馬券で勝つのは無理なのか?競馬で勝つのは不可能ではない。絶対勝てないギャンブルではない

馬券で勝つのは無理?


▼本日は、馬券は無理なギャンブルなのかについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「馬券で勝つのは無理ではない。勝つための馬券の買い方を知らないだけ」

「馬券で勝つためには、期待値が高い馬をひたすら狙えばよい」

「その場合、的中率は関係ない。あくまでも回収率100%以上になる馬を淡々と狙う」

「期待値が高い馬を見つけることができれば、馬券種はどれでも勝てる(複勝以外ね)」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼「馬券で勝つのなんか無理だ!」「勝つのはJRAだけだ!」

みたいな話を、よく聞きますね。

これは本当か?



▼私ブエナの個人的な見解では、

馬券で勝つのは無理ではない。というか、普通に勝てる

と思うわけ。



▼現に、私の周りには、競馬で年間プラス収支にしている人がたくさんいます。

勝ちすぎて、確定申告している人も、何人もいます。

それではなぜ、競馬で勝つのは無理だと言われるのか?



▼それは、「実際に、競馬で勝っている人を、見たことがないから」です。

人間は、実際に見たことがないものは、「無理」「不可能」「あり得ない」みたいに定義して、安心しようとするわけです。



▼馬券には勝ち方があって、それを知らないで普通に馬券購入してしまうと、まずマイナスになります。

なぜかというと、


①競馬には控除率の25%があるから

②競馬には、プロ・セミプロがいるから



この2つの理由により、適当に馬券購入してしまうと、長期的にはほぼ確実にマイナス収支になるわけです。



▼ほとんどの競馬ファンは、馬券でプラスにするための方法を知らない。

そもそも、馬券は控除率として25%を天引きされていることすら知らない人も多い。

その結果、マイナス収支になってしまい、「競馬で勝つのは無理だ!」と結論づけてしまうんですね。

でも、勝ち方を知っている人にとってみれば、意外と簡単に、年間プラス収支になるわけなんですよ。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬券は無理だと感じる理由


▼馬券で勝つのは無理か?についての考察を続けます。

「競馬は、無理ゲーだ!」とか言う人の多くは、基本的な馬券購入の仕方が間違っている。

あるいは、正しく馬券購入できていても、長期目線で見ることができていない。

だから負けるんです。



▼競馬で勝つためのポイントは、


・勝つための買い方を徹底する

・長期目線で考える



この2つが絶対に必要なんですね。

逆に言えば、この2つさえしっかりできていれば、競馬で勝つのはそれほど難しくないことがわかる。



▼競馬で多額の利益を出し、国税局から追いかけられたサラリーマンがいましたが、彼はコンピューターの自動投票で利益を出していた模様です。

という事は、最初にロジックさえしっかり考えれば、後は比較的簡単に利益を出すことができると言えます。



▼そう考えると、競馬は無理どころか、意外と簡単なゲームだったりするわけです。

最初のコツを掴む所まで行けるかどうか。

馬券の基礎を学ぶための、本やサイトと出会えるかどうか。



▼当ブログではいつも書いていますが、競馬で勝つためには、期待値が高い馬券を狙って購入する必要があります。

期待値の高い馬を探すことさえできれば、馬券種はぶっちゃけ何でもいいわけです。



▼例えば、単勝回収率が高い馬をデータ分析で発見したとする。

そうすると後は、「単勝」「馬単」「三連単」のどれでも勝てるわけですね。

予想するのがめんどくさいときは、単勝。

ヒモ馬が絞り込めるときは、馬単。

3着までのヒモが予想できるときは、三連単。

という感じで使い分けることで、さらに回収率を高めることが可能になります。



▼「競馬は無理だ!」と言っている人は、まずここまで考えていないケースが多いです。

競馬と期待値の関係性さえ分かっていない。

単勝と、馬単1着固定総流しが、ほとんど同じ意味合いであるということもわかっていない。

だから勝てないんです。



▼「競馬は無理なギャンブルだ!」と言いたい人の心理としては、「勝てない言い訳」という面が多分にあると思う。

自分は、競馬というゲームで負け組になってしまった。

でも、そんな自分を認めたくない。自分は負け犬では無い。

だからゲームそのものを否定して、ささやかな自分のプライドを守りたいわけです。



▼しかしながら、ここまで書いてきたように、競馬は勝つのが無理なゲームでは無い。

知識と努力さえあれば、どんな人でも勝てる可能性を秘めたギャンブルなんです。

イケメンじゃなくても勝てる。背が低くても勝てる。頭が悪くても勝てる。



▼頭の良さに関しては、むしろあまり頭が良くない人の方が、素直にルール通り実行できるので、勝てる可能性は高くなります。

変に頭がいい人というのは、自分なりにアレンジし過ぎてしまうんですね。

競馬には、勝つためのルールがありますが、自己流にアレンジしてしまうと、うまくいかなくなるわけです。



▼例えば、「三連単の7頭ボックス、210点買い」は、競馬で勝つための1つの買い方です。

かなりの多点買いになりますが、荒れるレースさえ見極めることができれば、年間プラス収支にしやすい買い方だと思うわけです。



▼しかし、この買い方はかなりハイリスクハイリターンであり、自己流にアレンジすると危険です。

1レースに2万円以上も突っ込むことになるので、アレンジして連敗すると、ダメージが大きくなる。

だからこそ、アレンジするより、愚直にルール通り実行することが重要なんですね。



▼▼負け組の人の特徴を考えると、もう一つ特徴があって、

買い目点数が少なすぎる」というものがあります。



▼例えば、馬連だったら1~2点で大きく勝とうとする人。

この馬券戦略は、的中さえすれば、短期的には大きく回収することが可能です。

つまり、一攫千金を求める人がこの買い方をしやすい。



▼別に、馬連1点勝負が悪い訳では無い。

これをやるとしたら、本命サイドで決まることが濃厚なレース。

これを厳選して選んでいって、ピンポイントで勝負するならありです。



▼でも多くの負け組の人は、しっかりレース選びをしないんですね。

「馬連1点勝負!」という買い方にばかりフォーカスして、肝心のレース選びがおろそかになっている。



▼よくあるパターンとしては、

「俺は、重賞レースで馬連1点勝負をする男だ!」みたいなパターン。

ひたすらその週の重賞レースで勝負するわけです。

しかも馬連1点勝負で。



▼この買い方は、私も経験がありますが、かなり勝つのは難しいです。

なぜかというと、重賞レースというのはそれぞれ様々なレース条件が混在しているからです。



つまり、「馬連1点勝負に向く重賞レース」もあるが、その一方で、馬連1点勝負には向かない重賞レースもたくさんあるわけです。

結果として、「1点勝負に向かない重賞レース」が回収率の足を引っ張ってしまい、負け組に転落するというわけ。



▼なので、馬連1点勝負にこだわるなら、重賞レース限定という枠組みを外して、1日36レースある中で、馬連1点勝負に適したレースだけを抽出するという作業が必要になるわけです。

それが朝の第1レースであるならば、そのレースでだけ勝負する。

それが最終12レースであるならば、そこでだけ勝負する。



▼いずれにしても、馬連1点勝負に適したレースというのは、1日の中にそんなに多くありません。

なので、前日からレースをしっかり選ぶ必要がある。

「どのレースが、馬連1点勝負に向いているだろうか?」

これを前日段階から真剣に考えるわけです。



▼勝ち組は、このような地味な努力をコツコツと続けることができる。

だから勝てるわけです。

「競馬で勝つのは無理だ!」と言っている人は、地味な努力をせずに、単純な戦略でお金儲けしようとしている人が多い印象ですね。



▼▼馬券で勝つということを考えた場合、このような「レース選び」で、勝敗の9割方が決まってしまうような気がする。

ぶっちゃければ、「自分が狙う配当を決めて、その配当が出そうなレースを真剣に選ぶ

これだけで勝ててしまうわけです。



▼競馬の負け組は、これと逆のことをやってしまっている。

例えば、「その週の重賞レースを徹夜で予想する」

これなどは、非常に負け組になる確率が高く、オススメできない手法になります。



▼重賞レースで勝負するのが悪いのではなく、何も考えずにその週の重賞レースを購入するのが悪いわけです。

当ブログではいつも書いていますが、重賞レースというのはレース条件が千差万別であり、配当も多岐にわたります。

なので、先ほど私が書いたような、「まず自分が狙う配当を決める」という戦略とマッチしないわけです。



▼例えば最初に、「中穴の三連複を狙う」と決めるとする。

そうすると、次のステップとしては、「中穴の三連複が出現しそうなレースを選ぶ」ということになるわけです。

これが勝ち組の思考方法になります。



▼まず最初にロジックがあって、そのロジックに合致するようなレースを選んでいくわけです。

負け組は、この順番が逆なんです。

負け組の競馬予想は、まず最初に重賞レースがあって、そこに合うような予想方法を考えようとする。

しかし、このやり方は非常に難易度が高いです。



▼上述したように、重賞レースというのは施行条件が千差万別です。

そのため、それぞれの重賞レースに合致した馬券戦略は、無数にあるわけです。

したがって、毎週押し寄せてくる重賞レースに合致した馬券戦略を、全て用意しておかないと、対応できないということになるわけです。



▼それに対して、私ブエナが先ほどから書いているような、「最初にロジックを決める」という戦略の場合、ロジックが1つしかなくても勝負できるわけです。

なぜかというと、競馬には1日36レースの開催があるからです。

その36レースの中から、自分のロジックに合致したレースを選んでいけばいいんですね。

この考え方ができれば、勝ち組に一気に近づくことになります。



▼▼とにかく、競馬で勝ち組になるために最も重要なポイントの1つが、「レース選び」なんです。

ほとんどの競馬ファンは、なぜか重賞レースにばかり固執している。

「今週の重賞レースは何かな~?」というところからスタートしている。

だから負けるわけです。



▼競馬で勝ちたければ、ここの部分の発想を切り替えて下さい。

「今週、勝負できそうなレースはあるかな?」

という考え方にするんです。

重賞レースは、考えるレースの1つに過ぎません。

重賞レースが、たまたま勝負レースになる時もあるし、重賞レースに魅力を感じなければ、当たり前のように見送る。

これができるようになれば、一歩勝ち組に近づきます。



▼ではここで、レース選びのコツとして、レースを分類する方法を考えてみましょう。

競馬のレースは、1日36レースありますが、簡単に5つに分類することができます。


・午前中の平場(第1~6レース)
・午後の平場(第7~8レース)
・特別戦(第9~10レース)
・メインレース(第11レース)
・最終レース(第12レース)



はい。
競馬のレースをざっくりと分類すると、上記の5パターンに分けることができます。



▼まず、「午前中の平場(第1~6レース)

ここは、低レベルな馬たちの争いになるレースで、ガチガチの配当と、大荒れの配当、両極端な決着傾向になります。

データや予想材料も少なく、検討が難しいレースになります。

また、プロ馬券師の参戦も多く、オッズがおかしなことになるケースもあるので、私ブエナはほとんど参戦しないレースになります。



▼次に、「午後の平場(第7~8レース)

ここは、1勝クラスのレースが多いですね。

同じ平場でも、午前中の平場と比べると、はるかに予想しやすいのが、午後の平場になります。

私も、レース選びの対象に入れています。



▼次に、「特別戦(第9~10レース)

ここが私ブエナの主戦場になります。

特別戦というのは、レース名が付いているレースで、「○○特別」とか「○○賞」などのレース名が付けられています。

特別戦は、平場より賞金が高く、ある程度レベルの高いレースが行われます。

情報も多く、予想がしやすいレースですね。

配当は、中穴が多い印象です。



▼次に、「メインレース(第11レース)

重賞レースは、ほとんどこのメインレースに組まれます。

メインレースは情報も多く、予想しやすいんですが、賞金が高いため、各馬の仕上がり状態が良く、大荒れになることも多々あります。

そのため、重賞レースを始めとしたメインレースは、かなり難しいレースの部類に入ります。

無理に手を出さない方が良いレースですね。



▼最後に、「最終レース(第12レース)

最終レースは、メインレースより難しいかもしれません。

最後のレースということで、騎手も気が抜けているのか、大波乱になることも多いです。

全く予想しない決着になることも多いので、私は最終レースはほとんど購入しませんね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング