三連単二頭軸の買い方。三連単軸2頭との違い。2頭軸からの流し馬券はどう買うか

三連単二頭軸の買い方


▼本日は、三連単・2頭軸について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼本日は、三連単の2頭軸についてです。

2頭軸というのは、軸馬を2頭「別々に」セットする買い方です。

ちなみに、「軸2頭」というのは、2頭の軸馬が同時に馬券圏内に入れば的中の買い方です。ややこしいですね。

尚、この認識は、あくまでも私ブエナの認識です。



▼この記事を読んでいるあなたが、どちらの2頭軸を求めているか分からないので、念のため両方書いてみます。

2頭軸でオススメの買い方


・三連単2頭軸。相手8頭(2-8-8)112点




はい。
1着馬を2頭セットする形の2頭軸。相手ヒモ馬は8頭です。



▼この買い方を採用するレースは、2頭強い馬がいるレースですね。

2頭が強いが、どちらが勝つか読み切れない。

そんな場合に、1着固定馬を2頭軸にして、両方に対応できるようにするわけです。



▼では次に、「軸2頭」のケースも考えてみます。


・三連単軸2頭。相手8頭(1-1-8)8点

・三連単軸2頭。相手8頭マルチ(48点)




はい。
こちらは、2頭の軸馬が、両方同時に来た時に的中する買い方。

マルチにしない場合は、1着2着は完全固定です。

これも先ほどと同じように、2頭強い馬がいる時の買い方ですが、こちらの場合は、1頭が明らかに期待値が高い場合に利用します。

三連単の中で、最も買い目点数が少なくなる買い方なので、資金力がない人にオススメです。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





三連単二頭軸と、三連単軸二頭の買い方の違い


▼三連単二頭軸についての考察を続けます。

先ほどは、1着固定について書いてみました。

ここでは、「三連単2頭軸マルチ」を考えてみたいと思います。



▼「三連単2頭軸マルチ

つまり、軸馬を2頭セットして、その軸馬のどちらかが1~3着に入れば的中という買い方。

三連複に近い考え方になります。


・三連単2頭軸マルチ。相手5頭(120点)


はい。
買い目点数は、1頭軸・相手5頭マルチ(60点)の2倍になります。



▼この買い方は、ヒモ馬が5頭程度まで絞り込めるレースで、軸を2頭で迷う時ですね。

三連複の2頭軸でも意味的には同じなんですが、人気馬が2~3着に負けることを想定できる場合は、三連単の方がはるかに回収率が高くなります。

能力バランス的には、7~8頭が横並びの能力のレース。

このようなパワーバランスの時に、人気馬2頭をそれぞれ軸にして、残りの5頭をヒモにした三連単マルチを採用、ということになります。



▼この買い方は、相手馬を5頭しか選べない割に、買い目点数が120点と多くなります。

なので、レース選びがかなり重要になってくるわけです。

適当にレースを選んでしまうと、ヒモ抜けの確率が高くなり、120点という買い目点数を回収できなくなります。



▼レース選びのポイントとしては、まず上述した通り、ヒモ馬が5頭までで収まる確率が高いレース。

オッズ断層を利用するなどして、ヒモ馬の精度を高めます。

ヒモ抜けさえしなければ、あとは2頭軸マルチなので、かなり高い的中率になります。



▼レース選びではさらに、ハンデ戦や裏開催を避けることも重要です。

お好みではありますが、基本的にはハンデ戦や裏開催は、ヒモ抜けのリスクが高くなります。

マルチの場合、二頭軸にしてもヒモが来ないと、長期回収率はどうしても低くなってしまうわけです。



▼ちなみに裏開催というのは、中央開催の裏側の開催。

例えば、関東では中山。関西では阪神。裏開催が新潟。

というような感じで、中央開催の裏側の開催が裏開催です。



▼強い馬や、リーディング上位の騎手は、中央開催に集まります。

そして、中央開催では勝負にならない馬や、騎乗馬が集まらない騎手が、裏開催に回るわけです。



▼つまりは、2軍3軍のような位置づけの馬や騎手が、裏開催に回るケースが多い。

必然的に全体のレベルが下がり、レースは荒れやすくなるわけです。

このようなレースで三連単マルチを振り回してしまうと、的中率が大きく下がり、買い目点数の多さをカバーできなくなるわけですね。



▼では次に、「三連単軸2頭。相手8頭(1-1-8)8点」についても考えてみましょう。

こちらは、1着馬と2着馬を完全に固定してしまう買い方です。

シンプルで、買い目点数が少ないのがメリットですね。



▼この場合は、買い目点数が少ないので、的中率が下がっても大丈夫です。

根気は必要になりますが、期待値の高い馬を選ぶことさえできれば、長期的にはプラス収支になります。



▼まず1番のポイントは、1着馬に単勝回収率の高い馬をセットすることです。

三連単の1着固定ですから、当然、想定単勝回収率の高い馬をセットしないと、長期回収率は上がってこないわけですね。



▼やってしまいがちなミスは、「断然人気の馬を1着固定にしてしまうこと」です。

これは、的中率は高くなるんですが、同じ買い方をする競馬ファンが多いので、オッズが下がり、なかなか回収率が上がってきません。

断然人気の馬を固定するなら、2着固定の方が、期待値的な旨味はあるのかなと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング