複勝の追い上げで勝てるか?複勝馬券の増額投資法。外れたら金額を増やして賭ける戦略

複勝の追い上げで勝てるか?

▼本日は、複勝の追い上げについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「複勝の追い上げで勝つためには、まず損切りラインを明確にする必要がある」

「そして、勝負するレースは、徹底的に厳選することが重要」

「無計画に、負けたから追い上げだ!というスタンスでは、大金を失って終わる」

「目安は、倍賭け・複勝2倍狙い・3回外れたら損切り、というのがオーソドックスな形」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼複勝馬券の追い上げ投資は、根強い人気がある買い方です。

追い上げ、つまり馬券が外れたら、次のレースは賭け金を増額して購入する手法ですね。



▼では、この複勝の追い上げ。勝てるのか?

私ブエナの印象では、「複勝追い上げは、損切りラインを明確にしてリスクを下げれば、十分に勝てる戦略である」と考えます。



▼馬券が外れたら増額して次のレースに挑むわけですから、的中した時点で、外れた分まで回収できることになります。

これだけ見れば、必勝の戦略にも見えますが、追い上げにも弱点があります。



▼それは、「無限に追い上げできるわけでは無い」という部分です。

例えば、シンプルに資金を倍増させていくとすれば、1000円から始めても、5回目には16000円になってしまいます。

その次は、32000円。さらには64000円と、後半になるにつれて賭け金は加速度的に増加します。



▼なので、最初にロスカットポイント(損切りライン)を決めておくことが、複勝の追い上げを成功させるポイントになる。

3回追い上げて外れたら、一旦ロスカット」というように、やめ時を決めておくわけです。

このルールさえしっかり守れたなら、複勝馬券の追い上げ投資は、利益を出せる戦略になると思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開

▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。




複勝の追い上げをする場合の、レース選び

▼複勝の追い上げで勝てるか?についての考察を続けます。

ここでは、具体的な複勝の追い上げ方法について考えてみます。



▼「複勝オッズ2倍狙い。倍額設定。3回でロスカット

例えば、このような戦略。

1000円から始めて、4000円まで増額して外れたら、一旦そこで損切りです。



▼損失は、7,000円。

という事は、8回に1回までは損切りしても、トータル収支では損失が出ないと言うことになる。



▼これは簡単そうに見えますが、なかなか難しいです。

追い上げに8回挑戦して、7回成功させなければならない。

この成功確率を可能にするのは、「厳密なレース選び」になります。



▼複勝オッズで2倍と言う事は、単勝人気では、大体3~5番人気くらい。

これくらいの人気の馬が好走しやすいレース条件を選んでいくことになります。



▼少頭数のレースだと、的中率が高そうに感じますが、あまりにも少頭数だと、1~2番人気の好走確率が上がってしまい、狙っている3~5番人気の馬の好走確率が下がってしまいます。

なので、複勝オッズ2倍を狙うなら、頭数は13~15頭くらいを狙う感じですね。私の場合。



▼これが、出走頭数8~11頭くらいの少頭数だと、上位に来る馬は大体わかるんですが、人気馬が多くなってしまいます。

その場合の配当は、複勝で1.2~1.6倍くらい。

今回の戦略で狙う複勝2倍には届かないわけです。



▼それ以外のポイントとしては、「距離

複勝オッズ2倍で狙うなら、1200m~1400mの短距離戦は有効です。

長距離のレースだと、基本的には強い馬が強い。

特に、下級クラスのレースでは、長距離のレースはガチガチの決着になることが多く、複勝の中穴を狙うのには向いていません。



▼その点で、スプリント戦などの短距離戦は、ちょっとした拍子に1~2番人気が惨敗するので、複勝2倍が出現しやすいわけです。

複勝オッズでは、「同時に入ってくる馬のオッズ」も重要になります。

同じ馬を狙った場合でも、残り2頭の馬が人気馬か人気薄かによって、複勝オッズは変わってくるわけです。



▼ここが単勝馬券と複勝馬券の大きな違い。

複勝は、オッズに「幅」があるんですね。

と言う事は、できるだけ荒れそうなレースを選んだ方が、高い配当を見込めることになる。



▼1~2番人気の信頼度が低いレースでは、複勝オッズが高くなりやすいので、複勝の追い上げに向いているわけです。

この場合、複勝2倍で設定していても、1.6~2.3倍くらいの幅であれば勝負できることになります。



▼逆に、1~2番人気の信頼度が高いレースでは、複勝オッズ1.6~2.3倍で、1.6倍を引くケースが多くなるので、馬の選択を変える必要が出てきます。

ただ、1レースの中でそんなに期待値が高い馬は多くないので、レースごと見送るという事にもなってしまうわけです。



▼「芝1200m。複勝2倍狙い。倍額追い上げ。3連敗で損切り

このような感じで、追い上げのルールを練り上げていきます。

ポイントとしては、自分が狙うレースがない時は、何週間でも見送るという点です。



追い上げに失敗してしまう人の特徴は、「すぐに稼ごうとしてしまう人」です。

例えば、1日の中で、焦って何度も追い上げ投資をしてしまう人。

このタイプは多いです。

「外れた!くそー!次のレースで追い上げだ!」

この手の感情任せの追い上げは、まず失敗するので要注意ですね。



▼▼とにかく、複勝馬券の追い上げで最も重要なポイントは、「損切り」です。

競馬には、確率の偏りというものがあり、ありえない回数、連敗することがあります。

「ここまで外れたら、さすがにそろそろ当たるだろう!まだまだ勝負だ!」⇒この手のタイプは、大金を失って泣くことになります。



▼では、どれくらい連敗するものなのか?

具体的なデータを見てみましょう。


4番人気の複勝馬券データ】2018~2020年。重賞レース416レース分析

的中率30%
回収率79%
平均配当263円
最大連敗16回



はい。
複勝オッズ2倍くらいになりやすい、4番人気馬のデータです。

3年間の重賞レースで、4番人気の複勝馬券を買い続けると、上記のような成績になります。



▼まず、的中率は30%あるので、追い上げをするには合格ライン。

ですが、「的中率30%なら、3回に1回は当たるはず!5回くらい追い上げれば、必勝だな!」と考えてはいけません。

的中率30%というのは、あくまでも平均の的中率であり、コンスタントに3回に1回的中する訳では無いのです。



▼馬券の確率の偏りというのは非常に怖く、連勝したり連敗したりするのが当たり前です。

コンスタントな出現というのは、ほとんどない。

その証拠に、先程のデータを見てみると、最大連敗数は、なんと16回です。

1,000円から倍賭けで狙っていくと、どうなるか?
 ↓

1,000円
2,000円
4,000円
8,000円
1万6,000円
3万2,000円
6万4,000
12万8,000円
25万6,000円
51万2,000円
102万4,000円
204万8,000円



はい。
1,000円から始めても、12連敗でこのようなクレイジーな賭け金に膨れ上がってしまいます。

16連敗と言う事は、これだけ追い上げても当たらないわけです。

競馬における確率の偏りが、いかに怖いことか、わかると思います。



▼だからこそ、追い上げ戦略を成功させるためには、損切りラインを最初に設定しておく必要があるわけです。

複勝オッズ2倍でも、普通に10連敗くらいはしてしまいます。

なので、確率の偏りに巻き込まれるリスクを最小限にするために、複勝馬券での追い上げをするときは、必ず最初に損切りラインを設定してください。



▼▼では次に、複勝の追い上げに向くレースとして、具体的なケーススタディーを見てみましょう。


共同通信杯2021年

1着 エフフォーリア(4番人気)
2着 ヴィクティファルス(7番人気)
3着 シャフリヤール(2番人気)

複勝220円



はい。
このレースは、4番人気のエフフォーリアの期待値が高く、複勝の追い上げに適したレースでした。



▼まず、断然の1番人気は、ステラヴェローチェ。

朝日杯フューチュリティステークスで2着の実績は、このメンバーでは断然上。

東京コースも、2歳時のサウジアラビアロイヤルカップを圧勝しており、普通に考えると、この馬が中心になります。

ただ、当ブログでいつも書いている通り、基本的に断然人気の馬というのは、過剰人気になっているケースが多く、期待値が低くなりやすいです。

いつも断然人気の馬から馬券を購入している人は、ほとんどプラス収支になっていないと思います。



▼しかも今回は、複勝の追い上げという戦略なので、複勝1.1~1.3倍のステラヴェローチェでは、どうにもならないわけです。

ということで、ステラヴェローチェは見送り。

次の馬を探します。



▼次は、2番人気のシャフリヤール。

デビュー前からその素質が高く評価された馬で、鞍上の福永騎手も、かなり期待している馬。

新馬戦を勝ったばかりですが、2番人気に支持されました。

ただ、新馬戦はタイム差なし。

これも当ブログでいつも書いていますが、ギリギリで勝ち上がってきた馬というのは、あまり期待値が高くないです。

その実績で2番人気ですから、シャフリヤールもちょっと手を出しにくい馬となります。



▼次に、3番人気のレフトゥバーズ。

こちらは、新馬戦を0.6秒差と楽勝。

勝ちっぷりは良かった。ただ、牝馬限定戦の新馬戦なんですね。

牝馬だけの新馬戦は、レベルが低くなるケースが多く、タイム差をつけても、単に相手が弱かっただけとなるケースが多いわけです。

また、馬体重も418キロと体が小さく、牡馬相手のここは、いかにも不安が多いところです。

従って、レフトゥバーズも見送り。



▼次に、4番人気のエフフォーリア。

この馬も、デビュー前から期待されていた馬で、鞍上の横山武史騎手が惚れ込む逸材。

デビュー戦が0.1秒差、1勝クラスが0.2秒差と、着差をつけているのもいい。

これで4番人気なら、複勝の追い上げにはちょうどいい馬と言えます。

従ってここは、エフフォーリアの複勝で、複勝オッズ2倍程度を狙います。



▼結果は、エフフォーリアが完勝で、複勝は220円。

狙った通りの複勝配当になりました。

複勝の追い上げで購入する場合は、このように上位人気馬に死角があるレースを狙っていくのが、絶対条件になりますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング