マツリダ予想の買い方と検証。どうやって買うか?購入方法と儲かるポイント。利益を出すコツ

マツリダ予想の買い方と検証


▼本日は、私がオススメしている競馬情報サイト『マツリダ予想』の買い方について、考察してみたいと思います。

マツリダ予想の詳細はこちら⇒『マツリダ予想




▼まず、マツリダ予想の大きな特徴は、「印配信」という点です。

なぜ印配信かというと、「買い目指示」の予想では、オッズが低下して、会員みんな勝てなくなるからです。

これについては、マツリダ馬券学校でも解説されています。



▼オッズ低下を防いで、回収率を高めるためには、印配信が最適なんですが、デメリットもあります。

それは、「どうやって買ったらいいか、わかりにくい」という点です。

買い目指示なら言われた通りに買えばいいわけですが、印配信だと自分で考えて購入しなければなりません。



▼そこで本日は、マツリダ予想を活用するにあたって、私の利用方法を紹介したいと思います。

まず、マツリダ予想のオーソドックスな使い方としては、

①参考買い目の反動狙い

というものがあります。



▼マツリダ予想には、レースタイプごとに、参考買い目が決まっています。

例えば、

1強レース⇒ ワイド◎ー○▲△△(4点)

2強レース⇒ 三連複◎☆2軸流し(6点)

混戦レース⇒ ワイド○▲△△ボックス(6点)

伏兵レース⇒ 単勝○▲△△(4点)



はい。
この4つが、基本的な参考買い目になります。



▼この参考買い目を中心に馬券を構成するわけですが、注意点があります。

それは、参考買い目をひたすら購入し続けても、長期的にはなかなか利益が出ないという点です。

参考買い目は、あくまでも基本となる買い目であり、回収率に特化した買い目ではないんですね。



なので、参考買い目をすべて購入するのではなく、「参考買い目の中で、期待値の高い部分だけを拾っていく」という作業が重要になるわけです。

そのための方法論のひとつが、「反動狙い」なんですね。



反動狙いというのは、いきなり馬券購入するのではなく、まず最初は結果だけを記録して、不調期間に入ったら、そこから参戦していく手法です。

一度、沈み込んでから購入を開始するので、普通に全レース購入するよりも、平均回収率が高くなりやすいという特徴があります。



▼マツリダ予想を利用するなら、まずはこの「参考買い目の反動狙い」をマスターしたいところ。

反動狙いの具体的なやり方としては、

「直近10レースの回収率が悪かったら、次の10レースに参戦してみる」

というようなスタンスになります。

これも、マツリダ馬券学校で解説されています。



▼競馬の回収率というのは、長期的には、期待回収率の値に収束していきます。

例えば、マツリダ予想の、参考買い目の期待回収率が90%としたら、一時的に回収率が30%に落ち込んだ場合、そこから反動で上昇する可能性が高いわけです。



この「参考買い目の反動狙い」という買い方がしっかりできるようになると、マツリダ予想で年間プラス収支にすることが可能になります。

マツリダ会員さんは、私も含めて、年間プラス収支の人が多いコミュニティです。

競馬ファン全体を見ると、年間プラス収支にできている人はほとんどいないことを考えると、マツリダ予想に優位性があることがわかります。



▼ただ、上述した通り、マツリダ予想は印配信なので、自分でしっかり考えて購入しないと、プラスになりません。

一方で、マツリダ予想のコツさえつかめれば、何年も連続で年間プラス収支にすることも可能です。

そのための方法の1つ目が、「参考買い目の反動狙い」というわけです。



▼ちなみに、反動狙いするなら、参考買い目だけにこだわる必要はありません。

自分のオリジナル買い目」を用意して、それを反動狙いしてもいい。

マツリダ予想の勝ち組は、おそらくオリジナル買い目の反動狙いをしていると思います。

私自身も、オリジナル買い目をたくさん用意しています。

例えば、「1強レース。三連複☆ながし。相手○▲△△×」などです。



▼オリジナル買い目を作るメリットは、「参戦機会が増える」という点にあります。

参考買い目だけだと、反動狙いすると見送るレースが多くなるのに対し、オリジナル買い目があれば、勝負のチャンスがたくさんあるわけですね。



▼オリジナル買い目を作る時のポイントとしては、「合成オッズ3倍くらいで作る」ことですね。

合成オッズが高すぎるとほとんど当たらないし、合成オッズが低すぎると回収率が上がらなくなるからです。

合成オッズについては、マツリダ馬券学校を参照してください。



▼では、次の方法を考えてみましょう。

次は、「②サブパラを活用する

マツリダ予想には、サブパラと呼ばれる、個別の馬で期待値の高い馬につけられるマークがあります。

例えば、


(軸期待値○)
(脚質○)
(枠○)
(前走○)



などですね。



▼これらのサブパラ馬は、何の印もついていない馬よりも、期待値が高くなります。

なので、このサブパラ馬を絡めた馬券を構成していくと、必然的に回収率も高くなるわけです。



▼最も簡単な狙い方としては、

(軸期待値○)からの流し馬券」ですね。

これは、参考買い目のページにも記載されています。



▼(軸期待値○)は、人気馬で期待値が高い馬につけられるサブパラです。

通常の◎や☆よりも、(軸期待値○)の方が、勝率・連対率・複勝率・的中率・回収率すべて上回りやすいです。



▼なので、(軸期待値○)を発見したら、そこからの、

馬連流し・馬単1着固定・三連複流し・三連単1着固定

などが、有効な馬券構成になります。



▼では次に、「(脚質○)(枠○)(前走○)」について。

これらのサブパラは、人気馬ではなく、中穴馬につけられています。

なので、これらのサブパラを活用する場合は、基本的には、◎☆×の人気馬と絡めるのが有効です。



▼例えば、

(脚質○)馬連流しー相手◎☆×(3点)

などですね。



▼この場合の注意点は、中穴のサブパラなので、的中確率はそれほど高くないという点です。

例えば、サブパラでも5番人気なら、連対率は20%程度になります。

(軸期待値○)の連対率が50~60%に収束しやすいことを考えると、中穴系のサブパラの的中率は低めになります。



▼では次に、マツリダ予想を活用して回収率を高めるポイント。

この大切なポイントの1つとして、

できるだけ購入レースを絞る

というものがあります。



マツリダ予想では、1日に2~6レースほど配信されますが、これを全て購入するのではなく、ここから自分の狙うレースだけを購入するのがポイントです。

購入する基準は、先ほど紹介した、「参考買い目の反動狙い」や「サブパラ」から判断します。



▼マツリダ馬券学校では、1日の勝負レースは、

「0~2レース」

くらいが良いとされています。



▼マツリダ予想で勝てない人は、数多くのレースに参戦しすぎている可能性があります。

私も最初の頃、それで失敗したんですが、マツリダ予想では、できるだけ購入レース数を絞った方が、利益を出しやすいです。



▼私も、自分の狙っているレースがない時には、全く馬券を購入しない日もあります。

有料配信だと、ついつい購入しないと損だと思ってしまいがちですが、レースを見送るのも重要な戦略です。



▼ちなみに、1日の購入レース数を減らすと、確率の収束が遅くなるので、長期目線で考えなければならなくなります。

これが出来ない人が多い。

短期で結果を出そうとしすぎている人が多いわけです。

でも、マツリダ予想に限らず、馬券では、短期的な結果を求めると絶対に失敗します。
(経験談)


▼私たちの目的は、マツリダ予想を利用して、「年間プラス収支」にすることです。

競馬を楽しみながら、お金が減らない。

そのような理想的な状況を求めて、努力していくわけですね。



▼多くの競馬ファンは、なんとなく刺激に流されて馬券購入し、なんとなくお金を失っている。

年間で考えると、何十万円・何百万円も失っている。

こんな負け組から抜け出すために、私たちは、マツリダ予想を活用して回収率を高めていくわけです。



▼そのための方法論が、ここまで解説して来たような、

①「参考買い目の反動狙い(オリジナル買い目でも可)」
②「サブパラ狙い」
③「購入レース数を減らす」
④「長期目線で考える」


ということになるわけです。



▼私の感覚で言えば、この4つだけしっかり徹底してマツリダ予想を活用すれば、ほとんどお金は減らなくなります。

ちなみに、私の場合は、年間単位で微増しています。



▼④「長期目線で考える」という部分も、かなり重要なポイントになります。

1日の購入レース数を0~2レースに減らすなら、長期目線で考えないと、途中で心が折れます。



レース数を減らして回収率を上げる場合、「毎月プラスにしたい!」という欲は、絶対に捨てた方がいいです。

「毎月のお小遣いを増やしたい!」このような欲望は、破滅への第一歩になります。

あくまでも狙うは、「年間でのプラス収支」です。



▼毎月プラスは、1日の購入レース数を20レースくらいにしないと無理です。

しかし、1日20レースでプラス収支にできる人は、ほとんどいないでしょう。

それだったら、「1日0~2レースで、年間プラス収支」の方が、よほど簡単です。

精神的なストレスも少なく、競馬を楽しむことができると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング