馬単初心者の買い方。競馬初心者は馬単か馬連か?馬単の買い方。流し・マルチ・ボックス

馬単初心者の買い方


▼本日は、馬単初心者さんのための馬券講座について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、初心者さんが馬単を購入する場合、「マルチ」は使い勝手が良いと思います。

マルチというのは、1~2着が逆になっても的中する馬券で、馬単の難しさを緩和してくれます。



▼私ブエナは基本的には、マルチ馬券は推奨しないんですが、初心者さんが馬単に取り組む段階では、マルチは有効であると考えます。

マルチというのは、本質的には馬連と同じであり、馬連も馬単マルチも、どちらも初心者さんに適していると思われます。



▼具体的な馬単マルチの買い方の例としては↓


・馬単マルチ(1×5)10点

このような形は、買い目点数も少なく、初心者さんでも使いこなしやすいと思います。



(1×5)の1は軸馬であり、1~3番人気くらいの人気馬から選びます。

軸馬を人気薄にしてしまうと、的中率が極端に下がるので、初心者さん向きでは無いからです。



(1×5)の5は、相手ヒモ馬で、基本的には中穴馬から選びます。

相手馬も人気馬にしてしまうと、(人気馬×人気馬)という馬単になってしまい、本命サイドを購入することになります。

これだと、的中率は高いんですが、なかなか回収率が上がって来ないので、相手馬は中穴馬を基本とするのが良いかと思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単マルチとボックスの買い方について


▼馬単初心者さんの買い方についての考察を続けます。

先ほどは、「馬単マルチ(1×5)10点」について、簡単に解説しました。

ここでも少し補足をしてみたいと思います。



▼上述した通り、馬単マルチというのは、本質的には馬連と同じです。

という事は、「馬単マルチ(1×5)10点」は、「馬連1頭流し5点」と同じになるわけです。



▼初心者さんが購入する馬券としては、どちらでも良いかと思いますが、馬券の楽しさを考えると馬単マルチの方が良いかと。

なぜなら、馬単マルチは思わぬ高配当をつかむことができるからです。



▼馬連5点流しは、よほど相手馬を人気薄にしない限り、配当は大体2000円前後になります。

それに対して、馬単マルチ10点は、人気薄のヒモが1着に入れば、万馬券の可能性まであるわけです。



▼私の考えでは、万馬券にそれほどの意味があるとは思えませんが、競馬初心者さんが競馬の楽しさを知るためには、万馬券は大切な役割があると思うわけです。

90倍も120倍も、それほど大差ないわけですが、120倍には「万馬券」という響きがある。

万馬券を取ることができると、やはり楽しいし、思い出にも残るわけです。



なので、回収率や期待値だけを考えると、馬単マルチはあまりオススメではないんですが、競馬初心者さんが競馬を楽しむという点で考えると、馬単マルチの高配当狙いは、とても有用であると言える。

馬連よりも、的中した時のワクワク感がはるかに大きいのが馬単マルチです。



▼高配当だけを狙うなら、三連単や三連複の方が破壊力はあるんですが、これは初心者さんが手を出してもなかなか当てることができません。

競馬では、3着馬を当てるのが最も難しく、その点で三連系馬券は、初心者さん向きではないと考えます。



▼それに対して、馬連や馬単マルチは、3着馬を考える必要がないので、予想がシンプルになります。

考えることが少なくて済む。押さえるポイントが少なくて済むわけです。



▼このような理由により、初心者さんには馬単マルチが良いかと思います。

それからもう一つ、「馬単ボックス」という手もあります。



▼馬単ボックスは、いわゆる箱買い。

軸やヒモは関係なく、自分が選んだ馬が1~2着に来れば的中する馬券構成です。



馬単ボックスの買い方の例としては↓


・馬単5頭ボックス(20点)

これくらいがバランスが良いかと思います。



▼馬単ボックスの場合、3~4頭ボックスだと、どうしても組み入れる馬が本命サイドに寄ってしまい、高配当を取れなくなります。

特に、初心者さんの場合はその傾向が顕著で、本命買いを避けるためにも、5頭ボックスが良いかと思います。



▼お気づきの通り、馬単ボックスも、馬連ボックスと同じ意味合いです。

「馬単5頭ボックス(20点)」は、「馬連5頭ボックス(10点)」と同じなんですね。



▼ここでも先ほどと同じように、馬連ではなく馬単にする意味は、高配当の醍醐味を得るためです。

特に馬単boxの場合は、人気薄同士の組み合わせで的中する可能性があり、これが馬単で的中すると、かなりの高配当になります。

入り方によっては、3万馬券くらいは行くと思います。



▼その分、1レースの賭け金が大きくなってしまうのがデメリットです。

馬連5頭ボックスであれば、1レース1000円で済むところ、馬単5頭ボックスだと2000円必要なわけです。

なので、馬単boxで仕掛けるときは、ある程度の馬券資金を用意してからにした方が、資金ショートのリスクを下げることができると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング