ワイドと三連複の違い。どっちがいい?初心者でもわかる選び方と馬券の買い方

ワイドと三連複の違いは?


▼本日は、ワイドと三連複の違いについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼ワイドと三連複は、どちらも同じ複系馬券です。

その違いをまとめてみましょう。


・ワイド⇒ 1~3着馬のうち、2頭を当てる馬券

・三連複⇒ 1~3着馬のうち、3頭すべてを当てる馬券



はい。
こんな感じですね。



▼三連複は、ワイドを細分化した馬券とも言えます。

例えば、「ワイド1-2」というのは、「三連複1と2からの総流し馬券」と、置き換えることができるからです。



▼では、ワイドと三連複、どちらを選べばいいのか?

私ブエナの考えでは、


・初心者さんはワイド

・中級者は三連複



という感じで良いかと思います。

ちなみに上級者は三連単ですね。



▼私は、ワイドも三連複も両方使います。

レースによって、「ワイド向きのレース」が、あるからですね。

まあ基本的には、三連複馬券を戦略の基本としていますが。



▼的中率で言えば、ワイドの方が高い。

しかし回収率で言えば、三連複の方が上げやすいです。

三連複は、総買い目点数が多く、オッズに歪みができやすいからです。



▼ワイド馬券は、4~5頭ボックスでトリプル的中を狙える馬券種で、そこに優位性があります。

ただ、基本的には三連複の方が利益は出しやすいので、初心者を抜け出したら、ワイドから三連複にシフトしていくと良いかと思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ワイドと三連複のボックス馬券について


▼ワイドと三連複の違いについての考察を続けます。

先ほど私は、三連複はワイドを細分化した馬券である、と書きました。

これについても少し考えてみます。



▼ワイドをバラバラにしたら、三連複になる。

とするならば、三連複はワイドよりも細かいカスタマイズが可能な馬券であると言える。



▼そのレースを見たときに、自分の中で詳細な予想が組み立てられる時は、三連複で細かく狙っていくことが有効になる。

逆に、いまいち各馬のパワーバランスが見えてこない場合。この場合は、ワイド馬券で広く狙っていくと、抜けリスクを下げることができます。



▼パワーバランスが見えてこないときは、基本的にはそのレースは見送りが原則です。

しかしワイドの場合、多少、難しくてよくわからないレースでも、ざっくりと広くカバーしていくことが可能なんですね。



▼たとえば先ほども書いたような、「ワイド5頭ボックス馬券

この買い方だと、かなり広範囲の的中ゾーンをカバーすることができます。

あまり広く狙っていくと控除率を超えることができないので、この買い方をする場合は、組み入れる馬の人気がポイントになります。



▼「ワイド5頭ボックス」

私がよくやる馬券構成としては、

人気馬1頭
中穴4頭


こんな感じです。
基本的には、中穴馬のトリプル的中を狙います。



▼人気馬を1頭入れることで、押さえ馬券の役割を果たします。

この場合、狙うレースの選び方としては、「軸馬が明確で、さらに期待値が高い中穴馬が見えているレース」ということになります。



▼一方、三連複でも同じ買い目を構成することが可能です。

三連複5頭ボックス

こちらも、先ほどと同じ10点買いになる。

三連複とワイドの違いは、「ワイドは1頭抜けても的中」という部分になります。



▼そのため、ワイドボックスの方が圧倒的に的中率は高くなります。

だから初心者さんには、三連複よりワイドをオススメなんですね。

初心者さんの場合、まず「的中させる」という感覚を、体で覚えることが重要だからです。



▼ワイド馬券で的中の感覚を掴めば、他の馬券種にも応用が可能。

ワイドボックスである程度の回収率を出せるようになれば、馬連ボックスも基本は同じです。

そして、本日のテーマである三連複も系統は同じなので、応用が利くわけです。



▼ワイドに慣れたら、三連複に移行していく。

たとえば先ほどの「三連複5頭ボックス

この場合、ワイド5頭ボックスと買い目点数は同じですが、的中時の配当が全然違います。

三連複は、ワイドより一気に高配当になるんですね。



▼例えば、ワイドトリプル的中で、3つの合計配当が30倍とすれば、三連複で的中した場合は、万馬券クラスになります。 100倍以上ですね。

ここがワイドと三連複の決定的な違いです。

ワイドで保険をかけながら馬券購入していくか?
三連複で、一発高配当を狙っていくか?

この判断は、自分が購入するレースのタイプによって臨機応変に切り替えるのが望ましい。



▼もちろん、単純に初心者さんはワイド・中級者は三連複、という感じで判断してもいいんですが、中級者でもワイドは活用できます。

長く競馬をやっていると、「このレースは、1頭抜けそうだな」とか、なんとなくわかる時があります。

その場合は、ワイドで抜けリスクに対応していく。

三連複とワイドは、系統が同じなので、このような切り替えが可能になるわけです。

これを活用していけば、さらに回収率を上げていくことが可能になりますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング