勝浦正樹騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

勝浦正樹(かつうらまさき)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、勝浦騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、勝浦騎手のデータ(2010年~2018年1月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は73%と、平均か、やや下くらい。

・人気別に見ると、1番人気の単勝回収率88%・複勝回収率90%と、意外と1番人気の勝浦騎手は信頼できる。

・2~4番人気だと、単勝回収率は70%前後と平凡だが、複勝回収率は80%を超えており、安定している。

・勝浦騎手は、穴騎手のイメージがあるが、意外と1~4番人気での信頼感が高い印象。

・6~8番人気あたりの中穴ゾーンでも、単勝回収率100%前後と優秀。

・9番人気以下の大穴ゾーンでは、1着は少なく、2~3着に持って来ることが多い。大穴狙いの人は勝浦騎手の2~3着を見ておくと良いかと。

・クラス別に見ると、「新馬戦」「1600万下」「オープン特別」で、単勝回収率が100%を超えている。勝浦騎手のこの3クラスは要注意。

・ただ、重賞レースの単勝回収率は29%と不振。重賞レースでは積極的に狙いたくはない感じ。

・競馬場別に見ると、福島競馬場の成績が非常によく、単勝回収率155%・複勝回収率98%と完璧な成績。勝浦騎手の福島競馬場は要注意。

・中央場所では、中山競馬場も単勝回収率98%と優秀。右回りの小回り競馬場で穴を開けてくる傾向。

・逆に、左回りの東京競馬場では、単勝回収率33%と全くダメ。これは不思議。

・勝浦騎手は、札幌競馬場と函館競馬場の北海道シリーズが得意な印象があるが、回収率的には平凡。北海道シリーズでは2~3着が多い印象。

・競走番号別に見ると、「朝の第1レースと第2レース」の回収率がずば抜けて高い。単勝回収率・複勝回収率ともにほとんど100%を超えてプラスゾーン。朝の勝浦騎手は要注意。

・後は、メインレースのひとつ前の、「第10レース」も回収率96%と高い。しかし肝心のメインレース回収率は42%と低い。

・「最終の勝浦」という言葉が流行ったが、最終レースの回収率は、単勝回収率63%・複勝回収率74%と平均以下。最終の勝浦というフレーズが有名になりすぎて、やや過剰人気になる傾向。最終レースの勝率自体は悪くないが。

・年度別に見ると、2016年あたりから勝率が少し下がり、回収率もやや下がっている。外国人騎手の通年参戦などの影響を受けているかもしれない。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


勝浦騎手データ(2010年~2018年1月)

5330レース騎乗

勝率6.6%
連対率14.3%
複勝率21.9%

単勝回収率73%
複勝回収率78%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼勝浦正樹騎手。

「最終の勝浦」と呼ばれ、最終レースで1発逆転を狙う競馬ファンの強い味方。

回収率的には、勝浦騎手の最終レース成績は平凡なんですが、最終レースで活躍するインパクトが強いですね。



▼重賞レースの回収率は低く、重賞レースしかやらない競馬ファンにはなじみが薄い。

G1では、2013年のダービーで8番人気のアポロソニックを3着に粘らせた騎乗が印象深い。

このレースは、私ブエナも馬券を当てており、思い出深いレースでもあります。


そんな勝浦騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「勝浦騎手は、1番人気での信頼度が非常に高い。 1番人気の場合は軸馬として狙える。また、福島競馬場ではかなりの高回収率なので要注意。重賞レースでは回収率が低く、あまり狙えない印象。」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず、勝浦騎手は、人気薄で穴を開けてくるイメージがありますが、回収率という点で見ると、「勝浦騎手の1番人気」は、非常に安定感があります。

1番人気の単勝回収率88%・複勝回収率90%なら、軸馬にすれば比較的簡単に回収率が上がる。

勝浦騎手の1番人気馬は、あまり軽視しない方が良いかと。



▼あとは、「勝浦騎手の福島競馬場」

これも私ブエナのオリジナル調べですが、勝浦騎手は福島競馬場だけ、やたら成績が良い。

単勝回収率155%・複勝回収率98%と、素晴らしい回収率になっています。

勝率や連対率に関しても、他の競馬場より圧倒的に高くなっています。

福島競馬場の勝浦騎手は要注意かと。



▼それ以外の勝浦騎手のポイントとして、

「新馬戦」「1600万下」「オープン特別」で、単勝回収率が100%を超えている、という点。

この3つのクラスは要注意。

逆に、重賞レースでは、単勝回収率は29%と狙いにくい状況になっている。

あまり大きなレースで積極的に狙っていく騎手ではなく、彼の得意条件に絞って狙っていくと、回収率が上げやすい印象ですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





勝浦騎手は、重賞レースの6~10番人気で狙う


▼勝浦騎手のデータについての考察を続けます。

ここでは重賞レースに絞って分析してみます。


勝浦騎手データ
重賞レース
2010~2018.10



単勝回収率42%
複勝回収率63%



はい。
少し厳しい成績になっています。



▼この回収率だと、重賞レースで勝浦騎手を狙って行っても、なかなか利益は出ない感じです。

勝浦騎手が勝負弱いのではなく、乗っている馬が弱すぎるわけですね。



▼上記の期間において、勝浦騎手が重賞レースで1番人気に騎乗した回数は、0回です。

騎乗馬の多くは、8番人気から16番人気の超大穴馬ばかり。

当ブログではいつも書いていますが、大穴馬にばかり騎乗すると、必然的に長期回収率は下がってしまうわけです。



▼そんな厳しい状況の中でも、「6~10番人気」に絞り込んでみると、

単勝回収率121%・複勝回収率132%

という感じで、素晴らしい数字になります。

騎乗馬が弱いなりに、工夫して乗っている感じがデータから見て取れますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング