藤岡佑介騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

藤岡佑介(ふじおかゆうすけ)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、藤岡佑介騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、藤岡佑介騎手のデータ(2010年~2018年1月)を見ていて感じたこと↓


・藤岡佑介騎手は、大穴傾向が強い騎手で、大穴に絞って狙うと儲けやすい印象。

・平均単勝回収率は94%と、かなり高い。

・芝でもダートでも、単勝回収率は95%前後あり、優秀な成績。

・人気別に見ると、「8番人気~15番人気」の大穴ゾーンで、単勝回収率125%と素晴らしい数字になっている。これが平均回収率95%の秘密かと。

・その反面、1番人気では単勝回収率66%と、やや低調な成績

・ちなみに1~5番人気だと、単勝回収率73%。これもやや低め

・このことから、藤岡佑介騎手を狙う時は、人気馬より大穴を狙った方が、効率よく回収率を上げることができる印象

・クラス別に見ると、「新馬戦と未勝利戦」の単勝回収率がそれぞれ、161%と111%とかなりの好成績。

・藤岡佑介騎手は、新馬戦と未勝利戦で人気薄を勝たせることが多いから、このような高い回収率になると思われる。

・また、G2~G3でも単勝回収率92%前後と優秀な数字になっている。これも人気薄を勝たせているということ

・G1では、さすがに大穴を勝たせるのは難しいので、勝負になっていない。

・競馬場別に見ると、主戦場の京都競馬場と阪神競馬場で、単勝回収率がそれぞれ112%と105%。この騎乗回数で単勝回収率をプラスにするのはなかなか凄いこと。人気薄を勝たせるセンスか。

・競走番号別に見ると、第2レース・第5レース・第6レースの回収率が極めて優秀。これは前述した「新馬戦と未勝利戦」が組まれやすいから。

・年度別に見ると、毎年安定して30勝後半あたり。単勝回収率も100%を超えている年が頻繁にあり、大穴を狙うなら儲けやすい騎手だと思う。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


藤岡佑介騎手データ(2010年~2018年1月)

4298レース騎乗

勝率7.4%
連対率15.6%
複勝率23.2%

単勝回収率94%
複勝回収率80%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼藤岡佑介騎手。

失礼ながら、競馬ファンのイメージ的には、あまり上手いというイメージは無いかもしれない。

どちらかと言うと、馬券信頼度は低い印象。


そんな藤岡佑介騎手。

実際のところ、馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「藤岡佑介騎手は、競馬ファンのイメージとは違って、回収率が高い騎手だと感じる。人気馬で狙っても儲からないが、大穴狙いなら、かなり高い回収率を見込める印象」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず、藤岡佑介騎手と言えば、どんな馬を思い浮かべるか?

特にこれといって、大きなレースで活躍したお手馬がいないように思う。

だから、あまり競馬ファンに馴染みがないのかな。

個人的には、2010年あたりに活躍した短距離の牝馬、ワンカラットとのコンビが印象深いです。



▼その後も、ポツポツと重賞レースを勝っているわけですが、どうにも印象が薄い。

でも、G1を除けば、重賞レースの単勝回収率は92%前後と、素晴らしい数字なんですね。

なぜ、こんなに優秀な数字なのに、藤岡佑介はあまり上手いと言われないのか?



▼私ブエナの見解ですが、おそらく藤岡佑介騎手は、大穴馬での活躍が多いからかと。

大穴馬を勝たせるには、緻密な作戦と大胆な騎乗が必要になります。

だから大穴馬で結果を出している藤岡佑介騎手は、かなりすごいと思うわけ。

でも、大穴馬というのは、ほとんどの競馬ファンが馬券購入していないんですね。

誰も見ていない。

だから印象にも残りにくいのかなと。



▼藤岡佑介騎手を狙う時は、「8番人気~15番人気」の回収率が極めて高いので、このような大穴ゾーンで狙っていくのが基本かと。

ヒモで大穴を狙う場合は、藤岡佑介騎手を入れておくと、比較的高配当が引っかかりやすい気もします。



▼注意点としては、彼の場合、クラスごとの波が激しいこと。

つまり、大穴を演出することは多いんだけど、クラスに偏りがあると思うわけ。

「新馬戦と未勝利戦とG2とG3」

この4つのクラスでは、藤岡佑介騎手が大穴を開けてくることが多い印象。

なので、私が彼を狙うときは、なんとなく狙うのではなく、上述した4つのクラスで主に狙っていくことが多いですね。
(あくまで私ブエナの見解です)

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





藤岡佑騎手は、G2~G3の、4~11番人気で狙う


▼藤岡佑騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


藤岡佑騎手データ
重賞レース
2010~2018.10



単勝回収率84%
複勝回収率75%



はい。
この数字だけ見ると普通なんですが、彼の場合は、G1で弱い馬に乗ることが多く、G1での低回収率が全体の回収率を引き下げている部分があります。



▼なので、G2~G3に限定して見てみると、

単勝回収率99%・複勝回収率83%

と優秀な成績になります。

ちなみに、G1の回収率は、単勝回収率23%・複勝回収率40%です。



▼このような傾向から、藤岡佑騎手はG1では軽視して、G2~G3で狙っていくと良いのかなと。

そして、G2~G3でも、やっぱり彼は人気馬ではあまり美味しくない。

美味しいゾーンは、「G2~G3の、4~11番人気」あたりですね。

このゾーンでの回収率は、

単勝回収率156%・複勝回収率109%

という感じで、利益を出しやすいデータになっています。



▼ちなみに、藤岡佑介騎手の「1~3番人気データ」は、

単勝回収率59%・複勝回収率81%

となっており、勝ちきれない感じです。

藤岡佑介騎手が重賞レースで1~3番人気の時は、三連複などの軸ならまだいいんですが、単勝や三連単1着固定だと、あまり回収率が上がってこない印象です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング