競馬 昇級戦・降級戦の狙い方~昇級馬はこない?降級馬は強い?馬券の買い方。クラス編成

昇級馬・降級馬はどう狙うか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「ギリギリの接戦で勝ち上がってきた昇級馬は、あまり期待値が高くないと思う」

「また、上のクラスでも通用していた降級馬は、過剰人気になるので、これもあまり期待値が高くないと感じる」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼中央競馬では「クラス分け」という制度によって、競走馬が分類されています。

大雑把に言えば、新馬、500万、1,000万、1600万、オープン、といった分け方ですね。

レースに勝つと競走馬は賞金を稼ぎ、このクラスが上がっていきます。

クラス編成



▼「昇級馬」というのは、前走で下のクラスで勝って、今回、上のクラスに上がったばかりの馬です。

降級馬」というのはその逆で、もともと自分がいたクラスよりも下のクラスで走ることになった馬ですね。

クラス編成によって、このようなことも起こるわけです。



▼さて、それでは昇級馬と降級馬は、それぞれどのように馬券で狙っていけばいいのか?

基本的に「昇級馬」というのは、今までよりも上のレベルの先輩達と一緒に走るわけですから、これはかなり不利と言えます。

「昇級初戦」という言い方をしますが、いきなり格上の先輩達と走るのは、人間でもなかなか大変です。



▼なので、私ブエナの場合は、「昇級馬」が人気になっているときは、基本的には疑うことが多いです。

逆に、「昇級馬」でも、人気がないのであれば、それほどアラ探しをする必要はなく、私は普通に狙います。


競馬というのは全て、「好走確率とオッズ」のバランスによって回収率が決まります。

ですから、その一環として、馬券で勝つには「人気馬を切る」という作業も必要になってきます。

そのためのファクターとして「昇級馬を切る」というやり方もあると思うわけです。



▼とは言っても、厩舎によっては「昇級馬」でもしっかりと走らせてくる場合もある。

藤沢厩舎などはその代表例ですね。

最近は他の厩舎でも増えましたが、藤沢厩舎では「複数の馬で追い切りを行う」ということをやっています。

これによって自分よりも格上の馬に慣れることができるわけですね。
(※藤沢厩舎は最近、あまり狙えない厩舎になっていますが。)


ですから「昇級馬」は、人気になると怪しい部分はありますが、厩舎によっては信頼できる場合もあるということです。



▼逆に「降級馬」というのは、今まで自分が走っていた相手よりも、1つレベルの低い相手と走ることになります。

今までよりも相手が弱くなるので、「降級馬」は、かなり馬券圏内に入ってくる確率が高くなります。

ですので、「降級馬」が、あまり人気がないときは絶好の狙い目となります。



▼ただ、「降級馬」が強いということは、ほとんどの競馬ファンは分かっていますから、どうしても過剰人気になります。

いくら「降級馬」が強いといっても、過剰に馬券が売れてしまうと、もはやその降級馬は、「儲からない馬」となってしまうわけです。

(※その馬の強さと、儲かる馬かどうかは全く別問題です。マツリダ予想より引用)



▼さて、それでは具体的に、昇級馬と降級馬の狙い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみます。

まず昇級馬ですが、

「前走をギリギリで勝ち上がってきた昇級馬は、評価を割引きする」

私の場合は、基本的にはこのように考えています。



▼同じ昇級馬でも、「期待値の高い昇級馬」と「期待値の低い昇級馬」がいると思うわけです。

その判断材料の1つとして、「下のクラスからの勝ち上がり方」を私は見ています。


要するに、「昇級馬は格下だが、余裕で勝ってきた昇級馬なら、上のクラスでも即通用する可能性が高い」

と感じます。



▼あくまでも私の考え方ですが、昇級馬を見る時、余裕で勝ち上がってきた馬は評価アップ。

ギリギリで勝ち上がってきた馬は評価ダウン。

私ブエナの場合は、こんな感じで昇級馬をざっくりと判定して、馬券を構成していきます。


もちろん、ギリギリで勝ち上がってきた昇級馬でも、強い馬はたくさんいますが、長期的に見ると、期待値という面ではそのようなタイプの昇級馬は、あまり美味しくないので、私の場合は少し評価を下げる感じです。



▼では次に、降級馬の狙い方について。

上述したように、降級馬は上のクラスで走っていた先輩ですから、クラスが下がると相手関係が楽になり、好走確率が上がります。

そもそも、降級馬ということは、「そのクラスはすでに一度勝っている馬」ですからね。有力です。



▼ただここで、要注意ポイントが1つあります。

それが、毎度おなじみ、

「過剰人気」

です。



▼降級馬は、上のクラスで走っていた馬であり、すでにそのクラスを勝っている実績馬である。

このことは、競馬ファンならみんなわかっている。

だから過剰人気になる。

その結果、「降級馬は強いが、過剰人気の影響で儲からないことも多い」ということになってしまうケースも、非常に多いと私は感じます。



▼なので、私が降級馬を狙う時は、「上のクラスであまり活躍していなかった降級馬」を狙うことが多いです。

これも、マツリダ予想からの引用ですが、上のクラスであまり活躍できていなかった馬は、降級しても、それほど過剰人気にならないため、狙い目となるケースが多いわけですね。



▼逆に、「上のクラスでも、バリバリ活躍していた馬が、降級してきた!」

この場合は、多くの競馬ファンが馬券を購入してしまうため、過剰人気になり、「儲からない降級馬」となってしまうことも多いわけです。

(※ただしこの場合、「好走確率」は、もちろん高くなります)



▼ということで本日は、昇級馬と降級馬について、私の独断と偏見で書いてみました。

ざっくりと言えば、昇級馬は弱く、降級馬は強い。ということになるわけですが、それらは全て「オッズ」との兼ね合い、ということになります。


実戦的に言うなら

「やたら人気になっている昇級馬は切る」

「あまり人気がない降級馬は狙う」


というのが基本になりますね。


競馬はあくまでも「期待値」がすべてだからです。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



昇級馬と降級馬のデータ


▼昇級戦・降級戦の狙い方についての考察を続けます。

すこし具体的なデータも見てみましょう。


【昇級馬データ】
2010~2016.10
特別戦
1391レース分析(ブエナ調べ)
ローカル含む


平均
勝率9%
単勝回収率 74%


池江泰寿厩舎
勝率23%
単勝回収率 106%


堀宣行厩舎
勝率21%
単勝回収率 100%


はい。
昇級馬の平均の勝率が9%のところ、この2つの厩舎は、驚異の20%オーバー。

言い換えると、池江厩舎と堀厩舎は連勝させることが多い厩舎とも言える。



▼上述したように、基本的に昇級馬は格下なので、上のクラスでは即通用しにくい部分がありますが、厩舎によってはこれくらいの差が出てしまうわけです。

これは、その厩舎に強い馬がいるか?という部分にも影響されている気がします。

その厩舎に強い馬がいると、その強い馬のオーラで、周りの馬も好影響を受けることが多いように思います。

人間の組織でもそうですね。



【降級馬データ】
2010~2016.10
特別戦
495レース分析(ブエナ調べ)
ローカル含む


平均
勝率11%
単勝回収率 68%


友道康夫厩舎
勝率32%
単勝回収率 175%


角居勝彦厩舎
勝率25%
単勝回収率 99%


はい。
降級馬になると、昇級馬とは傾向が随分変わってきます。

昇級馬で成績が良かった、池江厩舎と堀厩舎は、降級馬になると、回収率が大きく下がります。

これはおそらく、先ほども書いた「過剰人気」の影響かと思われます。

池江厩舎と堀厩舎の馬が、上のクラスから降級してきた場合、目立つので過剰人気になり、回収率が下がるのではないかと。



▼友道康夫厩舎の、降級馬で勝率32%は素晴らしい成績です。

ただ、上記のデータを見ても分かるように、降級馬は好走率は高いが、回収率は低くなりがちである。

上のクラスから降級してきた馬は、どうしても過剰人気の影響を強く受けるので、慎重に狙って行かないと、的中率は上がっても回収率は下がる、という事になりやすいので要注意です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング