馬単の買い方おすすめ。馬単で儲かる考え方。1着固定・フォーメーション・マルチの馬券構成

馬単おすすめの買い方


▼本日は、馬単の買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬単には、1着固定・2着固定・マルチなど、いくつかの買い方があります。

自由な買い方ができるのが馬単の魅力ではありますが、買い方によって勝ちやすさが違っているのも確かです。



私ブエナが勝ちやすいと思う馬単の買い方の例↓


・馬単1着固定。2着馬相手8頭(8点)

・馬単2着固定。1着馬相手8頭(8点)

・馬単フォーメーション。1着2頭・2着6頭(12点)

・馬単マルチ。1×7の裏表(14点)



はい。
基本的な馬単の買い方は、このような感じになります。



▼私の場合は、買い目点数を広げて、穴馬券を取りに行くスタイルなので、少し相手ヒモ馬が多いと思うかもしれませんね。

でも、これくらいの買い目点数にしても、十分にプラス回収にすることは可能です。



▼馬単の買い方の基本は、やはり「1着固定」です。

単勝期待値の高い馬を、1着に固定して、2着には中穴馬と大穴馬を敷き詰める形。

この馬券構成が、最も回収率を上げやすいと感じます。



▼馬単2着固定は、先ほどとは逆に、軸馬の単勝回収率が低いときに狙います。

馬単フォーメーションは、軸候補が2頭いて、ヒモが6頭以内に絞れる時に使います。

馬単マルチは、多用すると馬連の方が回収率が高くなるので、あくまでもピンポイントで高配当を狙いに行く時だけ使います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単の総流しで利益を出す方法


▼馬単おすすめの買い方についての考察を続けます。

先ほどは、基本的な馬単の買い方について書いてみました。

ここでは、さらに別の買い方についても考えてみたいと思います。



▼「馬単1着固定。2着総流し

これは、意味合い的には単勝馬券と同じになります。

なので、レース選びを工夫しないと、「単勝を買った方がマシ」ということになってしまいます。



「馬単1着固定。2着総流し」が威力を発揮するのは、2着がヒモ荒れする時です。

2着馬が人気馬になってしまうと、馬単総流しではトリガミになってしまう。

なので、馬単総流しを仕掛ける場合は、軸馬が明確で、かつ2着馬が人気薄になりそうなレースを選ばなければなりません。



▼ポイントとしては、軸馬の精度を求めるより、「ヒモ荒れ」が濃厚なレースを選ぶこと。

とにかく総流しでは、レースそのものが荒れてくれないと回収ができないからです。



▼なので、馬単総流しで勝負するレースは、多頭数だったり、ハンデ戦だったり、荒れそうな要素が多いレースになります。

ただ、このようなタイプのレースは、ヒモ荒れしやすいのと同時に、軸馬も惨敗してしまうケースが多いです。

軸馬が惨敗してしまうと、当然、馬単総流しは的中しないわけですが、それはある程度覚悟で進めていく必要があります。



▼軸馬の精度を求めると、人気馬が力を発揮しやすいレースを選択することになる。

そうなってくると、自分の軸馬だけでなく、他の人気馬も好走してしまうんですね。

その結果、1着に自分の軸馬が入ったとしても、2着に他の人気馬が入る。

これでは配当が低すぎて、総流しの賭け金を回収することができません。



▼なので、馬単総流しのポイントは、自分の軸馬の精度が低くなってもいいから、とにかく荒れそうなレースを選ぶ事なんですね。

重賞レースで言えば、ローカル開催のハンデ重賞。

新潟記念とか中日新聞杯とか小倉記念とか、たくさんあります。

このような特殊な重賞レースは、各馬の力量比較が非常に困難であり、レースそのものが荒れやすくなります。



▼さて、ここまで「馬単1着固定。2着総流し」について書いてきました。

では次に、「馬単2着固定。1着総流し」という買い方について考えてみます。



▼これは、先ほどの逆ですね。

軸馬を2着にセットして、1着馬は総流し。

こちらの買い方の方が、先ほどの買い方よりも、1発の破壊力があります。



▼もし、1着に大穴馬が来れば、的中時の配当は跳ね上がります。

その点で、ギャンブル的な魅力もあるのが、この「馬単2着固定。1着総流し」になります。



▼この買い方のポイントとしては、基本的には先ほどと同じ、荒れそうなレースを選ぶ。

後は軸馬ですが、ここでは「単勝期待値の低い馬を選ぶ」ことになります。



▼勝ち切れる馬は、単勝回収率が高く、馬単の1着固定に向いています。

しかしその半面、馬単の2着固定にはあまり向いていない。

単勝回収率の高さは、2着固定では意味をなさないからです。



▼なので、この買い方では、勝ち切れない軸馬を、2着に固定することになります。

安定的に2~3着には来るが、なかなか勝てない馬。

そのような軸馬を発見したときは、この買い方が強力な武器になります。



▼ここでのポイントは2つで、上述したような勝ち切れない軸馬を探すこと。

そして、荒れそうなレースを探すこと。

この2つの条件が両方揃った時に、馬単2着固定の総流しが有効に作用するわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング