中山競馬場の馬券の買い方~攻略法。中山コース。なぜ先行有利?内枠有利。勝ち方

中山コースはどう買うか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私ブエナの場合は、中山芝では13番より外の馬は、期待値が下がるので軽視。押さえまでにすることが多い」

「中山芝コースの場合、内枠になるほど好走率は上がる印象」

「ただ、1枠1番は、前が詰まるので、やや信頼度は下がる。それでも外枠よりはマシだと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼中央競馬には、 4大競馬場があります。

ご存知の通り、東京・中山・京都・阪神

この4つですね。



▼この4つの競馬場の中で、最もトリッキーで難しい競馬場が、中山競馬場です。

中山コースの特徴は、「小回り」

つまり、コーナーがきつく直線が短いわけですね。

このトリッキーなコース形態が、強い馬でも負けてしまう原因となっています。

中山1600



▼例えば、ディープインパクト。

ディープインパクトが国内で唯一負けたレースは、有馬記念ですね。

中山2,500メートル。

先行したハーツクライを捕まえることができませんでした。



▼これはまさに小回りコースで荒れる典型的な例です。

つまり中山コースは、小回りでカーブがきついので、

「逃げ先行馬と、内枠」が有利になりやすいということです。



▼特に中山1,600メートルというコースは有名で、内枠が絶対有利のコース形態となっています。

朝日杯フューチュリティステークスは、ずっとこの中山1,600メートルで行われてきましたが、あまりにも内枠が有利で不公平なので、2014年から阪神コースに変更されました。



▼ということで、まず基本中の基本として、中山コースは小回りなので、大外一気の追い込み馬には、かなり不利なコースとなります。

特に、メインレース以外の条件戦などでは、前残りが顕著になります。

さすがに重賞クラスになると、ペースも速くなるし、競走馬のレベルも上がるので、差しや追い込みが決まりますが、条件戦レベルだと、やはり前が残りやすいですね。



▼とはいっても、「中山コースだから先行馬と内枠狙い」これをやりすぎてしまうと、本質を見失います。

馬券はあくまでも「オッズと期待値」を最優先に考えます。

つまり、中山1,600メートルで、単勝万馬券の逃げ馬が、1枠1番だったとしても、その馬が儲かる馬とは限らないわけです。



▼馬券のスタイルにもよりますが、まず基本的に単勝万馬券の馬は、あまり期待値が高くない傾向にあります。
(単勝万馬券が好きな競馬ファンが多いため)

超大穴をいつも狙っている人以外は、単勝万馬券の馬は、狙わない方が馬券の効率は良くなったりします。


ですから、「中山1,600メートルで、内枠の逃げ馬が全然人気がない!おいしい!」

と力んで馬券を買っても、他のファクターを無視しては、なかなか回収率は上がらないということですね。



▼中山でもどこでも、単勝万馬券の馬が馬券に絡んでくる確率は、ほぼ無いに等しいので、来たら事故ということで諦めます。

これは私ブエナの考え方であり、もちろん大穴狙いもアリだと思います。

ただ、大穴狙いは、的中までの時間がかかりすぎるし、ある程度、資金力と忍耐力が必要になります。



▼ですから、私たちのような一般的な競馬ファンは、単勝万馬券の馬は、予想検討から外しても、特に問題はないと考えます。

先ほども書きましたが、馬券検討で最も重要なのは「オッズと期待値」です。


その上に、「コースによる有利不利」を加味する感じですね。

この順番を逆にしてしまうと、回収率はなかなか上がらなくなりますのでご注意ください。



▼さて、中山競馬場の馬券の買い方に戻りましょう。

実際のデータを見てみます。


【中山コースデータ】
2005~2015
特別戦

955レース分析


1~7番
複勝率25%

13番~18番
複勝率16%



はい。
中山コースでは、内枠と外枠で、3着内率が「10%」も違うわけですね。

回収率も、多くの場合、内枠の方が高くなります。



▼競馬の場合、ハイレベルなレースになるほど内枠が有利になるので、上記のデータは中山競馬場に限った話ではありません。

基本的には、どこの競馬場でも、特別戦や重賞など、ハイレベルなレースは内枠の方が好走しやすいですね。

ちなみにこれは、「芝」の話で、ダートだとまた全然違ってきます。

ダートは逆に、砂を被らない外枠が有利になることも多いです。



▼ちなみに、先ほども書きましたが「中山芝1,600メートル」

この条件も、やはり外枠は成績が落ちます。

ただ、意外なことに、1,600メートル「以外の」距離の方が、外枠の成績が悪い傾向にあります。


おそらく、「中山1,600メートルは外枠が不利!」と、各ジョッキーが強く認識しているため、乗り方を工夫しているからだと思われます。

そのため、確かに中山1,600メートルは圧倒的に外枠が不利なコース形態ですが、「回収率は」意外と外枠でも悪くなかったりするわけです。



▼競馬というのは常に、「ファンが作るオッズ」によって成り立っているゲームです。

なので、中山1,600メートルが外枠不利だと言っても、

「多くの競馬ファンが外枠を嫌うなら、逆に外枠の期待値が上昇する」

ことになるわけですね。



▼ということで本日は、中山競馬場の馬券の買い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

ごくごく簡単に書けば、中山芝のレースで、内枠と外枠で迷ったら、内枠の馬を選択する。

基本的には、それだけでも長期回収率は上がりやすくなると、私は考えます。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



中山コースでも有利な脚質は、逃げ先行馬


▼中山競馬場の馬券の買い方についての考察を続けます。

中山コースでの、具体的なデータを1つ見てみます。


【中山芝レースデータ】
2005~2016
特別戦
1044レース分析(ブエナ調べ)


逃げ
単勝回収率166%

先行
単勝回収率102%

差し
単勝回収率66%

追い込み
単勝回収率26%


はい。
当たり前なんですが、中山の芝のレースでは、そのレースで前に行けば行くほど、回収率が高くなります。

逆に言えば、スタートして自分の応援する馬が後ろのほうにいた場合、その馬の期待値はあまり高いとは言えないわけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼まぁこれは、中山コースに限った話ではなく、競馬というのは前に行った方が儲かる。

重賞レースなどでは、ペースが厳しくなるので、差しが届くことも多くなりますが、重賞レースであっても、前に行った馬が儲かるのは変わらないわけです。



▼私の印象では、中山の芝コースは、その傾向に拍車がかかる印象。

上述の通り、中山コースは小回りなので、外を回って追い込むと、距離ロスが大きくなってしまう。

そのため、内ラチ沿いを走ることができる逃げ・先行馬の期待値が高くなりやすいわけです。



▼私ブエナが、「先行馬」を重視するケースは、「穴を狙うとき」です。

人気馬の場合、馬に力があるので、後ろから進めても差し届く。

また、人気馬の場合は、あまり前に行くとマークされて展開が厳しくなるので、後ろから進めてもあまり期待値は下がらない印象です。



▼それに対して、人気薄の場合。

力のない馬が、後ろから進めて追い込みを決めるのは、かなり展開に恵まれないと厳しい。

力のない馬は、先行してなだれ込む形にした方が、好走率は高くなる印象です。


特に、中山コースは小回りなので、人気薄の先行馬が穴を開けるケースが多くなるため、私は中山コースで穴を狙う時は、できるだけ先行馬を狙うようにしています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング