重賞レースの騎手データ傾向。狙い目は?重賞に強い騎手。買えるジョッキー

重賞レース・メインレースで儲かる騎手は?


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「ブエナ調べでは、重賞レースで儲かる騎手は、Mデムーロ・ルメール・戸崎圭太・福永祐一。この4人かなという印象」

「田辺騎手は、重賞レースで穴をあけてくるので要注意」

「福永騎手は、芝の重賞レースでは安定感抜群だけど、ダートの重賞レースではあまり儲からない印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼私ブエナの印象ですが、重賞レースでは、普通のレースより騎手が重要になる気がする。

レースの格が上がるほど、騎手の腕や度胸が問われる。

なので、「平場では上手いけど、重賞レースだとあまり活躍できない騎手」というのも、たくさんいるわけです。



▼一口に重賞レースと言っても、様々な条件があります。

ここでは、ざっくりと「芝とダート」で分類して、まずは分析してみたいと思います。


【芝の重賞レースで期待値が高いと、私ブエナが思う騎手】
2010~2017.1
778レース分析(ブエナ調べ)


Mデムーロ(連対率31%、単勝回収率154%、複勝回収率98%)

ルメール (連対率29%、単勝回収率104%、複勝回収率102%)

戸崎圭太(連対率25%、単勝回収率109%、複勝回収率89%)

福永祐一(連対率25%、単勝回収率73%、複勝回収率104%)



はい。
芝の重賞レースで、私が上手い(儲けやすい)と思うのは、この4名かなと。

やはり、Mデムーロとルメールは抜けている印象。

日本人では、戸崎圭太と福永祐一。
この2人はタイプが逆で、戸崎騎手は勝ちに行くタイプ。
福永騎手は、安定的に3着内率をキープするタイプという印象です。

これは、単勝回収率と複勝回収率の差を見てもわかります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、私の考え方としては、

「重賞レースで、頭から狙っていく、1着固定で狙っていくなら、Mデムーロと戸崎圭太」

「逆に、三連複の軸として、安定的な3着内率を求めるなら、ルメールと福永祐一」

私ブエナの場合は、こんな感じで認識しています。



▼あと、「重賞レースで、人気薄で一発狙ってくる騎手」も考えてみます。


【芝の重賞レース、中穴~大穴で狙えると、私ブエナが思う騎手】

田辺裕信(連対率13%、単勝回収率139%)

蛯名正義(連対率20%、単勝回収率92%)

藤岡康太(連対率12%、単勝回収率93%)

松岡正海(連対率11%、単勝回収率93%)

丸田恭介(連対率11%、単勝回収率169%)



はい。
重賞レースで穴を空ける騎手として、私ブエナが考えているのは、このあたり。

田辺騎手の大穴は、しょっちゅう見かけるので有名ですね。

蛯名騎手は、人気馬でも中穴でも、重賞レースで活躍する印象。

丸田騎手は、10番人気以下の馬でも勝たせるので、中穴狙いの私には、少々厄介な騎手です。



▼ここまでは、JRA所属の騎手のデータを見てきました。

これ以外にも、「代打騎乗の外国人騎手」は、回収率が高いです。

例えば、


【重賞レース、代打騎乗の外国人騎手】

ムーア(連対率31%、単勝回収率152%)

ベリー(連対率31%、単勝回収率95%)

Cデムーロ(連対率18%、単勝回収率115%)

スミヨン(連対率41%、単勝回収率115%)



この3人は、たまにしか登場しませんが、出てきたら、私は警戒しています。



▼では次に、「ダートの重賞レース」

ダートは、レース数が少ないので、必然的にサンプル数も少なく、あまりデータとしての信憑性がない気も。

参考程度に見てください。


【ダート重賞で期待値が高いと、私ブエナが思う騎手】

ルメール(連対率42%、単勝回収率112%)

戸崎圭太(連対率32%、単勝回収率102%)

幸英明(連対率25%、単勝回収率217%)

岩田康誠(連対率25%、単勝回収率106%)

Mデムーロ(連対率22%、単勝回収率325%)

大野拓弥(連対率22%、単勝回収率107%)

田辺裕信(連対率19%、単勝回収率848%)



はい。
ダート重賞レースで、私ブエナが回収率を上げやすいと思う騎手は、このあたり。

ルメールとMデムーロと戸崎圭太は、芝でもダートでも回収率が高いです。さすが。

それに対して、福永祐一は芝はいいけど、ダートは回収率があまり高くない印象です。



▼田辺裕信の848%は、フェブラリーステークスのコパノリッキーで、単勝27210円をぶちかましたからです。

田辺騎手は、芝でもダートでも、重賞レースで大穴をあけてきますね。



▼ということで本日は、重賞レースで強い騎手について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

重賞レースでは、巨額な賞金や名誉が絡んでくる分、度胸が必要だと思う。

大舞台に強い精神力がないと、プレッシャーに負けてしまうのかなと思います。

なので私ブエナは、重賞レースでは、普通のレースより予想における騎手の割合を高めにしています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



距離別の重賞レース 騎手データ傾向など


▼重賞レースでよく来る騎手についての考察を続けます。

ここまでは、「芝とダート」という、大まかな分け方で見てきました。

ここからは、さらに詳細に分析してみたいと思います。


【芝1600m以上の重賞レース】
2010~2017.1
624レース分析(ブエナ調べ)


Mデムーロ(連対率28%、単勝回収率135%、複勝回収率88%)

ルメール(連対率32%、単勝回収率110%、複勝回収率99%)

戸崎圭太(連対率26%、単勝回収率95%、複勝回収率88%)

福永祐一(連対率25%、単勝回収率71%、複勝回収率103%)



はい。
やはりこの4人。
芝の中長距離に限定しても、私ブエナはこの4人を狙うことが多いです。



▼ちなみに、「芝の短距離戦」例えば、芝1500m以下のレースでも、この4人の期待値の高さは健在だと思う。

短距離重賞は、サンプル数が少ないのでデータとしての信憑性がイマイチなんですが。


尚、短距離重賞で新しく狙える騎手を入れるとしたら、


川田将雅(連対率22%、単勝回収率104%、複勝回収率92%)


はい。
川田騎手ですかね。
川田将雅は、芝の中長距離でももちろん活躍していますが、回収率という点で考えると、先程の4人より劣ってしまう印象です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ただ、芝の短距離重賞なら、川田将雅も負けていない。

2016年でいえば、阪神カップ(1400m)のシュウジは、7番人気で単勝1600円。
フィリーズレビュー(1400m)のソルヴェイグは、8番人気で単勝2720円。

人気薄でもしっかり勝たせるので、私ブエナの考えとしては、芝の短距離重賞なら川田騎手は要注意だと思っています。



▼芝の短距離重賞は、浜中俊騎手もいいですね。

ただ、これも私の考えですが、短距離重賞で浜中騎手を狙うなら、1~5番人気で狙うと効率が良いと感じます。

浜中クンの場合、1~5番人気だとかなり信頼度が増しますが、6番人気以下だとあまり来ない気がする。

芝の短距離重賞での浜中騎手は、あえて人気薄を狙っていくタイプではなく、ある程度、強い馬の時に狙っていく方が回収率は上げやすい印象です。



▼ちなみにこの傾向は、競馬界のレジェンド武豊騎手にも当てはまるように思います。

武豊も、浜中俊とタイプが似ていて、芝の短距離重賞では、1~6番人気くらいで活躍してくる印象。

ただ、それでも、武豊は過剰人気になりやすいので、なかなか回収率が上げにくいです。

利益を出すという点で考えるなら、武豊はやはりちょっと難しい騎手という感じがしますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング