馬単二着流しの買い方。馬単2着固定・2着づけの狙い方。2着馬から買う場合のコツ

馬単二着流しの買い方


▼本日は、馬単2着固定について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬単の基本は、1着固定ながしですが、状況によっては「馬単2着固定流し」が威力を発揮するケースがあります。

それは、「単勝期待値が低く、複勝期待値が高い人気馬がいるレース」です。



▼つまり、安定しているが、勝ち切れない人気馬。

このような馬がいるレースで、その馬を馬単2着固定にすると、馬連と比べて非常に回収率が上がりやすくなります。



▼結局のところ、馬単二着流しにする意味は、勝ち切れない馬の1着馬券を取り除くことにあります。

馬連ながしだと、必然的に「勝ち切れない馬の1着づけ」馬券まで購入してしまうことになる。

でも、その1着づけ馬券部分は期待値が低いので、馬単二着流しにして、期待値の低い馬券部分を除外するわけです。



▼例えば、いつも2~4着に安定的にくる、ジリ脚の差し馬。

このようなタイプを、馬単や三連単の1着固定にしてしまうと、長期回収率が大きく下がります。

その一方、このような勝ち切れないタイプを、馬単2着固定や、三連単2~3着固定にすると、長期回収率が大きく上がるわけです。



▼人気馬の場合、それが勝ち切れない馬であったとしても、競馬ファンの心理的に1着固定の馬券は売れます。

期待値の低い馬券が売れるという事は、それ以外の馬券の期待値が上がる。

ゆえに、このようなレースにおいて、馬単の2着固定ながしは、効果的な戦略となるわけですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単2着固定ながしの応用編


▼馬単二着流しの買い方についての考察を続けます。

先ほどは、「勝ち切れない人気馬を、馬単2着固定」にすることについて書いてみました。

ここでは、「人気薄の2着固定」について書いてみたいと思います。



▼考え方としては同じになります。

馬単の2着固定にする場合は、単勝期待値が低い、勝ち切れない馬をセットする。

これは人気馬でも人気薄でも同じです。



▼で、人気薄の馬を2着固定にする場合のポイントとして、「人気薄の2着固定は、複数頭をセットする」のが良いかと。

たとえば、「8番人気の勝ち切れない馬」を発見したとする。

この馬を2着固定にセットするのはいいんですが、この場合の的中率は低く、5%くらいになってしまいます。



▼100レース購入して95レースは外れてしまう。

これだと、いくら想定回収率が高かったとしても、資金の回転効率が悪すぎて利益が思ったように伸びません。

しかも100レース中95レースも外れてしまうと、メンタル的にも厳しくなります。

続けるのが苦しくなってくるんですね。



▼なので、人気薄の馬を馬単2着固定にする場合は、複数頭の人気薄の馬を2着にセットするのが良いと思うわけです。

人気馬の場合は複数頭セットしてしまうと、合成オッズが下がって回収率が下がります。

なので、人気馬の場合は1~2頭に絞り込むことが重要なんですが、人気薄の場合は、4頭前後をセットしても回収できるわけです。



▼これは合成オッズが下がりにくいから。

人気薄の場合、平均オッズが高く、複数頭選択しても回収率が下がりにくいという特徴があります。

なので、人気薄なら無理に絞り込む必要は無い。



▼具体的な買い方としては、


・馬単2着固定4頭。相手1着馬3頭(12点買い)

はい。
この場合、2着馬は中穴馬、1着馬は人気馬をセットします。



▼これはかなり変則的な買い方で、厳密な意味での馬単2着ながしではありませんが、考え方としては同じになります。

形としては、馬単2着固定を4セット作るイメージ。

これにより、上述したような極端な的中率の低下を防ぐわけです。



▼まあこれは、人気薄を2着固定にする場合の考え方なので、あくまで変則的な買い方になります。

馬単の2着固定は、基本的にはやはり、「勝ち切れない人気馬を2着固定」という形になると思います。



この場合の軸馬は、例えば「切れる脚がない馬」「速い上がりが使えない馬」「先行力がない馬」

などですね。

このようなタイプが人気馬の場合、2~3着に来る確率が高くなります。



▼2~3着に来る確率が高いのに、単勝はしっかり売れてしまう。

同じように、馬単の1着固定や、三連単の1着固定馬券も、しっかり売れてしまうわけです。



▼なぜ勝ち切れない馬なのに、1着が条件になる馬券が売れるのか?

これこそが、先ほど書いたような、競馬ファンの心理なんですね。

どんなに勝ち切れない馬でも、競馬新聞に印がたくさんついている馬は、1着づけの馬券が売れる。



▼この場合、競馬新聞に印をつける競馬記者さんは、「勝ち切れないけど、2~3着には来るだろう」と思って、◎を打っている。

しかし、競馬ファンはそこまでわからないので、単勝や1着固定の馬券も、同じように買ってしまうわけです。



▼この法則をうまく活用すれば、他の競馬ファンが期待値の低い馬券を購入してくれているので、それ以外の馬券の期待値が上がることになります。

これが本日のテーマ、馬単二着流しの基本的な狙い方になるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング