬の、単勝期待値が高いのか?

これによって、三連単と三連複をチョイスしていくことになるわけです。



▼「勝ちやすさ」では、どちらも大差ない。

どちらも同じ買い目を作ることができるからね。

ただ、三連単は買い目点数が多く、資金力が必要なので、お金がない人は三連複がいいでしょうね。



▼ちなみに私ブエナも、三連複がメインです。

三連単の方が回収率は高くなりやすいんですが、的中率が低くなるので、三連複の方が収支は安定すると思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





三連単のメリットとデメリット


▼三連単と三連複はどっちがいいか?についての考察を続けます。

三連単の魅力は何と言っても「高配当」

100円が、100万円になることも珍しくありません。



▼ただ、そうは言っても、三連単を100円しか買わないということはあり得ない。

三連単を購入する場合、1レースで1万円くらい買うことになります。

なので実際は、1万円が100万円になるというようなイメージですね。



▼さらに深く考えると、「的中を引くまでのコスト」という考え方もあります。

1レースに1万円突っ込んでも、なかなか的中しないのが三連単。

100万円の的中を引くまでに、100万円使っていたら、「100万円が100万円になっただけ」ということになります。



▼このように、三連単は高配当の魅力がありますが、賭け金が多くなるので、ハイリスクハイリターンです。

先ほども書いたように、1レース1万円で購入しても、100レース外せば100万円の資金が必要になるわけです。

これが三連単の最大のデメリットと言えます。



▼三連単は、6頭ボックスでも120点。つまり1万2,000円かかります。

それに対して三連複は、6頭ボックスで20点。わずか2,000円で勝負できるわけです。



▼もちろん的中時の配当が全然違うので、単純な賭け金だけを比較してもあまり意味はありません。

ただ、三連複は買い目点数が少ないので、「掛け金に強弱をつけることができる」わけです。

いわゆる資金配分ですね。



▼「この買い目は、自信があるから厚め」「この買い目は、押さえだから薄め」

というように、三連複は賭け金に強弱をつけることができるのがメリットです。



▼三連単だと、買い目点数が多すぎるので、賭け金に強弱をつけてしまうと、さらに賭け金が膨れ上がってしまう。

上述したような6頭ボックス120点は、100円で購入すれば1万2,000円ですが、ここに資金の強弱をつけると、さらに賭け金が増えてしまうわけですね。



▼次に、三連単の馬券構成について。

三連単は、1~3着を自由自在に構成することが可能です。

つまり、「この馬は勝ち切れないから2着固定」というようなことができるわけです。



▼三連複だと、2着固定という概念はありません。

三連複は、「1~3着以内」というルールだからですね。

ここが、3連単と3連複の大きな違いになります。



▼上述の通り「勝ち切れない人気馬」がわかっているレース。

このようなレースでは、三連単の2着固定・3着固定が威力を発揮します。

データ的な側面から言うと、「単勝回収率は低いが、複勝回収率が高い人気馬

このような馬がいるレースは、三連単で勝負することで回収率を引き上げることが可能なわけです。



▼もちろん、「複勝回収率が高い人気馬」が分かっていれば、三連複で勝負することも可能です。

ただこの場合、「1着固定」の馬券も内包されていることに注意です。

三連複というのは、「1着固定・2着固定・3着固定」すべてを購入しているのと同じだからです。



▼と言う事は、単勝回収率が低い馬を、三連複で購入した場合、どうしても無駄が発生してしまうわけです。

細かい話ですが、競馬の場合、長期的な馬券収支を考えていくことになるので、小さなことの積み重ねが、大きな回収率の差につながっていくんですね。

これが、勝ち組と負け組の差だったりするわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング