馬連一頭軸の買い方。軸1頭ながしでの軸馬の決め方。どうやって軸を決めるか。騎手と展開予想

馬連一頭軸の買い方


▼本日は、馬連の一頭軸について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬連を買う人の多くは、「軸1頭ながし」だと思います。

「2頭軸ながし」や「フォーメーション」「ボックス」もありますが、回収率を上げにくい部分があるので、軸1頭ながしがオーソドックスな形になると思います。



▼馬連一頭軸ながしは、どのような形にするのが良いのか?

まず参考例↓


・馬連一頭軸ながし。相手8頭(8点)

はい。
当ブログでは、何度か紹介している買い方です。



▼馬連では、相手ヒモ馬を2~3頭に絞り込む人が多いんですが、そこまで絞り込まなくても、プラス回収にすることは可能です。

あまり相手馬を絞りすぎると、どうしても本命サイドに寄ってしまうので、少し広めに流して行くくらいで良いかと思います。



▼上記の買い方の場合、まず軸馬は1~3番人気くらいの先行馬が望ましい。

連対率の高さを考えると、人気の先行馬は軸馬として使いやすいです。



▼相手ヒモ馬は、中穴馬6頭・大穴馬2頭くらいのバランスにする。

この形なら、的中率をそれほど下げることなく、自然に穴狙いすることができます。

尚、1.2.3番人気同士の組み合わせは、的中率は高いんですが、回収率が上げにくいので、無理に狙う必要はないです。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬連一頭軸における騎手の重要性


▼馬連一頭軸の買い方についての考察を続けます。

馬連の軸馬を決める場合、「人気の先行馬」が良いと書きました。

ここではさらに、軸馬の決め方について考えてみます。



▼まず「騎手

騎手については、それほど神経質に考える必要はないと思いますが、重賞レースなど、ハイレベルなレースで勝負する場合は、騎手が重要になります。



▼未勝利戦や500万条件などの下級クラスでは、それほど騎手の重要性は感じません。

しかしながら、G1や重賞レースでは、かなり騎手の腕が重要になってきます。



▼大きなレースで人気馬に乗って信頼できる騎手は、やはり外国人騎手になります。

ルメール騎手・Mデムーロ騎手はもちろんのこと、ムーア騎手・Cデムーロ騎手あたりも、軸馬として信頼できる騎手です。



▼日本人騎手ではあまり信頼できるタイプは少ないんですが、川田騎手などは、軸馬として良いかと思います。

福永騎手も複勝率はかなり高いんですが、「馬連の軸」として考えると、3着が多いタイプなので、少し微妙ですね。

三連複の軸なら、福永騎手は良いと思います。



▼武豊騎手は、競馬界で最も有名な騎手ですが、回収率という点で考えるとそれほどでもない印象。

あまりにも有名すぎて、過剰人気になるので旨味が少ないんですね。

馬券で儲けるという点で考えると、武豊騎手はあまりオススメではないです。



▼さて、馬連一頭軸の場合、他の馬とのパワーバランスも重要になってきます。

特に、1~3番人気の3頭の力関係を見ていくことが大切です。



▼例えば、2番人気を軸馬にする場合、1番人気馬の強さを見てから判断する方が良い。

つまり、 1番人気馬があまりにも強すぎる場合は、2番人気馬からの馬連軸1頭ながしは、あまり有効に作用しないケースが多いわけです。



▼あまりにも1番人気馬の信頼度が高い時は、ほとんどの場合、その1番人気馬が連対してしまいます。

そうなってくると、自分が選んだ2番人気馬が連対したとしても、1-2番人気の組み合わせになってしまい、まったく配当がつきません。



▼なので、1番人気馬が強すぎる場合は、そのレースは見送ってしまうのも有効だったりします。

競馬ファンは、競馬が好きなので、どうしても目の前のレースを購入したくなりますが、自分の馬券戦略と合致しないレースは、購入を見送るというのも大切な判断です。



▼あるいは、その強すぎる1番人気馬を軸馬にしてしまうという手もある。

その場合は、その一番人気馬の期待値が高いことが絶対条件になります。



▼単純に、オッズが低い1番人気だから軸馬にする、という発想ではまず利益は出ません。

競馬では、各人気ごとにそれぞれ期待値が違っています。

同じ断然人気馬でも、儲かる断然人気馬と、儲からない断然人気馬がいるわけです。



▼儲かる断然人気馬がいるレースの場合は、その馬からの馬連一頭軸ながしでも、利益を出すことが可能になります。

断然人気馬からの馬連流しは、かなりシビアなオッズになりますので、できるだけヒモ荒れするレースを選んでいくことも重要です。



▼馬連一頭軸ながしで、相手8頭の場合、ある程度ヒモ荒れすることが前提条件になります。

ガチガチで決まる可能性が高いレースなら、8頭ながしにする必要は無いからです。



▼馬連に限らずですが、あまり本命サイドだけで馬券を構成していても、なかなか回収率は上がらないものです。

なので、できるだけ中波乱になりそうなレースを選び、信頼できる軸馬を探して、そこから8点くらいの広めに流す。

これが馬連一頭軸で、回収率を上げやすい買い方かなと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング