競馬で回収率の高い買い方は?回収率を上げる馬券の購入方法。おすすめの馬券種

回収率の高い馬券の買い方


▼本日は、競馬で回収率の高い買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬券で重要な指標として、「的中率と回収率」があります。

的中率はそのまんま、馬券が当たる確率ですね。

回収率とは、賭け金に対して何%のお金が戻ってきたか?という数字です。



▼私たちの目的は、馬券で利益を出す事ですから、この回収率は最も重要な数字になります。

では、競馬で回収率の高い買い方はあるのか?



▼これは間違いなくあります。

回収率とは、馬券の成績表のようなものであり、人それぞれ、その数字が全く違います。

回収率が高い人は、1年間馬券を買い続けても回収率が高く、利益を出しやすい人と言えます。



▼まず、「馬券種」ですが、私が、回収率を上げやすいと思う馬券種は、

「三連複」「単勝」「ワイド」

です。



▼「三連複」「単勝」「ワイド」での中穴狙いというのは、マツリダ予想で推奨している、回収率の高い買い方です。

コンスタントに回収率を上げやすく、初心者さんにも扱いやすいのが特徴です。



三連単は、一発高配当の魅力はありますが、平均回収率を考えると、三連複の方が私は使いやすい印象です。

三連単は控除率が高く、資金力も必要なので、初心者さんには向きません。

たまに高配当を当てても、三連単を買い続けているうちに、回収率が下がっていく人が多いですね。



単勝は地味ですが、還元率が80%と最も高く、回収率が高い馬券種と言えます。

単勝で回収率が高い買い方は、「本命サイド1点買い」か「中穴1~4点買い」となります。私ブエナのやり方ですが。

ちなみに、本命サイドを多点買いすると、回収率が上がりませんので、そこは注意ですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬券の買い方と回収率の関係


▼競馬で回収率の高い買い方についての考察を続けます。

先ほど説明していない馬券種で、「ワイド」があります。

ワイド馬券は、あまり購入する人がいないですね。

でも意外と回収率が高くなりやすい馬券種だと思うわけです。



▼ワイド馬券で、回収率を上げやすいゾーンは、本命サイドか中穴サイドですね。

よく大穴をワイドで狙う人がいますが、大穴のワイド馬券は、購入する人が多すぎる印象です。

つまり、夢を求めて大穴をワイドで当てようとする人数が多いので、オッズが下がってしまうわけです。



▼確率に対して、オッズが低すぎるケースが多い気がするわけ。

あくまでも私ブエナの考えですが、ワイドで大穴サイドを狙うと、なかなか回収率が高くなりにくいと思うわけです。



▼そもそも、どんな馬券種で高回収率を狙う場合であっても、まず自分が「本命サイド」「中穴サイド」「大穴サイド」の、どこを狙うのかを明確にしなければならない。

なぜかと言うと、狙うゾーンが明確でないと、レースを選べないからです。



▼競馬で、回収率を高くするためには、「レースを選ぶ」か「レースに合わせて買い方を変える」のどちらかが必要になります。

逆に、「どんなレースも、常に同じ買い方で勝負する!」というタイプの人は、なかなか回収率が上がらないと思うわけ。



▼競馬のレースには、様々な個性があります。

1200メートルのスプリンターズステークスと、3200メートルの天皇賞春を、同じ感覚で予想しても効率が悪いわけです。

レースそれぞれに特徴があり、その特徴に合わせて狙うゾーンを変えていくのが、回収率を上げるコツですね。



▼よくある質問として、「3点買いと10点買いは、どちらの回収率が高いですか?」みたいなものがあります。

でもこれは答えがないんですね。

なぜなら、同じ3点買いでも、本命サイドを狙うのか、大穴サイドを狙うのかによって、全く話が違ってくるからです。



▼例えば、「馬連。1番人気から2~4番人気へ3点買い」

この買い方は、ある程度のところまでは簡単に回収率が上がりますが、そこから上に回収率を引き上げるのが難しくなります。

平均的には70~80%くらいの回収率が見込めますが、100%を超えて利益を出すためには、かなりレースを選んでいかなければなりません。



▼別の例として、「馬連。3番人気から4~6番人気へ3点買い」

この買い方は、先ほどの1番人気流しより、平均配当が一気に上がります。

これは中穴狙いであり、的中率は下がりますが、一度の的中で一気に回収率を引き上げることが可能です。



▼これは的中率が低いので、1番人気流しの時より、レース選びは甘くても大丈夫です。

闇雲にすべてのレースに手を出すのは論外ですが、1日3~4レースなら許容範囲でしょう。

逆に、1番人気流しの場合は、1日0~1レースくらいまで絞りこまないと、なかなか回収率は上がらないと思います。



▼平均配当と、一日に勝負できるレース数は、基本的には比例すると、私ブエナは考えています。

大穴狙いなら、たくさんのレースに参戦しても回収率は上げやすい。

逆に本命サイドなら、しっかりレースを選ばないと、回収率が上がりにくいと思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング