雪の競馬予想~悪天候での予想の仕方。雪で月曜に代替競馬の特徴・傾向。荒れる。変則開催

雪の競馬予想はどうする?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「雪の日は、能力比較がほとんど意味をなさなくなる印象」

「つまり、人気馬の信頼度が下がり、大穴馬券が出現する可能性が高くなると思う」

「なので雪の日は勝負しないか、賭け金を下げるか、穴狙いにするのが良いかと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼今週は東京が大雪で、東京競馬場の土曜日と日曜日の開催は、共に延期されることになりましたね。

最近は、「降雪による芝からダートへの変更」というのは、あまり見かけなくなりました。

ほとんどが中止か延期ですね。

雪



▼さて、このような降雪の時の予想と、変則開催の場合は、どのように競馬予想に生かせばいいのか?

まず、大雪だったり、開催日程が急遽、変更されたりしたときは、あまり馬券的には大きく勝負しない方がいいと思う。

しっかりと予想をしている人ほど、悪天候の時は、投資額を減らす傾向にあります。

これは何故か?



▼まず、競馬で勝っている人というのは、その多くが「データ」を重視します。

データというのは、「統計」です。

つまり、「過去の傾向から未来を予測する」これがデータですね。



▼過去の膨大なレースを見比べて、そこから「傾向」を、探し出す。

それによって、単純確率を超えて、馬券の的中率・回収率を上げるわけです。

これがデータ競馬ですね。



▼さて、そんなデータ競馬ですが、弱点があるとすれば

非常に稀なケースだと、n数(サンプル数)が足りない

という弱点があります。


つまり、データ競馬というのは、過去の膨大なレースを比較するわけですが、「雪」など、過去にほとんどなかったケースでは、データの比較のしようがないわけです。
(重馬場などもコレ↑)



▼ですから、今週のように、ありえない大雪が降った場合などは、傾向をつかむことが困難になります。

馬券の勝ち組は、勝つべくして勝っている。

狙いすまして、期待値が高い部分だけを買っています。


しかし、大雪の時は、期待値の判断が難しくなります。

だから、勝っている人は、大雪や悪天候のときには、投資額を減らすわけですね。

不確実な要素が増えれば増えるほど、セミプロと初心者の差がなくなるからです。
(偶然の比率が高くなる)



▼これは、悪天候による順延、つまり「月曜開催」などでも同じことが言えます。

基本的に、サラブレッドは、月曜日に競馬をやるように調教されていません。


調教師は常に、その馬が出走するレースの日に、能力を発揮できるように調整します。
(ヤリ・ヤラズ、といった問題は、今回は度外視)



▼ですから馬に「延期したから月曜日に頑張ってくれ」と言っても、なかなか馬のコンディションまで延期することは難しいわけです。

だからこそ、月曜日の競馬は荒れやすく、読みにくいわけですね。

データが少ないからです。



▼なので、私ブエナの場合は、悪天候や、雪の日や、月曜日の競馬は、いつもよりも投資額を下げます。

競馬は毎週開催されるわけですから、わざわざ天気の悪い日に勝負する必要はない。


天気のいい日や、自分なりにデータがしっかりと取れている日に勝負すればいいわけです。

競馬の場合は、麻雀と違って、勝ち逃げしてもいいし、勝負したくないレースは、買わなければいいんです。



▼あえて天気の悪い日に馬券を買うとすれば、やはり「本命サイドは買わない」方が良いですね。

特に悪天候の時の、芝のレース。

これは荒れやすいです。


ですから、超大穴党の人などは、あえて悪天候の時に大穴を狙うというのもアリかもしれません。

ちなみに、私ブエナは中穴狙いなので、悪天候の時は大きく勝負することはないです。

勝てる時だけ勝負します。



▼大雪や、大雨などで、「不良馬場」になった時の具体的なデータについては、別の記事でも書きましたが、


・1番人気の信頼度が、やや下がる

・10番人気以下の期待値が、やや上がる



という傾向にあります。
(特に、芝のレース)

ダートでも、不良馬場になると、1番人気の信頼度が下がります。



▼基本的に、「競馬の人気というのは、良馬場が前提でつけられている

競馬における人気は、多くの場合、「前走・近走の成績」で、決まってきます。


そして、競馬のレースは、そのほとんどが「良馬場」なんですね。

したがって、競馬の人気は良馬場が前提となっており、「急に不良馬場になった」場合は、オッズと好走確率が大きく乖離します。



▼逆に言えば、それこそが狙い目とも言えるわけですが、「不良馬場で期待値が高い馬」を、ピンポイントで選び抜く術がないわけです。

データでは、不良馬場の試行回数が少なすぎる。

なので、狙うとしたら「血統理論」ですが、これもまた、試行回数が少なすぎるため、データとしての信憑性が薄くなります。



▼つまり、「不良馬場というのは、各馬にとって未知の世界なので、その馬場状態で、どの馬が強いかは、ほとんどわからない。

という傾向にあると思うわけです。


そんな難しい勝負をわざわざしなくても、「良馬場の時だけ狙って馬券購入した方が勝ちやすい」ですね。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ということで本日は、悪天候での予想の仕方について、私の独断と偏見で書いてみました。

基本的に、馬場が悪い時は、投資金額を減らすのが無難です。


いつも書いている通り、「競馬は期待値分析が命」

期待値分析は、良馬場がベストですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



雪の日は人気のない馬が激走する


▼雪の競馬予想についての考察を続けます。

具体的なデータも見てみましょう。


【雪の日のデータ】
2000~2016.11
292レース分析(ブエナ調べ)
特別戦


1~3番人気
単勝回収率 40%

6番人気以下
単勝回収率 115%


はい。
通常ではありえない数字になっています。

このデータを見ても、雪という異常事態が、サラブレッドに大きな影響を与えることがわかります。



▼簡単に言えば、「雪が降ってしまうと、馬の強さが関係なくなってしまう」という感じ。

あくまでも私ブエナの印象ですが、そう思います。



▼雪が降って、馬がびっくりしてしまうと、もはやそれはデータも何も通用しない、混沌としたギャンブルになる印象です。

ちなみに、雪の日にすべての馬の複勝を買うとどうなるか?


【雪の日に、すべての馬の複勝を買った場合】

複勝回収率 106%


はい。
プラス収支になってしまいます。

どういうことかというと、「雪の日には、超人気薄の馬が激走する」ということです。



▼私ブエナは、いつもは中穴狙い(マツリダ予想使用)なので、10番人気以下の大穴は、あまり狙いません。

ほとんどが良馬場での勝負なので、10番人気以下を無理に狙わなくても、十分に年間プラスまで持っていけるからです。



▼しかし、上述した通り、雪の日は10番人気以下でも関係なく激走してしまうので、非常に難解です。

そう考えると、「本命党」と「中穴党」は、雪が降ったら馬券は控えめにした方が、大怪我しないで済むのかなと思います。


逆に、「大穴党」は、雪が降ると超人気薄の激走確率が上がるので、積極的に参戦していくという手もあるかと思います。

これは雪だけでなく、雨の日の不良馬場でも同じような傾向になると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング