Rムーア騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方。一番うまい騎手か?

ライアン・ムーア。ジョッキーデータと特徴・得意条件


▼本日は、ムーア騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、ムーア騎手のデータ(2010年~2018年2月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は89%と、さすがに優秀。

・ダートの回収率が101%に対し、芝は80%となっており、ムーアは意外とダートで狙える印象。

・1番人気での回収率は96%と驚異的。ムーアの1番人気は、無理に逆らわない方が良いかも。

・人気別に見ると、「1~4番人気」で回収率92%、「5~7番人気」で回収率41%となっている。ムーアは人気馬で軸とするのが基本で、中穴馬ではそれほど美味しい感じはしない。私ブエナの印象ですが。

・ムーアはほとんど人気になるので、あまり8番人気以下の馬に騎乗することはないが、「8~13番人気」の大穴騎乗だと、単勝回収率132%と高回収率。大穴でも要注意。

・クラス別に見ると、「重賞レース」の回収率は127%と、驚異の成績。

・さらに、「G1とG2」に絞れば、単勝回収率142%・複勝回収率93%と凄まじい成績。まさに仕事人。大きなレースでのMデムーロとムーアは、外せない印象。

・競馬場別に見ると、どの競馬場でもまんべんなくしっかりと結果を出してくる。

・競走番号別に見ると、「第1レース~第3レース」と「第11レース~第12レース」の回収率がほぼプラスになっている。ムーアは、最初と最後のレースに要注意。

・年度別に見ると、2010年~2012年まではめちゃくちゃ回収率が高かったが、その後は、有名になりすぎて過剰人気になるため、平均的な回収率は下がってきている印象もある。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


Rムーア騎手データ(2010年~2018年2月)

570レース騎乗

勝率20.7%
連対率34.4%
複勝率43.5%

単勝回収率89%
複勝回収率86%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼ライアン・ムーア騎手。

現在、世界一うまい騎手とも言われている。

世界中のあらゆるビッグレースを勝ちまくる、競馬職人。


そんなムーア騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「ムーア騎手は、G1とG2での集中力がズバ抜けている。大きなレースでは驚異的な回収率になっているので、ビッグレースに絞ればかなり儲かる騎手だと思う。また、1番人気での回収率がプラスになっており、人気馬での安定感は抜群。」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず私の場合、ムーア騎手は「G1とG2」で狙っていくのがセオリーだと考えています。

日本のMデムーロ騎手と同じく、ビッグレースでの集中力が並外れている。

大きなレースでムーア騎手を狙っていくだけで、かなり回収率は上がると思います。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼その反面、500万下条件と1000万下条件の回収率は平凡。

この2つの条件戦では、あまりムーア騎手というのを意識しすぎなくても良いかもしれない。

また、「G3」は荒れやすく、騎手の腕より運の要素が強くなることが多いので、G3の回収率もそれほど高くはない感じです。



▼人気別に見ると、「1~4番人気」で回収率92%

特に、1番人気馬騎乗での回収率は96%と、すごい成績になっている。

職人として世界を股にかける騎手だけに、勝てる馬では確実に勝ちにくる感じです。


私ブエナの場合、基本的には「人気のムーアを軸」にして、馬券を構成することが多いです。

特に大きなレースの場合は、このシンプルな作戦が有効だったりしますね。



▼また、「ダートのムーア」も、意外と良い。

平均単勝回収率が101%とプラスになっています。
(ブエナ調べ)

彼の芝の平均回収率が80%ということを考えると、ムーアは意外とダートの方が儲かるケースが多かったりする印象。


ムーア騎手を、ひたすら買い続けても回収率は高くなると思いますが、このような彼の得意条件を頭に置いておくと、一気に回収率を引き上げることも可能になるかと思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ムーアが重賞レースで1番人気だったら、無理に逆らわない


▼ムーア騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


ムーア騎手データ
重賞レース
2010~2018.10



単勝回収率127%
複勝回収率92%



はい。文句のつけようのない、素晴らしい成績です。

さすが世界一と言われるだけの事はある。



▼特に凄いのは、「勝ち切る」という部分です。

14-6-5(1着-2着-3着)

という成績であり、2~3着より圧倒的に1着が多い状況です。



▼普通は、10-10-10とか、8-12-14、というような感じで、重賞レースでは勝ち切れないケースが多いわけです。

それを圧倒的に1着の回数が多い数字にしてしまうあたり、ムーア騎手の凄さがわかります。



▼その中でも特に、G1とG2。賞金が高いレースにおいては、さらに回収率が上がります。

単勝回収率142%・複勝回収率93%

このような感じですね。

ちなみにG3は、単勝回収率83%・複勝回収率87%なので、普通よりやや優秀くらいでしょうか。



▼さらにすごいのは、1番人気での成績で、この場合の回収率は、

単勝回収率161%・複勝回収率106%

となっています。

重賞レースでムーアが1番人気の時は、あまり逆らわないほうが、回収率は上げやすくなると思います。



▼ムーアが重賞レースで1番人気の時の、具体的な成績は、

「8-1-1-2」です。恐ろしいですね。ほとんど勝ってしまいます。

強い馬の能力を引き出し、勝利に導く。まさに職人的な騎手ですね。



▼ムーア騎手の場合、ほとんどのオッズゾーンでプラス回収になっています。

唯一、成績が振るわないのが、「9番人気以下の人気薄」ですが、ムーアが乗る馬はほとんどが強いので、このデータはあまり気にしなくても良いかもしれません。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング