柴田大知騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

柴田大知(しばただいち)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、柴田大知騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、柴田大知騎手のデータ(2010年~2017年)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は77%と、ごく普通

・人気別に見ると、8~11番人気あたりの大穴ゾーンの回収率が高い。4~7番人気あたりの中穴ゾーンもなかなか良い

・その反面、1~3番人気では、単勝回収率67%と勝ち切れない。複勝回収率は78%なので、人気馬で勝ちを取りこぼしている印象

・クラス別に見ると、新馬戦と未勝利戦とG1以外、まんべんなく「複勝回収率」が高い傾向。

・勝ち切れないことが多いが、人気薄を2~3着に持ってくるので、複勝回収率が上がるのかなと。

・クラス別の狙い目としては、「1600万下・オープン特別・G3」で、2~3着の人気薄ヒモを意識すると、回収率が上がりやすい印象。

・競馬場別に見ると、福島競馬場の単勝回収率が107%と、妙に高い。強引に先行させて粘りこむ騎乗スタイルが、小回りの福島競馬場とマッチしているのかも。

・競走番号別に見ると、「朝の第2レース~第3レース」で、大穴馬を勝たせるケースが散見される。なぜか第2~3レースだけ回収率が高い。それぞれ139%と112%

・年度別に見ると、毎年コンスタントに勝ち星を積み上げており、安定している。調子の波が少ないタイプか



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


柴田大知騎手データ(2010年~2017年)

5696レース騎乗

勝率5.3%
連対率11.5%
複勝率18.2%

単勝回収率77%
複勝回収率76%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼柴田大知騎手。

岡田繁幸総帥の「マイネル軍団・コスモ軍団」主戦。

岡田総帥に見初められてから、騎乗馬を確保することができるようになり、勝ち星も飛躍的に増えた印象。

身体能力が高い。

2013年、マイネルホウオウ(10番人気)でのNHKマイルカップ制覇は、彼の技術とフィジカルをアピールする絶好の場となりました。


そんな柴田大知騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「柴田大知騎手は、8~11番人気あたりの大穴ゾーンの回収率が高いので、人気薄のヒモとしてマークしておくと、万馬券が取りやすい印象。2~3着が多いので、1着固定より、2~3着のヒモ狙いの方がうまく行きやすい」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず、柴田大知騎手は、平均単勝回収率は77%と平凡なので、彼の得意条件に絞り込んで狙っていかないと、利益を出すことが難しいです。


【柴田大知、人気別データ】

1~3番人気
単勝回収率67%

4~7番人気
単勝回収率84%

8~11番人気
単勝回収率104%


はい。
人気別にみると、やはり大穴傾向にある印象。

柴田大知騎手が1~3番人気のときに単勝を狙っても、平均回収率は67%しかないので、非効率。

それよりは、中穴~大穴のヒモとして狙った方が、回収率は上げやすいと感じます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼彼は基本的には、単勝回収率より複勝回収率の方が高い傾向にある。

なので、頭から狙う1着固定より、2~3着想定の馬券構成にした方が、柴田大知騎手絡みの馬券では、回収率を上げやすい印象。

特に、平場より特別戦の方が、複勝回収率が高いので狙い目です。


【柴田大知、レースレベル別データ】

平場
複勝回収率71%

特別戦
複勝回収率88%



▼クラス別にみると、「1600万下・オープン特別・G3」といった、上のクラスで人気薄を持ってくることが多い感じ。

2~3着狙いなら、G2でもまずまず悪くない。

ただ、G1はさすがに騎乗馬を確保するのが難しいので、回収率は低くなっています。



▼ピンポイントで見ると、「福島競馬場」と「朝の第2~3レース」での単勝回収率が100%を超えている。

この条件では、柴田大知騎手は、一発狙って勝ちに来る印象。

この場合は、頭から狙う1着固定でも狙える感じです。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





柴田大知騎手は、5~9番人気で狙う


▼柴田大騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


柴田大騎手
重賞レース
2010~2018.10



単勝回収率52%
複勝回収率77%



はい。やはり重賞レースに絞っても、複勝回収率の方が高くなるタイプの騎手ですね。

ではここから、馬券につながるデータをフィルタリングしてみます。



▼まず、柴田大知騎手を重賞レースで狙っていくに当たって、意外なポイントとして、「1~2番人気の時の回収期待値が高い」というものがあります。

単勝回収率101%・複勝回収率90%

このように、トップジョッキーと比べても遜色のない数字になっています。



▼ただ、騎乗回数が少ないんですね。

つまり、柴田大知騎手は、重賞レースで1~2番人気の馬に乗ることができれば、かなりの好成績を残しているんですが、乗ることが難しい、という感じ。



▼重賞レースでの騎乗馬の確保は、今の時代、どの騎手にとっても難しいものになっています。

ルメールとMデムーロが中央競馬の騎手になり、ほとんどの有力馬を持っていってしまった。

このことにより、日本人騎手に有力馬が回ってくる回数が劇的に少なくなったわけです。



▼なので、このデータはなかなか使いにくかったりします。出現率が低すぎるんですね。

しかも、柴田大知騎手が1~2番人気になるのは、ほとんどが「マイネル」の馬と、障害レースなんですね。

私ブエナは、障害レースを勝負対象にすることはほとんどないので、少しここは狙いにくいところです。



▼次に、柴田大知騎手の狙い目として、「5~9番人気の中穴」があります。

単勝回収率106%・複勝回収率101%

かなり優秀な成績を残しています。

重賞レースでヒモに迷ったら、5~9番人気のあたりの柴田大知騎手を入れておくと、穴馬券をゲットできる確率が上がるかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング