競馬 フォーメーションの買い方とは~必勝法・攻略法。三連複馬連

【効率的なフォーメーション馬券の買い方は?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「フォーメーション馬券は、人気馬と人気薄を組み合わせた形にすると、回収率が上がりやすいように思う」

「ただし、人気薄でも13番人気以下の超人気薄は、期待値が低くなりがちなので、私ブエナはあまり購入する事はない」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼馬券の買い方は、人それぞれであり、どんな買い方であっても、ポイントさえ押さえていれば利益を出すことが可能です。

そんな中で、私は「フォーメーション」を馬券戦略の中心に置いています。


流しでもボックスでもなく、フォーメーションを基本とするのは理由があります。

多くはマツリダ予想の影響ですが、やはりフォーメーションが、いちばん的中率と回収率が安定すると思うからです。

パソコン2


▼例えば、 「流し馬券」というのは、私の認識では、最も回収率を上げやすい買い方になります。

しかしながらその反面、的中率を犠牲にすることになります。

特に、1番人気を外した流し馬券というのは、的中率が大幅に下がります。



1番人気を外した流し馬券は、うまく狙えば回収率は高くなりますが、的中率がかなり下がるので、連敗時の資金のドローダウンが大きくなってしまいます。

連敗が続くと、メンタル的にも厳しくなってきますし、冷静でいられなくなるので、私は流し馬券よりも、フォーメーションを多用します。



▼フォーメーション馬券というのは、要するに、

1頭目
2頭目
3頭目

これらを指定して、その組み合わせを自動的に買うことができる馬券です。
(三連系の場合)



▼さて、フォーメーションを使って、どのように馬券利益を出すのか?という部分ですが、まず私は、

三連複のフォーメーション」をよく買います。

安定感があり、爆発力もあります。


三連複フォーメーションの具体的な買い方としては、

1頭目=人気馬(2頭)
2頭目=人気薄(4頭前後)
3頭目=人気薄(同上)



これは、あくまでも私の買い方ですが、上記のような狙い方をすることが多いです。



▼競馬というのは、人気のある馬が強いのですが、着順の上位3頭すべてが人気馬となる確率はオッズより遥かに低く、その割に、そのような馬券は、やたらと売れるので期待値が低いわけです。


また、3頭すべてが人気薄というケースも、かなりのレアケースです。

上記のような馬券は、どちらも期待値が低くなりがちなので、「期待値の低い部分を切り捨てる」ためにフォーメーションで馬券を購入するわけです。


「ボックス買い」だと、このような期待値の低い馬券まで購入してしまうので、どうしても長期的な回収率が低くなってしまうんですね。

私がフォーメーションを多用するのは、このような理由によります。



▼また、馬連であれば、

1頭目=人気馬(2頭)
2頭目=人気薄(4頭前後)



このような組み合わせにすることが多いです。

フォーメーションの基本は、どんな馬券種であっても同じであり、利益を出すためのコツというのは同じだと、私は思うわけです。



▼要するに、

フォーメーションというのは、流しとボックスの中間

というような認識で良いかと思います。


「流し」は、1軸でズバッと狙う。

「ボックス」は、複数頭を選んで、全部買う。

「フォーメーション」は、軸を2~3頭にして、的中率を上げる。



こんな感じ。

できれば、レース傾向に合わせて、ケースバイケースで、流し・ボックス・フォーメーションを選択して行くのがベストですね。



▼ちなみに、フォーメーションは、流しより軸馬が増える分、買い目も倍増します。

なので、「2頭目」を絞れる場合は、2頭目を減らすことで、大幅に買い目を減らし回収率を上げることができます。


これもケースバイケースなんですが、

三連複フォーメーション変形

1頭目=人気馬(1頭)
2頭目=人気馬(1~2頭)
3頭目=人気薄(10頭)



私の場合、レースメンバーのパワーバランスによっては、少し変形して、このような感じでフォーメーションを組むこともあります。

この場合、1~2頭目に人気馬を置いて、頭数を減らしているので、

全体の買い目点数を減らしつつ、3頭目で大穴まで買い目に入れることができる

というメリットがあります。


1~2着は固そうだけど、3着は人気薄が来そうだ」という時などは、上記のフォーメーションが威力を発揮しますね。
(あくまでも私ブエナの独断と偏見です)



▼ということで本日は、競馬のフォーメーションの買い方について書いてみました。

本日の解説は、初心者さんには少し難しい内容だったかもしれませんが、これくらいは基本レベルなので、これがわからない内は、まだガッツリと馬券を買うのは避けた方が良いでしょう。



▼それと、「投資法」の記事でも書きましたが、

馬券収支をプラスにするためには、買い方のテクニックだけでは無理

です。


とにかく期待値の高い馬を探す

あくまでもこれが大前提。


期待値の高い馬を探し、その馬と買い方のテクニックのダブル効果で、利益を出す

馬券で勝つには、このやり方が最も有効だと、私は考えています。
(期待値が高い馬の探し方については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください)



▼競馬は、勉強すればするほど回収率が上がっていきます。

競馬は努力した人が勝ち、努力しない人は負けます。


どんな世界でもそうですが、努力せず簡単に一攫千金を狙おうとする人は、努力している人に、長期的には完敗しますのでご注意ください。

「競馬は、馬券を買った人同士の戦い」なのですから。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



フォーメーションで超人気薄を狙うデメリット


▼フォーメーション馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほど、

1頭目=人気馬(1頭)
2頭目=人気馬(1~2頭)
3頭目=人気薄(10頭)


この形を紹介しました。

3頭目で大穴を狙えるので、少ない買い目で高配当をゲットできることも多いスタイルです。



▼ただ、この買い方には1つ注意点があります。

それは、「平均的には、13番人気~18番人気の超人気薄の馬は、回収率を上げにくい」という点です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼日本の競馬は変動オッズ制なので、「売れやすい馬券」は、確率よりもオッズの方が低くなり、儲からなくなります。

そして、超人気薄の馬は、売れやすい。

普通に考えると「全然人気がないんだから売れてないじゃないか」と考えがちですが、「確率に対して売れすぎている」という状況になりやすいわけです。



▼例えば、宝くじの控除率は約50%

それに対して、競馬の控除率は約25%

なので、適当に買うなら、宝くじより競馬の方が効率がいいわけです。



▼それを知ってか知らずか、競馬でも宝くじ感覚で、大穴馬券を買いまくる人が結構いるわけです。

技術介入しないなら、宝くじでも競馬でも同じ。

それなら、控除率の低い競馬で、大穴を狙う方が良いと考える人が多いのかもしれない。



▼実際、データを見てみても、13番人気以下の人気薄は、回収率を上げにくいと感じます。

そう考えると、先程のフォーメーション。

3頭目に、超人気薄の馬を入れるのはいいんですが、よほどその大穴馬に期待値的な根拠がない限りは、回収率の上昇に貢献しないと思うわけです。



▼なので私の場合は、ハンデ重賞など、明らかに超人気薄の好走確率が高いとき以外は、超人気薄は購入しないことが多いです。

確かに、超人気薄が入ってくると、三連複でも10万馬券を狙えて魅力的なんですが、長期回収率を考えると、いつも超人気薄を狙う事は、利益に繋がらないと考えます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング