競馬 トリガミ・トリマイを防ぐ意味・方法とは。ボックス買いか流し馬券かフォーメーションか

【競馬でトリガミを防ぐ方法は?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「トリガミを防ぐ方法は、狙うオッズ帯を穴サイドにシフトするか、買い目点数を減らすしかないと思う」

「具体的には、ボックス買いを流し馬券にするとか、本命党から中穴党にシフトする、などの方法が考えられる」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼本日は、「トリガミ」について、私ブエナの独断と偏見で解説してみます。

トリガミというのは、ご存知の通り「当たってもマイナスの状態」です。


例えば、 1レースに1万円を買って的中するも、払戻金が5000円だったり。

このようなトリガミの経験は、競馬をやる人なら誰でもあると思います。

鳥 泣く


▼トリガミは、主にボックス買いの時に発生しやすく、トリガミが発生するということは、あまり馬券の買い方の効率がよくないということでもあります。

競馬中級者ぐらいになると、トリガミを防ぐために、オッズの低い買い目には、厚めに資金を投入するという人もいますが、これは、個人的には、あまりお勧めできません。


何故かというと、オッズの低い買い目に、厚めに資金を投下するということは、「本命サイドの馬券を厚めに買っている」ことと同じ意味になるからです。
(マツリダ予想より引用)



▼競馬で勝つための基本中の基本は、「本命サイドにぶち込まないこと」だと、私は考えています。

なので、資金配分して本命サイドを厚めに買ってしまうと、結果として、本命サイドの馬券をガッツリ買っているということになるわけです。


「合成オッズ」を利用して、資金を配分し、どの買い目が入っても同じ利益額になるように買う、という馬券の買い方は、悪くはないのですが、面倒な割には、あまり利益につながらない買い方でもあります。

合成オッズの意味がわからない人は、当ブログの過去記事を参考にしてください。



▼さて、トリガミの話に戻りましょう。

私もトリガミを食うことがあります。「ガミる」という状態ですね。

私は、現在のところ「三連系で多点買い」をするのが一番安定して勝ちやすいため、多点買いするのですが、たまにトリガミになることもあります。


ただ基本的には、ほとんどトリガミにはなりません。

なぜなら、流し馬券か、フォーメーション馬券が中心だからですね。

ボックス買いだとトリガミがどうしても増えてしまいます。



▼それと、根本的な話として、「私は、中穴を狙っているから、トリガミが少ない」

ということになります。

トリガミになるということは、「合成オッズが低すぎる」

例えば、「×本命サイドの馬券を多点買い」

これは最もトリガミのリスクを増やす買い方であり、回収率も上げにくい買い方でもあります。



▼トリガミを防ぐにはどうしたらいいか?

競馬歴が浅い人は、トリガミを防ぐために、極端に買い目の数を減らそうとします。

例えば、 「馬連1点勝負! 」とか「三連複1点勝負! 」等ですね。

1点買いなら、間違いなくトリガミを食うことはありません。これは一見、効果的な馬券の買い方に見えますが、私は推奨しません。



▼なぜなら、極端に買い目を減らそうとすると、多くの人が結局、本命サイドの馬券を買ってしまうからです。

当ブログでいつも書いている通り、競馬は「中穴から大穴」を取らないと、なかなか回収率を上げることはできません。


ですから、買い目を減らすことによって、トリガミを避けることができても、本命サイドの馬券ばかり買うことになってしまい、結局、回収率を下げてしまう・・・ということになりがちなわけです。



▼そもそも、「いつもトリガミばかりだ!」と言っている人は、「狙う人気ゾーンが狭すぎる」という傾向にあります。

例えば、「1~5番人気のボックス」などですね。

このような買い方は、トリガミが増えるだけでなく、長期回収率を上げることも難しい。

なぜなら、競馬というのは人気サイドの馬だけでは、儲からないからです。
(私ブエナの独断と偏見です)



▼私が知る限りでは、トリガミが多い人で、回収率が高い人はあまり見たことがありません。

「トリガミの多さは、本命サイドの馬券を買っていることを示している」

本命サイドの馬券では、利益を出すことが難しいため、トリガミが多い人は、馬券で儲かっていない人が多いと言えます。


トリガミは、多点買いの場合、避けることはできませんが、あまりにもトリガミが多い人は、もう少し「狙う人気ゾーン」を、穴サイドにシフトさせた方が、回収率を上げやすいと思います。



▼ということで本日は、トリガミ・トリマイを防ぐ方法について書いてみました。

まとめると、トリガミを防ぐためには、


「ボックス買いをやめて、流し馬券かフォーメーション馬券にする」

「人気馬と人気薄を絡めるようにフォーメーション」を組む。



これでトリガミをほとんど防ぐことができます。



▼最後に補足ですが、私が思うに、トリガミをそこまで恐れる必要はないと思います。

トリガミというのは、たまたま堅い決着になってしまったときに、当たってもマイナスになる現象であり、そのレースは固かったから仕方ない、と諦める気持ちが必要です。


全てのレースで利益を出せるわけではない。捨てるレースもあるわけです。

トリガミを恐れるあまり、自分のフォームを崩して本命サイドの馬券を買ってしまわないようにご注意ください。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



トリガミが発生する原因を分析してみる


▼トリガミ・トリマイを防ぐ買い方の話を続けます。

トリガミは、多くの場合、ボックス買いで発生する。

例えば、

「1.2.3.6.10番人気の馬連ボックス 10点買い」

的中率は高いです。

でも、トリガミになる確率も高い。



▼上記の買い目を、重賞レースで購入するとどうなるか?ちょっとシミュレーションしてみます。


【重賞レース】

1.2.3.6.10番人気の馬連ボックス 10点買い
2013~2016.10
515レース分析(ブエナ調べ)


的中率38%
回収率82%


はい。
的中率はかなり高いです。

最高配当も、5万馬券が出ており、悪くない。

ただ、この買い方だと、「的中レースの半分くらいが、トリガミになってしまう」わけです。



▼これは、「1番人気ー2.3番人気の馬連(2点)」の配当が、10倍未満になることが多いからですね。

逆に言えば、上記の買い目から、1番人気を外せば、トリガミになることはない。

これは言い換えると、1番人気を外すことで、合成オッズを引き上げているからです。



▼とは言え、1番人気を外すと的中率が大きく下がる。

ためしに分析してみると、


【重賞レース②】

2.3.6.10番人気の馬連ボックス 6点買い


的中率11%
回収率83%


はい。
先ほどと比べて、回収率は少しだけ上昇していますが、的中率はガタ落ちです。

1番人気の連対率は、約50%

なので、1番人気を外した馬連ボックスは、最大でも的中率50%未満になるわけです。



▼このように、トリガミを防ぐのは簡単。

買い目点数を減らすか、人気サイドの馬券を減らせば良いだけです。

しかし、それがプラス収支につながるかどうかは、また別の話。


買い目を減らせば、回収率が上がると考えている人も多いのですが、上記のデータを見ても、単純に買い目を減らすだけでは、回収率は上がらないことがわかります。


なので、「取り紙」を防ぎつつ、回収率を上げるためには、やはりbox買いよりも、「期待値が高い馬からの流し」の方が有効だと、私ブエナは考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング