スピード指数で馬券は儲かるか?ラップタイム。スピード指数の使い方

スピード指数と馬券


▼スピード指数で利益を出すことはできるのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


スピード指数は、昔と比べてやや優位性を失っている印象。現在は、”単一のスピード指数では” 安定的に利益を出すのは難しいと思う。ただ、スピード指数に他の要素を加味すれば、十分に利益を出せると思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼一昔前までは、スピード指数を使うだけでガンガン儲けることができました。

使っている人が少なかったので、スピード指数上位の馬を買うだけで、簡単に儲けることができたわけです。


しかし現在は、データ分析ソフトが多くの人の手に渡り、たくさんの人がスピード指数を使うようになりました。

その結果、現在では、スピード指数上位の馬を買う「だけ」では利益を出すことは難しいと、私は思います。

パソコン


▼ただ、だからといって、現在スピード指数の価値はもうないのか?と言われれば、そんなことはないと思う。

使い方によっては、現在もスピード指数は、十分に馬券利益に貢献します。


スピード指数を使う時の、基本的なやり方としては、

オッズとスピード指数を見比べる」という方法です。
(あくまでも私ブエナの個人的な見解です)



▼確かに、現在はスピード指数「単品では」馬券で利益を出すことは困難ですが、オッズと見比べることによって、利益を出すことができるようにもなり得ます。


例えば、「スピード指数は1位なのに、オッズは7番人気である」

このような馬は、馬券の相手候補として絶好の馬になります。あくまで相手とします。

軸馬は、前回解説した通り、「人気馬」から選ぶ方が、収支は安定すると思います。



▼基本的に、スピード指数の使い方としては、

スピード指数上位なのに、人気がない馬

私の場合は、このようなパターンを狙います。


このような馬は、回収期待値が高くなりやすいからです。

逆に、人気はあるのにスピード指数の順位が低い馬。このような馬は回収率が低くなりがちです。
(そのスピード指数の精度が、信用に足るものである場合。)



▼また、軸馬を探す場合においても、

「人気があり、かつスピード指数も上位の馬」

このような馬は、軸馬として信頼できる馬と言えます。


軸馬を選ぶときには、人気があってスピード指数も上位の馬から選ぶと、凡走リスクが低くなり、的中率・回収率が上がると考えられます。



▼ただ、人気馬の場合、スピード指数が上位でも、「人気との乖離」が少ないため、的中率が上がっても、回収率はなかなか上がりません。

その人気馬の信頼度が高くても、人気馬の単複だと、なかなかプラス回収まで持っていくのは難しい印象です。


なので私の場合は、

人気馬は軸。ヒモは人気薄

という形にすることが多いです。回収率が上がりやすいので。



▼ちょっと脱線しました。

このように、スピード指数というのは、指数単品で使うのではなく、オッズと見比べながら使うと、今でもその威力は健在だと思います。


単純に、「指数1位の単勝を買い続ける」よりも、「指数1位で4番人気以下」を買い続ける方が、回収率は上がりやすくなると思います。
(あくまで私の認識です)



▼といっても、「マイニング指数で勝てるか?」の記事でも書いたとおり、単純なスピード指数メインだと、今の時代、なかなか利益を出すことが難しいのも確かです。

「スピード指数1位で、4番人気以下」を狙うだけで大儲け!という時代は、残念ながら過ぎ去ってしまいました。



▼そこで、「一工夫」入れる必要があります。

ベースをスピード指数にするのではなく、

スピード指数が、その威力を発揮しやすいレース条件を探す

というやり方が、最も回収率に貢献するのではないかと私は考えています。



それぞれのスピード指数の特徴によって、「得意なレース条件」というものが存在していると思います。そこを狙う。


スピード指数は、数多くあるので、具体的なデータはわからないんですが、それぞれのスピード指数によって、効果的なレース条件がある、というのは間違いないと思います。

(※そのスピード指数のロジックによって、狙うレースが変わってくる)


例えば、

「短距離戦が得意なスピード指数」

「ダートが得意なスピード指数」

「特定の競馬場が得意なスピード指数」


などなど、それぞれのスピード指数によって、得意とする条件があると思うわけです。

そこに絞って、馬券購入していけば、スピード指数の威力は、さらに増していくと思います。



▼スピード指数は、有名なものでは、

・西田式スピード指数
・石川式スピード指数


この辺は、メジャーなスピード指数ですね。

具体的な名前を出してしまっているので、これらについてはノーコメントで行きます。



▼それぞれのスピード指数によって、狙うレースが違ってくる、というのは、例えば、

「短距離戦に強いスピード指数」

まぁ基本的にスピード指数というのは、短距離戦に強いものですが、短距離戦で非常に好成績なスピード指数であっても、長距離戦になると、ひどい回収率になってしまうものも多いです。



▼あと、私がいつも書くこととして、

雨が降って重馬場・不良馬場になったときは、スピード指数があてにならない


これはある意味当然で、スピード指数は基本的には「タイム」から競走馬の能力を割り出しているわけで、タイムはほとんどの場合、良馬場のものが使われています。

なので、重馬場になったときの適性は、スピード指数では測れないケースが多いわけですね。



▼ということで本日は、スピード指数で馬券は儲かるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「単純に、スピード指数で馬券を買っても、利益を出すのは難しいと思う」

「でも、複合的に他の要素を交えて、各スピード指数の得意な条件に絞っていけば、利益を出すのは十分に可能だと思う」



私はこのように考えています。



▼どうしてもスピード指数は、「一昔前のロジック」という印象がありますが、戦うステージを徹底的に限定していけば、まだまだ回収率をプラスにできると私は考えています。

大切な事は、「スピード指数1位だから買う!」というような買い方をしないことですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



スピード指数で勝つ方法


▼スピード指数は儲かるか?についての考察を続けます。

「スピード指数1位の馬を買い続けるだけでは、利益は出ない」と思います。

純粋なスピード指数の場合、すでにオッズに反映されているからです。



▼逆に言えば、「純粋なスピード指数に、味付けした場合」

この場合は、1位を買うだけで利益を出すことができる。

味付けとは何か?



▼これは先程も少し書きましたが、

「スピード指数に、別の要素を加味する」ということです。



▼競馬には、たくさんのアプローチ要素があります。

血統。パドック。枠順。騎手。調教師。前走の内容。などなど。


スピード指数に、これらの別の要素をミックスしてみる。

そうすることで、「純粋なスピード指数」から「進化した指数」になるわけです。



▼そして、この「進化した指数」は、自分オリジナルのものです。

自分だけが使っている指標という事は、オッズが低下しない。


みんなが同じ指数を使えば、オッズが下がって勝ちにくくなりますが、自分で考えた指数やロジックであれば、オッズが下がらない。

その結果、長く勝ち続けることが可能になると思うわけです。



▼繰り返しますが、「純粋なスピード指数単品」で、簡単に勝てる時代ではなくなっています。

でも、スピード指数はまだその優位性を秘めていると思う。

だからそこに、自分オリジナルの味付けをすることで、「勝てる指数」に進化させることが可能になると思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング