池添謙一騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

池添謙一(いけぞえけんいち)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、池添騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、池添騎手のデータ(2010年~2017年)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は88%と、非常に優秀。一発狙って勝ちに行くタイプの騎手

・一方で、平均複勝回収率は78%と普通なので、池添騎手は、1着固定で頭から狙っていく方が、回収率は上げやすいような。

・人気別に見ると、特に「5~13番人気」あたりでの回収率が素晴らしく、単勝回収率102%とフィルタリングなしでプラスになっている

・1~2番人気でも、単勝回収率84%と上々の数字。池添騎手は、人気馬でも人気薄でも期待値が高い騎手と感じる

・クラス別にみると、500万下と1600万下の回収率が優秀

・一方で、重賞レースの回収率は、単勝回収率68%・複勝回収率72%とやや低め

・ただ、池添騎手は大舞台に強く、「G1」に限定すれば、単勝回収率91%・複勝回収率120%と素晴らしい成績になっている

・競馬場別に見ると、なぜか関東圏に遠征した時の回収率が異常に高い。池添騎手の東京競馬場と中山競馬場は要注意

・具体的には、東京競馬場の単勝回収率119%、中山競馬場の単勝回収率314%、となっている

・京都競馬場の単勝回収率も99%と素晴らしい。でもなぜか、阪神競馬場だけは67%と低くなっている

・ローカル開催ではなぜか回収率が低く、中央開催の方が回収率が高い傾向にある(中央開催で穴を開けてくる傾向)

・競争番号別に見ると、「第6レース~第8レース」あたりの、午後の平場戦の回収率が非常に高い

・ダート戦の単勝回収率も妙に高く、94%とかなり優秀。池添騎手は芝よりダートの方が一発狙ってくる印象

・年度別に見ても、大体いつも安定した回収率を残しており、今後も儲かる騎手となる可能性は高そう



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


池添謙一騎手データ(2010年~2017年)

4565レース騎乗

勝率9.4%
連対率18.8%
複勝率26.8%

単勝回収率88%
複勝回収率78%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼池添謙一騎手。

ドリームジャーニーやオルフェーヴルの主戦として、G1でも目立つ騎手です。

ルックスもあか抜けており、女性ファンも多い模様。

合コンも得意とか。よく知りませんが。


そんな池添騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「池添騎手は、JRAの騎手の中でも、トップレベルに儲かる騎手に分類できる」

という印象を受けます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼特に、中穴~大穴を狙う人の場合、池添騎手は重要なポイントになってくる。

田辺騎手と池添騎手は、穴狙いタイプの人は、押さえておきたい騎手ですね。

私ブエナも中穴狙いなので、池添騎手はもちろんマークしています。



▼まず、池添騎手の平均単勝回収率は88%

これは日本人騎手としては、かなり優秀な部類だと思います。



▼さらにここから絞り込んで、「平場」に限定すると、単勝回収率96%まで上昇します。

平場というのは、レース名がついていないレースです。
(あくまで私ブエナの認識です)

主に、「第8レースまでが平場レース」という認識で良いかと。



▼で、池添騎手は、「第6レース~第8レース」までの、午後の平場戦の回収率が非常に高い。

それぞれの単勝回収率を、具体的に見ると、


第6レース 90%

第7レース 163%

第8レース 136%


と、すごい成績になっている。

私ブエナも、平場のレースを購入するときは、池添騎手を意識して予想を構成することが多いです。



▼それに対して、重賞レースの回収率は、単勝回収率68%と低めです。

池添騎手は、重賞レースで目立っている印象がありますが、意外と重賞レースでは儲からない感じ。



▼そのかわり、「G1」だと儲かります。

池添騎手は、大舞台に動じない強心臓なので、G1で活躍することが多い印象。

G3の単勝回収率が29%なのに、G1だと91%になります。

ちなみに、G2だと101%ですが、複勝回収率が51%しかないので、G2の池添騎手は単穴で一発狙う馬券構成が有効か。



▼池添謙一騎手は、基本的に、回収率が高い騎手ですが、なぜか阪神競馬場だけはあまり回収率が高くない。

そして、なぜか関東圏に参戦したときは、やたら回収率が高くなっています。

東京競馬場と中山競馬場の池添騎手は、要注意かなと、私ブエナは思うわけです。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





池添騎手は、重賞レースで上位人気の時、期待値が高い


▼池添騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


池添騎手
重賞レース
2010~2018.10



単勝回収率65%
複勝回収率68%



はい。
先ほども少し書きましたが、池添騎手は平均回収率は高いんですが、重賞レースに絞るとあまり回収率が高くないです。

このままでは使えないので、ここからフィルタリングしてみます。



▼まず、「池添騎手が重賞レースで、1番人気の時」

単勝回収率105%・複勝回収率91%

はい。素晴らしい数字になっています。

さすが大舞台に強い男。

重賞レースで池添騎手が1番人気の時は、無理に逆らう必要はないのかもしれません。



▼これは1番人気に限らず、「池添騎手が重賞レースで、1~3番人気の時」

単勝回収率108%・複勝回収率88%

はい。やっぱり素晴らしい成績です。

池添騎手が重賞レースで上位人気の時は、軸にすると長期回収率が上がりやすくなると思います。



▼一方で、池添騎手があまり成績がよくないポイントもある。

例えば、「池添騎手が重賞レースで、10番人気以下の時」

単勝回収率0%・複勝回収率55%

はい。単勝回収率が0%です。

池添騎手の場合、上位人気馬に乗った時は信頼度が高いんですが、10番人気以下の超人気薄で大穴をあけるという事は、少ない印象です。2~3着ならありますけどね。



▼では次に、さらにデータ期間を更新して分析してみましょう。


池添謙一騎手データ】2015~2020年

全レース⇒単勝回収率85%・複勝回収率74%

重賞レース⇒単勝回収率82%・複勝回収率75%

平場⇒単勝回収率84%・複勝回収率76%

特別戦⇒単勝回収率88%・複勝回収率71%

ハンデ戦⇒単勝回収率93%・複勝回収率88%

牝馬限定戦⇒単勝回収率117%・複勝回収率76%

1~2番人気⇒単勝回収率87%・複勝回収率86%

1~3番人気⇒単勝回収率90%・複勝回収率83%




▼まず、全レースの回収率は、単勝回収率85%・複勝回収率74%という感じで、優秀な成績になっています。

前回の集計期間よりも、やや回収率が下がっていますが、まだまだ優れた数字ですね。

ではここから、さらに詳細に分析していきましょう。



▼重賞レースの成績は、単勝回収率82%・複勝回収率75%で、全体の回収率よりやや下がる感じです。

さらに具体的に分析してみます。


G1⇒単勝回収率99%・複勝回収率133%

G2⇒単勝回収率98%・複勝回収率51%

G3⇒単勝回収率60%・複勝回収率54%



はい。
なぜかG3だけ成績が悪いです。

このG3が足を引っ張ってしまい、重賞全体の回収率が下がっている感じですね。



▼G1とG2の単勝回収率は非常に素晴らしく、すべての騎手の中でもトップクラスの成績になっています。

やはり池添騎手は、大舞台に強い傾向があるので、大きなレースでは必ずチェックしておいた方が良いでしょう。


・池添騎手。重賞レース。1~3番人気⇒単勝回収率110%・複勝回収率76%

はい。
これはG3も含めた成績です。

池添騎手が重賞レースで1~3番人気の時、単勝馬券を買い続ければ、回収率は110%になります。

池添騎手が重賞レースで上位人気の場合は、単勝や1着固定で馬券を構成すると、利益を出しやすくなります。



▼その場合のデメリットとしては、複勝回収率が平凡というものがあります。

【14-9-5-36】という感じの成績なので、勝ちにいく分、複勝率が甘くなってしまうわけです。

勝ちに行くと、惨敗が増えるからですね。



▼この辺は、騎手によって差が大きくなるポイントになります。

「勝ちに行く騎手」「着拾いに行く騎手」に大別されるわけです。

池添騎手は、勝ちに行く騎手になります。



▼先ほども見たように、全体の回収率も、単勝回収率85%・複勝回収率74%という感じで、単勝回収率が高くなっています。

重賞レースに限らず、池添騎手は常に勝利を狙って騎乗してくる騎手と言えますね。

この傾向を頭に入れておけば、馬券構成のヒントになると思います。



▼勝ちに行く騎手は、単勝や1着固定は有効ですが、三連複やワイドの軸としては、ちょっと使いにくい部分があります。

池添騎手はこのパターンなので、基本的には、単勝や1着固定を中心に考えていくのがポイントになります。



▼ただ、池添騎手が重賞レースで、10番人気以下の大穴に騎乗している場合は、2~3着狙いで来るケースが多いように思われます。

・池添騎手。重賞レース。11~14番人気⇒単勝回収率0%・複勝回収率144%

はい。
さすがにここまで大穴になってしまうと、勝つのは難しくなるので、2~3着狙いに切り替えているのかもしれません。

池添騎手が重賞レースで大穴馬に騎乗しているときは、三連複やワイドのヒモとして入れておくと、回収率が上がりやすくなります。

逆に、池添騎手が重賞レースで1~9番人気に騎乗しているときは、単勝や1着固定が有効になるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング