総流しの買い方~馬券は全頭流しで儲かるか?回収率とデータ

総流しの買い方


▼『競馬で総流しするとしたら、どういう買い方がいいんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、総流しについて、私(ブエナ)の独断と偏見で、考察してみたいと思います。

流し


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「私が総流しを仕掛ける時の条件は、①期待値の高い軸馬がいるレース ②荒れそうなレース。この2つがポイントだと思う」

「軸馬は、人気馬から選ぶと回収効率が良くなる(マツリダ予想より引用)」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼まず「総流し」というのは、1頭の馬から他のすべての馬に流す馬券の買い方、です。

例えば、18頭立てのレースで、1番人気から「馬連」で総流しするとしたら、


軸 1番人気
相手 2~18番人気(17頭)
買い目点数 17点



という感じになります。



【総流しのメリット】

・考えることが少なくて良い(軸馬とレース選びだけ考えればOK)

・ヒモに超人気薄が入ってきたときに、1発好配当の魅力が生まれる



【総流しのデメリット】

・期待値の低い馬まで買ってしまう

・買い目が多いので、回収率が上がりにくい

・トリガミが頻発する

・軸馬の回収率が、普通の買い方以上に重要になる



はい。

それでは総流しについて、さらに詳しく掘り下げてみましょう。



▼私ブエナは個人的には、あまり総流しはしません。

理由は上述のように、「無駄な馬まで購入してしまうから」です。


競馬というのは、例えば1つのレースに18頭いたとしても、その18頭には、「期待値の高い馬」と「期待値が低い馬」が存在するわけです。

馬券で、長期回収率をプラス収支にするためには、できるだけ「期待値の高い馬」をピンポイントで狙っていくのが有効だと思います。



▼その点で、総流しは、期待値の高い馬も低い馬も、ごっちゃにして購入することになる。

だから、長期回収率が、なかなか上がってこないケースが多いと思うわけです。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼総流しで利益を出すためのポイントは、


「軸馬の期待値が高いこと」

「ヒモ荒れしそうなレース選び」



この2つがポイントになります。
(マツリダ予想より引用)



▼まず、総流しにおける「軸馬の期待値」を考える場合に、

軸馬は人気馬でよい


よくありがちなのは、「人気薄から総流しして一攫千金狙い!」というやり方ですが、これはあまり効率がよくない印象です。

運が良ければ一攫千金もありますが、同じ買い方で買い続ける限り、その利益は飲まれ、大きくマイナスになると思われます。



▼総流しするなら、軸馬は人気馬の方が、長期回収率は高くなりやすいと思われる。

人気薄から総流しし続けると、お金は減る一方。

ということになりやすい。
(経験談)



▼例えば、

「芝の特別戦で、1番人気から総流しすれば、平均回収率は80%以上」

でも

「芝の特別戦で、2ケタ人気馬から総流しすれば、平均回収率は50%以下」


と、なりやすいわけです。
(2010~2016.3 データ)



▼なので、私ブエナの考えでは、

「総流しするなら、軸馬は1~3番人気」

が良いと考えています。


軸馬を人気サイドにすれば、30~40%くらいの的中率にできるし、収支も安定しますね。



▼ここだけの話でぶっちゃければ、

総流しの場合、軸馬が人気薄になるほど、回収率は下がっていく

という傾向にあります。
(ブエナ調べ)


◆総流しデータ(芝の特別戦)
2010~2016.3
4156レース対象


1番人気から総流し
回収率 82%

2番人気から総流し
回収率 75%

3番人気から総流し
回収率 70%

4番人気から総流し
回収率 69%



はい。
見事に回収率が下がっていきます。



▼この点から考えても、

「総流しは、1番人気ながしでも、いいのかも」と思います。

その代わり、「レース選びに命をかける」わけですね。



▼単純に、1番人気から総流ししても、上述の通り、回収率は80%ちょっとくらいにしかならない。

これではお金が減る一方だ。

だから、「レースを選ぶ」必要があるわけです。



▼まず「レースの頭数

総流しというのは、ヒモ荒れを狙うわけですから、荒れそうなレースを選ばないとダメ。

なので必然的に「多頭数」のレースをチョイスすることになる。


◆総流しデータ(芝の特別戦)
2010~2016.3


1番人気から総流し(16頭以上)
回収率 89%



はい。
かなり上がりましたね。



▼次に「どの競馬場を選ぶか?

ローカル競馬場は、難解なレースが多く、配当が乗りにくいので、中央4大競馬場に絞ってみます。


◆総流しデータ(芝の特別戦)
2010~2016.3


1番人気から総流し
(16頭以上)
(中央場所)
回収率 95%



はい。
いい感じになってきましたね。



▼では次に「レース条件

ヒモ荒れを狙うなら、やはりハンデ戦。

調べてみましょう。


◆総流しデータ(芝の特別戦)
2010~2016.3


1番人気から総流し
(16頭以上)
(中央場所)
(ハンデ戦)
回収率 117%



はい。
まぁまぁ狙える感じになってきたのではないでしょうか。

総流しで馬券購入する場合は、このように、

ヒモ荒れしそうなレースを徹底的に選ぶ

というのが、勝つための道になると、私ブエナは考えます。



▼ということで本日は、総流しの買い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

基本的に私は、総流しはあまり使いませんが、上述のような特殊な条件、ヒモ荒れしやすい条件の場合は、手広く総流しすることもあります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



総流しの軸馬を考える


▼総流しについての考察を続けます。

上述したように、「芝のハンデ戦」で、人気馬から総流しを仕掛ければ、まずまずの回収率になります。

単純に1番人気から総流しにしてもいいんですが、さらに回収率を上げるためには、「1番人気馬の期待値」を考えていくことが重要です。



▼総流しするための1番人気の期待値分析は、通常のレースと同じです。

芝のレースなので、できるだけ内枠の方がいいし、騎手もルメール・戸崎・福永あたりだと回収率が上がりやすい。

重賞レースなら、Mデムーロもいいですね。



▼また、ハンデ戦を狙うなら、斤量は重い方が回収率が上がりやすい。

同じ1番人気でも、斤量が軽い1番人気だと、連対率が下がる傾向にあります。

なので、ハンデ戦の1番人気を狙うなら、ある程度の斤量を背負っている馬の方が過剰人気にならず、回収率を上げやすくなる印象です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼総流しするなら、軸馬の期待値が高い方が、長期回収率は高くなる。

とは言え、荒れそうなレースなら、それほど軸馬を気にしなくてもいいわけですが、荒れそうなレースでなおかつ、1番人気の期待値が高い場合、長期回収率はさらに上がりやすくなります。



▼私ブエナの場合、もし1番人気馬が期待値的にあまり良くない場合は、2番人気からの総流しを仕掛けることもあります。

この場合は、軸が2番人気になるので、的中率は下がります。

しかしながら、 1番人気の期待値が低いため、回収率は高目を期待できる。



▼平均的には、1番人気も2番人気も回収率に大差はありませんが、「1番人気の期待値が低いレース」では、2番人気からの流し馬券は、通常よりかなり回収率が高くなる印象。

これは総流しにおいても使える考え方だと、私ブエナは思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング