複勝の多点買いで勝てるか?複勝馬券を2点買い3点買いして儲かるか。利益を出すコツ

複勝の多点買いで儲かるか?


▼本日は、複勝の多点買いについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「複勝の多点買いをするなら、本命サイドの複勝は買わないこと」

「本命サイドの複勝を多点買いすると、合成オッズが下がって、利益が出なくなる」

「5~11番人気くらいの範囲で、複勝を2~3点購入するのが基本」

「12番人気以下の大穴馬は、基本還元率が低いので非推奨」

「複勝の多点買いをする時は、必ず、荒れそうなレースを選ぶこと」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼基本的には、複勝馬券は1点勝負が良いです。

特に、本命サイドの複勝は、2点以上購入すると回収できなくなるので、1点が基本です。



ただ、複勝馬券の多点買いでも、利益を出す事は十分に可能です。

この場合、いくつかの注意点があるので、少し考えてみましょう。



複勝の多点買いをする際のポイント↓


・狙う馬は、中穴馬か大穴馬を選ぶ

・荒れるレースを選ぶ

・的中時の払戻しが、賭け金の2倍以上になるようにオッズを計算する



はい。
まずはこの3つを意識すると良いかと思います。



▼まず、「狙う馬は、中穴馬か大穴馬を選ぶ

先ほども書いたように、本命サイドの複勝はオッズが低く、2点以上買うと回収できなくなります。

もちろん、2頭ダブルで複勝ゲットというケースも多いわけですが、外れることもあるので、長期的には回収率がなかなか上がりません。



▼なので、複勝で多点買いする場合は、できるだけ「中穴馬か大穴馬」を選ぶ方が、回収率は上がりやすくなると思います。

複勝オッズで言えば、3~4倍以上が望ましい。

これくらいのオッズなら、複勝2点買いでも長期的な利益を出していくことが可能になります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





複勝の多点買いでは、荒れるレースを選ぶ


▼複勝の多点買いについての考察を続けます。

先程の続きです。

次は、「荒れるレースを選ぶ」ことについて。

複勝で多点買いする場合、中穴馬~大穴馬を狙うケースが多いので、必然的に荒れやすいレースを選ぶことになります。



▼どのようなレースが荒れやすいかというと、

・多頭数
・ハンデ戦
・牝馬限定戦
・短距離戦
・最終レース



はい。
この辺の条件は、荒れやすいレースの条件になります。



▼荒れやすいレースでは、本命サイドの馬の期待値が下がり、その代わり、中穴馬と大穴馬の期待値が上がります。

そのようなレースでは、中穴馬と大穴馬の複勝を、2~3点購入しても、利益が出やすくなります。



複勝馬券で多点買いする場合は、できるだけ低いオッズの馬を買わないことが重要です。

3頭の複勝を買うとして、その中に複勝1.3倍などの低いオッズの馬がいると、合成オッズが下がり、長期回収率も下がってしまうからです。



▼合成オッズは、最低でも2倍くらいはほしい。

合成オッズを上げるためには、本命サイドの馬をできるだけ買い目に入れないことが重要なんですね。



▼ちょっと脱線しました。

荒れやすいレースの話に戻ります。

荒れるレースの条件は、先ほども書いたような条件になります。



▼ここに、さらに条件を追加します。

例えば、「断然人気の馬がいないレースを選ぶ

複勝の多点買いをする場合、断然人気の馬がいると、どうしてもその断然人気馬が馬券圏内に入ってきてしまい、複勝の平均配当が下がってしまいます。



▼複勝馬券というのは、人気馬が入ってくるほど、配当が下がるようになっています。

だから複勝オッズには、オッズ幅があるんですね。



そう考えると、複勝で多点買いする場合は、できるだけ人気馬が入ってこないようなレースを選んでいくほうが良いということになる。

例えば、明らかに上位5頭が強いレースで、6番人気以下の馬を2点も3点も購入してしまうと、ほとんど馬券は的中しないことになります。



▼人気馬が強いと、単純に複勝の3つある席が奪われてしまうことに加え、先ほども書いたように、平均配当が引き下げられてしまうというデメリットもある。

複勝馬券の多点買いをする上で、人気馬が強いレースというのは、まったく向かないということになります。



▼例えば、「少頭数。別定戦。オッズ断層上位5頭まで。重賞レース

このようなレース条件。

これは上位5頭の期待値が高く、中穴馬と大穴馬は出る幕がないレースです。



▼2019年の中山記念などは、このタイプのレースでした。

上位6頭が圧倒的に強く、オッズ断層も明確だった。

結果、その6頭で上位独占。

このようなレースで、大穴馬の複勝を多点買いしても、全く勝負にならないことがわかります。



▼それに対して、同じ日に行われた阪急杯。

こちらは、「短距離戦。18頭フルゲート。1番人気が弱い。オッズ断層なし

という感じで、荒れそうなレースだった。

結果、勝ったのは11番人気のスマートオーディンで、複勝は790円もついたわけです。



▼このように、複勝の多点買いは、レース選びの時点で勝ち負けがほとんど決まっているわけです。

最初にレースありきで考えてしまうと、全体観を見失い、自分が負けた理由すらわからないまま、お金がなくなってしまいます。



▼なので、複勝馬券を多点買いする時は、

・本命サイドを買わない
・荒れるレースを選ぶ


この2つをしっかり意識するようにしてください。

それができれば、複勝を2点以上購入しても、利益を出せるようになると思います。



▼▼さてここまで、合成オッズを下げないように、複勝馬券の多点買いをすることを推奨してきました。

ではなぜ合成オッズを下げてはならないのか?

少し考察してみましょう。



▼まず、中央競馬の複勝馬券は、還元率が80%です。

還元率というのは、JRAが控除率分のお金を天引きした後の、競馬ファンに払い戻しをする比率です。

この還元率は、馬券種によって違ってきます。

単勝馬券や複勝馬券の還元率は80%ですが、三連単は72.5%となっています。

単純に還元率だけで考えると、三連単より複勝馬券の方がお買い得ということになります。



▼ただ、還元率だけでは結論が出ないのが、競馬の難しいところであり、面白いところでもあります。

複勝馬券は80%という高い還元率を誇りますが、オッズが低いことと、買い目点数が少ないことから、「オッズの歪み」が発生するケースが少ない。

馬券で利益を出すためには、オッズの歪みを狙っていく必要があり、オッズの歪みは難しい馬券種の方が発生しやすいわけです。



▼なぜ難しい馬券種の方が、オッズの歪みが発生するかというと、合成オッズが高くなりやすいからです。

はい。競馬初心者さんは、そろそろチンプンカンプンになってきましたね。

でも慣れれば簡単です。最初だけ頑張ってください。



▼要するに、控除率の20%を超えるためには、ある程度のオッズ幅が必要になるわけです。

オッズが大きいほど、オッズに歪みができやすくなる。

その歪みを狙い撃つことによって、基本還元率の80%を超えて、回収率が100%を超えてくるわけです。



▼なので私は、先ほどから、「合成オッズは最低でも2倍は欲しい」と書いているわけです。

的中したときに、賭け金が2倍以上になるくらいの馬券構成でないと、長期回収率をプラスにすることは難しいです。



▼ちなみに当ブログでは、合成オッズは3倍以上が望ましいと書いています。

ただ今回のテーマは、複勝馬券の多点買いであり、この場合は、合成オッズ3倍は難しいので、合成オッズ2倍を目安にしているわけです。

複勝馬券に限らず、あなたの馬券が的中したときに、払い戻し金が賭け金の2倍以上になっていないようなら、それは合成オッズが低い可能性があるので、少し穴サイドにシフトするのが良いかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング