馬連は当たらない?負ける原因。馬連の軸馬選びのコツ。流し馬券の買い方とポイント

なぜ馬連は当たらないのか?


▼本日は、馬連が当たらない原因について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼当ブログでは何度か書いていますが、馬連は初心者さん向けの馬券種で、当てやすい部類に入ります。

もし馬連で当てることができないなら、三連複や三連単は全く当たらないと思われます。



▼では、なぜ簡単なはずの馬連が当たらないのか?

馬連が当たらない原因↓


・買い目点数が少なすぎる

・軸馬の人気がなさ過ぎる



はい。
馬連が当たらない人の原因は、大体この2つ。



▼まず、1番多い理由としては、買い目点数が少なすぎることが挙げられます。

馬連流しの場合、私は「8頭ながし」くらいを推奨しています。

8点買いなら、ある程度の的中率を担保しながら、穴狙いできるからです。



▼それに対して、馬連が当たらないと言っている人は、「馬連1~3点」で勝負しようとしている。

これはこれで悪くないんですが、買い目点数を絞り込むと、どうしても買い目が本命サイドに寄ってしまうんですね。

本命買いになってしまう。



▼本命サイドの馬券であっても、実はそれほど出現率は高くない。

つまり買い目点数が少ないと、必然的に的中率が下がってしまうということになります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬連の軸馬選びのコツ


▼馬連は当たらないか?についての考察を続けます。

先ほどの続きです。

ここでは「軸馬の人気がなさ過ぎる」ということのデメリットについて考えてみます。



▼多くの人は、「馬連ながし」で購入すると思います。

軸馬を決めて、そこから相手ヒモ馬に流す形ですね。

オーソドックススタイルです。



▼例えば私の場合、


・馬連ながし。相手8頭(8点)

という形の流し馬券を構成することが多いです。

この形で馬連を購入すれば、的中率はかなり高くなると思います。



▼もしこの形でも、的中率が低いとか、馬連が当たらない場合、軸馬の人気がなさ過ぎる可能性があります。

私の考えでは、馬連の軸馬は、人気馬が望ましい。

軸馬を人気馬にすれば、その時点で、的中率が大きく引き上がるからです。



▼これを、一攫千金狙いで「軸馬を人気薄」にしてしまうと、大幅に的中率が下落します。

例えば、7番人気の連対率は平均で約12%

という事は、馬連で7番人気馬を軸馬にすると、その時点で最大的中率は12%しかないということになります。



▼総流しするわけではないので、実質の的中率は5%くらいになるでしょうか。

つまり、7番人気馬を馬連の軸馬にすると、95%は外れてしまう。

これでは「馬連は当たらない!」となってしまうのも頷けます。



▼ちなみに、1番人気馬の平均連対率は、50%近くあります。

先ほどの12%と比べると、大きく的中率が引き上がっているのが分かります。

もちろんその分、オッズも低くなるんですが、人気薄を軸馬にするより、人気馬を軸にしたほうが、オッズ的な旨味は大きくなる印象です。



▼競馬の場合、あまり人気薄の馬を軸にしてしまうと、それだけで平均回収率が下がりやすくなってしまうんですね。

なので、馬連で流し馬券を構成する場合は、軸馬は1~3番人気あたりから選ぶようにすると、効率が良くなると思います。



▼ちなみに、馬連の軸馬選びで言うと、「馬連の軸馬は、先行馬が良い」と思います。

競馬ファンに人気なのは「追い込み馬」ですが、追い込み馬というのは、どうしても展開に大きく左右されてしまいます。

どんなに強い馬でも、スローペースで最後方から勝ち切るのは難しいわけです。



▼それに対して、先行馬であれば、スローペースならその時点で好走確定。

仮にハイペースになったとしても、人気がある馬なら、それなりに粘り込めるわけです。

このような期待値を考えても、馬連の軸馬は、追い込み馬より先行馬が望ましいと思われます。



▼それから、重賞レースの場合は、前走であまりにも強い競馬をした馬は、軸馬にしない方が良いケースが多いです。

重賞レースというのは究極のハイレベル対決であり、そこで好走すると、馬にダメージが残りやすいです。

その結果、連続好走しにくいということになる。



▼さらにそこに、過剰人気という状態も加わってきます。

前走で重賞レースを好走した馬は、次のレースでも必ず人気になります。

しかし上述した通り、前走で重賞レースを好走した馬というのは、疲れが残りやすくなる。

そして、人気になって惨敗するということになりかねないわけです。



▼そう考えると、重賞レースで馬連の軸馬を考えるときは、「前走であまり強い競馬をしすぎていない馬」を選んでいくのが良いということになります。

かつ、人気がある馬を選びます。

このような選び方をすると、逆に「あまり強くないのに過剰人気の馬」を軸馬にしてしまうことがありますが、そこはあまり気にしなくても大丈夫です。

軸馬を常に完璧にセットするのは不可能なので、確率的に期待値が高い方を拾っていくのが良いですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング