京都競馬場の馬券の買い方~狙い方と攻略法。データ・回収率

京都競馬場の馬券の買い方


▼『京都コースの必勝法も教えてください』

というご質問をいただいたので、前回の阪神競馬場編に引き続き、本日は、京都競馬場の馬券の買い方について、私(ブエナ)の独断と偏見で、考察してみたいと思います。

京都競馬場


▼まず、分析するデータ期間は、「2007年~2016年3月」までの、約10年とします。

前回の阪神競馬場と同じ期間で分析します。


【京都競馬場データ】

◆京都の重賞レース
178レース分析

1番人気
単勝回収率47%

(芝54% ダート18%)


はい。
重賞レースでの、京都競馬場の「1番人気」の回収率の低さは、ちょっと異常値に近いです。



▼京都コースは、直線は平坦ですが、3コーナーから「登って下って」という形態の、トリッキーなコースです。

直線が平坦なので、前残りも多く、1番人気の信頼度が低いコースとなっています(重賞レース)

前回の「阪神競馬場」も、人気馬の信頼度が低めでしたが、「1番人気の回収率の悪さ」は、京都競馬場の方がはるかに上ですね。



▼例えば、

京都の芝重賞レースで、1番人気の馬が外枠だったら、期待値はかなり低くなる

傾向にあります。

あくまでも、2007年からの傾向なので、ここから変わるのか、今後も注目していきたいと思います。



▼1番人気の信頼度が低いということは、その分、他の馬の期待値が上がっている、ということになります。

そう考えると、京都の芝重賞では、1番人気「以外の」馬から買う方が、回収率を上げやすいとも言えるかと。
(的中率は下がりますが。 )



◆京都の重賞レース
2~3番人気
356頭分析

単勝回収率97%
(芝95% ダート100%)



はい。
1番人気がコケて、2~3番人気が勝つ。

そのようなパターンが多いことが、このデータから見て取れます。



▼GIで言えば、

「2012年の春天。断然の1番人気のオルフェーヴルがコケて、大荒れ」

「2013年の春天。断然の1番人気のゴールドシップがコケて、2番人気のフェノーメノ優勝」

「2014年の春天。断然の1番人気のキズナがコケて、波乱」


春の天皇賞データばっかりになってしまいましたが、京都コースの重賞レースでは、1番人気がコケることが多いわけですね。



▼ちなみに私が、京都競馬場の重賞レースを買うときは、

2~4番人気で軸を探し、相手は2~9番人気から、期待値が高い馬を選ぶ

という感じの、オーソドックスな戦略で馬券購入することが多いです。


こんなオーソドックスな買い方でも、上述したような「データの裏付け」があるので、なかなかの回収率になったりするわけですね。



▼あと、京都競馬場の馬券の買い方で、ポイントとなるのが、

京都芝のレースは、内枠有利になりやすい

という部分です。



▼前回の阪神競馬場では、「枠順の有利不利がない」と書きましたが、京都競馬場では、枠順の有利不利があると思う。

要するに、

「京都の重賞レースは、内枠有利になることが多い」

と思うわけです。
(ブエナ調べ)



◆京都の芝重賞レース
1枠1番
177頭分析

単勝回収率154%



はい。
154%ということは、

「京都の芝重賞レースでは、1枠1番を買っとけば、回収率が上がる」

と言ってもいいのか?


でもここには1つ問題があって、

「2012年、春天のビートブラック(14番人気)が、回収率を上げてしまっている」

なので、あまり盲目的には信じない方がいいかもしれません。


でも、京都の芝重賞レースは、内枠が有利なのは、概ね、間違いないかと思われます。



▼もちろん、これはあくまでも傾向なので、「確率が偏った時期」は、内枠の馬が惨敗し続けることもあります。

ただ、長期的に考えると、「京都の芝重賞レースでの内枠」は、単勝回収率・複勝回収率ともに高くなりやすい。

これはやっぱり、「内枠有利な競馬場である」「内枠を狙えば、回収率を上げやすくなる」のかなと。



▼実際に私は、京都競馬場の芝のレースでは、内枠を狙うことが多いです。

京都競馬場の方が、阪神競馬場よりも私の回収率は、少し高いです。

個人的には狙いやすい競馬場だと思います。



▼ただ、上述のように、1番人気が信頼できないコースなので、

本命党の人は、京都競馬場の重賞レースは、あまり向かないかも」と思います。


本命党ということは、1番人気から馬券購入することが多いと思うからです。

本命党で、1番人気から絞って買う人は、東京か中山の重賞レースの方が、回収率を上げやすいと思います。

(東京・中山の重賞レースは、阪神・京都より、人気馬の信頼度が高いと思う。データ的にも。)



▼ちなみに、京都の芝重賞レースの1枠1番は、2016年3月まででも、

・日経新春杯のレーヴミストラル

・シルクロードSのダンスディレクター

と、すでに2勝しています。

そしてどちらも「2番人気」でした。1番人気は勝てず。



▼ということで本日は、京都競馬場の馬券の買い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「京都競馬場の芝のレースは、1番人気の信頼度が低い」

「内枠が有利になりやすい」

「特に、ハイレベルな芝のレースになるほど、内枠が有利になりやすい」

「具体的に言えば、1~8番枠くらい」

「1~8番枠に、2~4番人気馬がいれば、軸馬としての期待値が高くなりやすいので、その辺を狙う」



これはあくまでも私の考えですが、私の場合は、京都競馬場ではこのように考えることが多いですね。

ご参考まで。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング