競馬 ダート戦の狙い方~馬券の買い方。芝との違い。予想攻略法。当たらない?人気馬強い

ダート戦はどう狙うか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「ダートは、芝と比べて、人気サイドと大穴サイドの期待値が高いように思う」

「なので、私の場合はダートでは、軸は人気馬。ヒモは人気薄へ手広く、という買い方にすることが多い」

「ダートでは、強い馬に逆らうと、回収率が下がる気がする」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼ご存知の通り、競馬には芝のレースとダートのレースがあります。

芝は草の上を走る。ダートは砂の上を走る。

同じ競馬ですが、芝とダートでは狙い方が全く違ってきます。

ダート



▼基本的に、ダートのレースというのは「馬場状態」が着順に与える影響は比較的小さいです。

逆に、芝のレースは、ちょっとしたことで先行馬が有利になったり、追い込み馬が有利になったりします。

という事はどういうことか?



▼「芝より、ダートの方が紛れが少ない」ということになります。
(あくまで私ブエナの見解です)

全体の平均なので、もちろんダートでも大荒れになる事は頻繁にありますが、芝のレースよりはダートのレースの方が読みやすいと思う。

芝のレースは、ちょっとハイペースやスローペースになっただけでも、かなり着順が入れ替わるので、ダートよりも読みにくいと言えます。



▼では、芝のレースよりも、ダートのレースの方が儲けやすいのか?

これについては、そうとは言い切れません。というか私の場合は、芝のレースの方が儲けやすいです。

これはマツリダ予想の影響を、私が多分に受けているからというのもあります。



ダートのレースは紛れが少ない。つまり強い馬が勝ちやすいということです。

中央競馬では「連勝」する馬はあまりいません。特に芝のレースでは連勝を重ねる事はかなり難しいです。

しかしダートに関しては、5連勝・6連勝といった連勝を重ねる馬が数多くいます。

このことからも、ダートの方が紛れが少ない。つまり強い馬が力を発揮しやすいと言えます。



▼ですから、ダートのレースで断然人気の馬から流せば、的中率は簡単に上がります。

特に、条件戦などの、下のクラスのレースになると、ダートでの断然人気の馬はかなりの確率で馬券になります。

しかし、ここが落とし穴だったりします。



▼ダートは紛れが少ない。ダートは断然人気の馬が勝ちやすい。

これだけを見れば、ダートのレースは余裕で勝てるのではないかと思ってしまいますが、そうではありません。

なぜなら「みんな買うから」



▼どんなに勝率の高い馬であっても、みんながその馬を買って、オッズが下がってしまえば、何のうまみもありません。

私が、このブログで何度も書いているように、「競馬というのは、勝ち馬を探すゲームではない」のです。

儲かる馬を探すゲーム」なのですね。

(的中率を上げても、回収率が上がらなかったら意味がない)



▼そういう意味では、ダートのレースよりも、芝のレースの方が、断然人気の馬が消える確率が高いので、儲けやすいと言えます。

とは言え、ダートのレースが儲からないわけではありません。

ダートのレースでも「条件」がそれぞれあります。

例えば「距離」ですね。



▼ダートのレースでもある程度、距離が長くなってくると、展開の紛れが生じやすくなります。

ですから私の場合は、ダートの短距離戦はほとんど買いませんが、ダートの中距離戦はたまに買います。



ダート戦では、「ガチガチの組み合わせ」と「人気馬と超人気薄の組み合わせ」が出現しやすい印象です。

芝のレースの場合は、「超人気薄の馬」は、あまり馬券にならないのですが、ダートの場合は、超人気薄の馬でも馬券になることが多い感じですね。



▼「ダートは、強い馬が能力を発揮しやすいのに、なぜ超人気薄が来るのか?」

ここがダートの難しいところなんですが、ダート戦は、ダントツで強い馬はとにかく強い。

しかし、「それ以下の馬」はどうか?

つまり、中穴~大穴の馬は、能力に差がないことが多いと思うわけです。



▼芝の場合は、各馬の能力に差がある(超良血馬は基本的には強い等)

そのため、芝のレースでは、超人気薄はほとんど来ない。


でも、ダートは、どちらかというと、「芝で落ちこぼれた馬たちの集まり」みたいなレースになることが多いので、

ダートは、中穴と大穴の能力差が小さい

すなわち、ダートは芝より「超人気薄」の激走が多い。

のではないかと、私ブエナは考えます。



▼さて、買い方を具体的に言えば、ダートのレースの場合は、

「1番人気から、人気薄に流す」という買い方を、私はすることが多いです。


これは芝のレースの買い方とは全く違います。

また、中央競馬のダートと、地方競馬のダートも全く違います。

地方競馬はかなり配当が固いので、私は、大穴は狙わないことが多いですね。



▼ダートはシンプルであるが故に奥が深く、私は芝のレースの方が、利益を出すには簡単だと感じます。

これは的中させるのが簡単なのではなく、利益を出すなら芝のレースの方が出しやすいということです。私の印象ですが。



▼それでは、具体的なデータも少し見てみましょう。


【ダート戦のデータ】
2010~1015
特別戦
ダート
1425レース分析


1~3番人気
単勝回収率81%

4~6番人気
単勝回収率71%

7~9番人気
単勝回収率62%

10番人気以下
単勝回収率80%



はい。
何と言っても特筆すべきは、10番人気以下でも、単勝回収率が80%!という部分です。

私は当ブログで、「基本的に10番人気以下は無視する」と、何度か書いていますが、ダートの特別戦に限っては、例外的になります。



▼先ほども書きましたが、

「ダートでは、10番人気以下の超人気薄も、普通に来る」

そして、

「ダートは、人気サイドと超人気薄サイドの期待値が高い」

ゆえに、

ダートでは、断然人気馬から超人気薄への流しが有効

と、私ブエナは考えています。



▼それと蛇足ですが、

ダートは内枠有利ではない

です。

芝の場合は、インコースが有利なケースが多いわけですが、ダートの内枠は、「砂を被る」ため、むしろ外枠の方が有利だったりします。

これは結構重要なので、頭に入れておくと良いかと思います。



▼ついでに、騎手データも見てみましょう。


【ダートが得意な騎手】単勝回収率

吉田隼人151%

田辺裕信133%

戸崎圭太130%

川田将雅123%

横山典弘104%



はい。
ダートは、芝よりも騎手の得手不得手が、明確に出やすいような気もします。

一応、頭に入れておくと良いかもしれません。



▼ということで本日は、ダート戦の狙い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

上述したように、私の主戦場は芝のレースですが、ダートでも「明確な軸馬」がいるときは、そこから人気薄へと流すこともあります。


馬券は、レース条件によって狙い方が全然違ってくるので、それを意識するだけでも、馬券収支は大きく変わってくると思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ダートで砂をかぶるのが嫌な馬が大穴になるケース


▼ダート戦の狙い方についての考察を続けます。

上述した通り、ダート戦は、超人気薄の激走が多い。

中穴狙いの私ブエナには、なかなか難しいレースが多いです。

ただ、芝のレースのように、大穴馬の期待値が下がらないので、穴党の人は、ダートの方が利益を出しやすいようにも思います。



▼例えば、先ほども少し書きましたが、ダートの場合は「砂」なので、内枠が嫌いな馬もいる。

芝のレースの場合は、距離ロスを少なくするため、内枠が基本的には有利ですが、ダートは違う。



▼ダートのレースで大穴を開ける馬の特徴として、「前走、内枠で砂をかぶって、やる気がなくなり惨敗した馬が、今回は外枠で気分良く走ってしまう」というケースがあります。

私の印象では、このパターンは結構多い。

ダートの場合は、単純に内枠がいいとか、外枠がいいとかではなく、「外枠のダートが得意な馬か?」という部分にまで注目していくと、大穴をゲットできるチャンスも広がると思います。



▼芝のレースの場合は、前走で10着以下ともなると、かなり期待値が下がってしまいます。

しかし、ダートの場合は、前走で10着以下でも関係ない。

上述の通り、ダートは気分を損ねると、思いっきり惨敗するので、弱いから惨敗したとは限らないわけですね。

この辺まで読み込んで予想していくと、ダートのレースでも楽しく見ることができると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング