松山弘平騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

松山弘平(まつやまこうへい)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、松山騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、松山騎手のデータ(2010年~2017年)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は79%と、ごく普通

・平均的に見ると、特に儲かる騎手という感じはしない

・ただこれは、乗っている馬が弱いというのも一因であり、下手ではない印象

・狙いどころとしては、5~7番人気の中穴ゾーンの回収率が高めな印象(単勝回収率90%)

・特別戦の回収率69%、重賞レースは29%と、特に大舞台に強い感じはしない

・ただし、重賞レースで1~3番人気なら、高い回収率を誇る(単勝回収率136%・複勝回収率118%)

・「3歳限定の500万下条件」は、なぜか回収率が高い。単勝回収率117%・複勝回収率108%。この条件は、松山騎手の狙い目

・競馬場別にみると、中山競馬場と福島競馬場が良い。小回りコースが得意な印象。彼が初めてG1を勝った皐月賞も中山。

・競争番号で見ると、朝の第1レースの回収率が妙に高い。単勝回収率190%・複勝回収率102%。朝イチの松山弘平は儲かるかも。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からのすべての成績を見てみます。


松山弘平騎手データ(2010~2017)

6125レース騎乗

勝率6.9%
連対率14.2%
複勝率20.9%

単勝回収率79%
複勝回収率76%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼松山弘平騎手。

2017年の皐月賞を、9番人気のアルアインで制し、いきなりクラシックジョッキーになる。

それまでにも、ミッキーアイルやドリームバレンチノで、2着までは来ていたので、ようやく勝ったかという印象です。



▼松山騎手は、2010年から見ていっても、G1勝利はこの皐月賞だけ。

G2は、2016年のマイラーズカップ、クルーガーで1着。それだけ。

まだまだ大きなレースでは勝てていませんが、乗っている馬が弱いから仕方がない。

G1~G2の戦績を見ていても、人気と同じくらいの着順には持ってきている。

あまりにも弱い馬は無理ですが、5番人気くらいの馬なら、掲示板には載せてくる可能性が高い騎手という印象です。



▼松山弘平騎手の回収率がいまいち高くない原因は、まず乗っている馬が弱いから。

2桁人気などの弱い馬にばかり乗っていると、いつも惨敗することになるので必然的に回収率が下がります。

これは下手とは違う。

どんな騎手でも、2桁人気の馬にばかり乗っていると、回収率は低くなるんです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、松山騎手ももうちょっと馬質が上がると、さらに回収率は上がると思われます。

例えば、松山騎手の重賞レースの単勝回収率は29%しかありませんが、ここから「1~3番人気」に限定すると、

単勝回収率136%
複勝回収率118%

と、一気に上昇するわけです。



▼つまり松山騎手は、強い馬にさえ乗れば、重賞レースでも儲かる騎手であると言える。

松山騎手が、重賞レースで1~4番人気くらいの馬に乗っているときは、積極的に狙ってもいいくらいの回収率になっています。



▼その反面、重賞レースで人気のない馬に騎乗しているときは、あまり目立たない。

というか、かなり回収率は低くなります。

「人気のない馬で一発狙ってやろう!」というタイプの性格ではないのかもしれません。

インタビューなど聞いていても、性格の優しい感じが伝わってきます。

ただ、人気薄でも2~3着に持ってくることは多いので、ヒモならそこそこ狙える感じ。



▼あと、「3歳限定の500万下条件」

松山騎手の狙い目になっています。

単勝回収率117%・複勝回収率108%

素晴らしい回収率。

この条件で、松山騎手が1~10番人気なら、積極的に馬券に組み込みたいところ。

11番人気以下は、無視でも良いかと。

ただ、 2014年までと比べると、やや回収率が下降してきているので、またこの条件で復活してもらえると、馬券的にも助かるところですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





松山騎手は、2~3番人気馬で好成績


▼松山騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


松山騎手
重賞レース
2010~2018.9



単勝回収率28%
複勝回収率49%



はい。
この数字だと、松山騎手を重賞レースで狙うのはちょっと厳しい感じもします。



▼年度別データを見ても、一発大穴を空ける感じでもなく、平均的に回収率が低い。

ただこれは、先ほども書いたとおり、乗っている馬が弱すぎるからです。



▼騎手によっては、超人気薄で回収率を上げるタイプの騎手もいます。

田辺騎手などはそのタイプでしょうか。

でも、松山騎手はそのタイプでは無い。

彼の場合は、「強い馬の能力を引き出す騎乗」が得意なのかなという印象を受けます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼特に、松山騎手が得意としている形が、「2~3番人気馬で、1番人気を負かす」という状況。

松山騎手の、2~3番人気馬での回収率は、単勝回収率160%・複勝回収率128%と、素晴らしい数字になっています。



▼最近の例で言えば、 2018年のラジニケ(第67回ラジオNIKKEI賞)

断然人気のフィエールマン(のちのG1馬)を、メイショウテッコンで完封しています。

この時、メイショウテッコンは2番人気でした。



▼あるいは、 2018年のNZT(第36回ニュージーランドトロフィー)

1番人気のケイアイノーテック(のちのG1馬)を、ここもまた、2番人気のカツジで負かす騎乗を見せました。



▼このように、松山騎手はなぜか1番人気より、2~3番人気の方が回収率が高くなる傾向にあります。

今後どのように変化していくかわかりませんが、現状ではそのような傾向。

なので、明確な1番人気が存在しており、松山騎手が2~3番人気馬に騎乗していたら、松山騎手からの馬券を考えてみても面白いかもしれません。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング