馬単の当て方と狙い方。馬単を簡単に当てる方法。馬券の買い方。1着固定・2着固定のコツ

馬単の当て方と狙い方


▼本日は、馬単の当て方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬単の当て方は、基本的には馬連と同じです。

私の考えでは、「軸は人気馬。相手は中穴馬」というバランスを基本形にします。
(マツリダ予想より引用)



▼「当て方」というテーマで考えるなら、相手馬にも人気馬を1~2頭追加します。

さらに的中率を上げるには、「馬単マルチ」という選択肢もありますが、マルチは回収率が下がりやすくなるので、導入の判断が難しい部分でもあります。



馬単の基本形としては、

1着馬= 人気馬1頭
2着馬= 中穴馬5頭・大穴馬1頭
(6点)


という感じになります。



▼的中率を上げるためには、ここにさらに追加していく。

フォーメーションも活用します。

1着馬= 人気馬2頭
2着馬= 人気馬1頭・中穴馬5頭・大穴馬1頭
(14点)


はい。
この買い方は、先ほどより回収率は下がりますが、的中率は飛躍的にアップします。



▼ここからさらに、的中率を上げてみます。

1着馬= 人気馬2頭
2着馬= 人気馬1頭・中穴馬5頭・大穴馬1頭
【マルチ】
(28点)


はい。
馬単マルチ馬券にすることで、1~2着馬が逆になった時でも対応できるようにしています。



▼このマルチ馬券構成なら、「当て方」というテーマはクリアできると思います。

かなり的中率の高い買い方であり、後は、抜けが少ないレースだけしっかり選ぶことができれば、長期回収率もプラスにできる買い方です。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単を簡単に当てる方法と回収率


▼馬単の当て方と狙い方についての考察を続けます。

先ほどは、「馬単の当て方」というテーマで、的中率を最重要項目として、買い方を考えてみました。

ここでは、回収率も意識した買い目の組み方を考えてみたいと思います。



▼先程は、当て方を意識して「マルチ」を導入しました。

しかし、マルチというのは乱用すると、回収率を下げてしまいます。



▼結局のところ、馬単マルチというのは、馬連と同じなので、単純に控除率の分だけ回収率が下がることになるわけです。

たまたま人気薄が1着に入って高配当をゲットすることもありますが、それは所詮、単発効果です。



▼マルチを、同じ買い方で何度も繰り返しているうちに、確率は収束され、回収率は基本還元率に近づいていきます。

そう考えると、常に同じ買い方で攻めるなら、馬単マルチはあまり効率的では無いと言えます。



▼ただ、マルチは圧倒的に的中率が高くなるので、勝負するべき場面と、勝負しない場面を明確にできるなら、馬単マルチは強力な武器になると思います。

メリハリをつけた馬券購入なら、控除率や還元率の影響を受けにくいので、的中率の高さが武器になるからです。



▼逆に、そこまで極端にメリハリをつけるわけでは無い場合。

この場合は、マルチではなく、通常の「馬単1着固定」で攻めた方が、回収率は高くなりやすいです。



▼この場合、基本的には、1着馬に人気馬。2着馬に中穴馬をセットします。

1着馬にセットする人気馬は、データ分析から、単勝回収率が高い人気馬をセットします。

これだけのシンプルな戦略でも、馬単の長期回収率を引き上げることが可能になります。



▼そして、もう一つ別の戦略として、「人気馬の単勝回収率が低いレース

このようなレースで、あえて2着馬にその「単勝回収率が低い人気馬」をセットするというやり方があります。



▼これもデータ分析から導き出した、「単勝回収率が低い人気馬」

通常は、想定回収率が低い馬は馬券には組み入れないんですが、人気馬の場合は少し事情が違ってきます。



人気馬の場合、データ分析の回収率が低かったとしても、的中率の高さは健在なんですね。

期待値が低いデータ馬の場合、多少的中率は下がりますが、人気馬なのである程度の的中率はキープできる。

そして、単勝回収率が低く、ついでに複勝回収率が高ければ、「2着固定」という戦略が強力に機能することになります。



▼この2着固定の戦略が自由自在に使えるようになると、勝負できるレースの幅が一気に広がります。

通常は、「単勝回収率の高い馬を1着固定」というシンプルな戦略しかないわけですが、2着固定まで考えることができれば、単純に、倍の投資チャンスが生まれるわけです。



▼特に、「1番人気馬の単勝回収率が低い場合

この場合は、その1番人気以外の馬の単勝回収率が大きく引き上げられます。

このようなケースは利益を出すチャンスなんですね。



▼競馬において1番人気馬というのは、最も多くの投票が集まる馬です。

なので、その1番人気馬の単勝回収率が低いと判断されたレースは、それ以外の馬の「1着固定」が回収率を引き上げることになります。



▼具体的な買い方としては、

1着馬= 人気馬1頭・中穴馬6頭
2着馬= 1番人気馬1頭
(7点)


という感じの2着固定ながしか、フォーメーションになります。

この買い方は、特に1番人気馬が過剰人気の時に効果的なので、意識して狙ってみると面白いかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング