馬連とワイドの併用で勝てるか?馬連とワイドの違いと狙い方。2種類の馬券種を同時に買う

馬連とワイドの併用で儲かるか?


▼本日は、馬連とワイドの併用について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬連の的中の幅を少し広げたものが、ワイドになります。

なので、この2つを併用することで、片方だけの時より、戦略の幅が広がることがあります。



▼馬連とワイドの併用を考えるときに、最もスタンダードな使い方として、

馬連のリスクヘッジとして、ワイドを購入する

というものがあります。



▼例えば、馬連1点勝負をする場合。

念のため、ワイドも同じ買い目で1点勝負するわけです。

そうすることで、当初の馬連1点勝負が「1-3着」「2-3着」だった時でも、不的中にならない。

うまく資金配分すれば、ワイドだけの的中でも利益を出すことが可能です。



▼これは、単勝と複勝の併用と似ていますね。

単勝:複勝=1:2」という戦略はよくある形ですが、これと同じように、

馬連:ワイド=1:2」という形で購入することで、的中率をアップさせながら、回収率も維持することが可能になるわけです。



▼尚、この比率は、人によって変わってきます。

予想スタイルが人それぞれ違うので、「1-3着」「2-3着」になりやすい人と、なりにくい人がいるからです。

ここの部分は自分で判断して、「馬連:ワイド=1:3」など、比率を微調整していくことが重要になりますね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬連流しとワイド流しの併用


▼馬連とワイドの併用についての考察を続けます。

先ほどは、「馬連1点勝負におけるリスクヘッジとしてのワイド馬券」について考えてみました。

ここでは、多点買いでの併用を考察してみたいと思います。



▼例えば、

馬連軸1頭ながし。相手5頭

これを購入するときに、

ワイド軸1頭ながし。相手5頭

と、同じ買い目をワイドでも購入するわけです。



▼これにより、的中率が大幅にアップします。

ただ、回収率は馬連に特化させた方が高いので、ワイドを併用することで少し下がることになります。



でも、多少回収率が下がったとしても、資金の回転効率を考えると、ワイドを併用した方が利益を出しやすくなるケースもあります。

馬連だと、1-3着なら賭け金はゼロになってしまいますが、ワイドでリスクヘッジしておけば、賭け金を生かしておくことができる。

そして、その賭け金を次のレースに回すことができるわけです。



▼そう考えると、馬連とワイドの併用は、単純回収率では、目を見張るものはないかもしれませんが、資金の回転効率や、年間利益を考えると、なかなか有効な戦略であると考えられます。



▼さて、馬連とワイドの併用を考えるときに、1つ重要なポイントがあります。

それは、「軸馬の複勝期待値」です。



▼馬連とワイドはどちらも複系の馬券であり、1着になる必要は無い。

なので軸馬に求められる要素は、単勝回収率ではなく複勝回収率なんですね。



▼そして、複勝回収率(複勝期待値)が高い馬は、馬連でもワイドでも、どちらでも回収率が高くなるわけです。

そう考えると、複勝期待値の高い馬を軸として、馬連とワイドを併用すれば、かなり利益率の高い戦略が構築できるわけです。



▼複勝期待値の高い馬というのは、簡単に言えば、安定感のある馬。

なかなか1着にならないけれど、いつも2~5着に安定して来る馬。

このような馬は、探せば結構います。



▼このタイプの馬の場合、単勝期待値は低いわけですが、複勝期待値は高い。

安定的に上位に来るわけですから、まぁ当然ですね。



このような複勝期待値からのアプローチは、特に「馬連流し&ワイド流し」の併用において有効に作用します。

この場合、相手ヒモ馬の期待値はあまり関係なくなります。

軸馬の期待値さえ高ければ、ある程度適当に多点買いしても、全体の回収率は高くなると思われます。



▼あと、変則的な買い方としては、

「馬連ボックス&ワイドボックス」の併用。

これはかなり変則的な買い方なので、ニーズがあるかどうかわかりませんが、一応紹介しておきます。



ボックスで馬連とワイドを併用する場合、「荒れるレース」での限定勝負になります。

馬連とワイド併用だと、5頭ボックスでも、買い目点数は20点になってしまうので、それ以上の配当が期待できるレースでのみ勝負することになります。



▼組み入れる馬の人気は、「人気馬2頭・中穴馬3頭」という感じがバランスが良くなるかと思います。

そしてこの買い方のポイントは、中穴馬3頭の期待値になる。



▼先程の流し馬券では、軸馬の複勝期待値がポイントになりましたが、今回のボックスでは、相手ヒモ馬の複勝期待値がポイントになってくる。

結局のところ、ボックス買いというのは、高配当待ちというスタンスになるので、人気薄の期待値が重要になってくるわけです。



▼ワイドで人気薄同士の組み合わせを購入するのは、あまり美味しくないケースも多いんですが、今回は馬連との併用なので、期待値の低下を抑制することができる。

このような馬連とワイドの併用ボックスは、荒れるレースさえ選ぶことができれば、回収率を高めやすい戦略と言えます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング