馬単は儲かる?それとも儲からない?馬単で利益を出す方法。稼げる買い方は1着固定

馬単は儲かる?


▼本日は、馬単は儲かるかについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「馬連と比較すると、馬単は1着固定・2着固定と細分化することができるので、オッズの歪みを狙いやすく、儲けやすい」

「馬単マルチだと、馬連と同じ意味合いになってしまうので、儲けにくい」

「馬券種別の儲けやすさで言えば、三連単・三連複の次に、馬単は儲けやすい印象」

「ただこれは、腕のある人の話なので、競馬初心者さんなどは、馬単より、馬連やワイドの方が良い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼私の感覚で言えば、馬単は比較的、儲けやすい馬券種だと思います。

馬単は、馬連と似たタイプの馬券種ですが、買い目点数が馬連の倍あるので、期待値の分散が起こりやすく、馬連より利益を出しやすいと考えられます。



▼ただこれは、期待値判断がしっかりできる人の場合です。

同じ馬券力の人が、馬連から馬単に切り替えたからといって、儲かるわけでは無い。



▼これは、三連単や三連複でも言えることなんですが、「腕があれば」という条件付きで、馬券は難しい方が儲けやすいです。

総買い目点数が多ければ多いほど、オッズが歪む確率が高くなり、そこを狙い撃てば、長期的には儲かることになります。



▼馬単では、1着固定と2着固定という細かいカスタマイズが可能になっています。

この機能をうまく利用すれば、「単勝回収率の高い馬を1着固定」とか「複勝回収率の高い馬を2着固定」ということが可能になるわけです。

馬連だと、このような細かい狙い方ができない分、儲からないとも言えます。



▼そう考えると馬単は、馬連や枠連よりも儲かる。

しかし、三連単や三連複よりは儲からない、と考えることもできますね。

ただ、馬券種には相性があるので、自分に合った馬券種を選ぶことが一番大切になります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単で利益を出すコツ


▼馬単は儲かる?儲からない?についての考察を続けます。

馬単で儲かるための買い方としては、単勝期待値の高い馬を1着固定にすることが基本になります。



▼競馬では、単勝期待値が高い馬と、複勝期待値が高い馬がいます。

これは目に見えないものですが、慣れてくれば分かるようになります。



▼勝ち切る馬というのが単勝期待値が高い馬。惨敗も多いが1着も多いというタイプですね。

このようなタイプの馬を、馬単の1着固定にセットする。

これを徹底するだけでも、馬単で利益を出すことが可能になります。



▼馬連の場合、期待値の高い馬を軸馬にすることはできますが、1着固定や2着固定にはできません。

なので、その分のロスが発生するわけです。

とは言え、漠然と期待値が高いという事は分かっていても、単勝期待値が高いのか、複勝期待値が高いのかまではわからないなら、馬連が有効です。



▼具体的には、単勝期待値が高い馬の代表として、2019年の根岸ステークスを勝ったコパノキッキングが挙げられます。

このようなスピードタイプだったり、先行できるタイプだったり、あるいは距離延長してきたタイプ。

これらは、単勝回収率が高くなる条件なんですね。



▼スピードがあるタイプの馬は、うまく流れに乗ればかなり強い勝ち方をします。

その半面、ちょっとリズムが崩れると惨敗してしまう。溢れるスピードが仇になるんですね。



▼あるいは先行できる馬。

競馬の場合、出来るだけ先行した方が、単勝回収率が高くなります。

前の方に行っておけば、後続の末脚が不発だった時に、そのままゴールしてしまえる。

これはかなりのアドバンテージになります。



▼それから、距離延長してきた馬。

前走から距離を伸ばしてきた馬というのは、今走では全体のペースが遅くなるため、追走が楽になります。

追走が楽になれば、スムーズに先行することが可能になる。

そうなれば上述の通り、勝ち切りやすくなるわけですね。



▼このような条件の馬は、単勝期待値が高い馬と考えることができ、馬単に活用すると儲かると言えます。

先ほども書いた通り、このような馬を見つけることができたら、馬単の1着づけにして、相手ヒモ馬は少し広めに流す。

それだけで高い回収率を出すことが可能になります。



▼さて、逆に儲からない条件についても考えてみます。

馬単で儲からない条件は、「マルチ

マルチというのは、 1着2着が逆になっても的中する買い方です。



▼マルチは、短期的には儲かることもある。

それは、たまたま1着に人気薄が入った時に、高配当になるからです。

その瞬間は、回収率が高くなるわけですね。



▼しかしながら、その後も同じようにマルチで買い続けていると、結局確率が収束されてしまう。

マルチで確率が収束されると、馬連と同じになってしまうわけです。

そうなってくると、控除率の違いから馬連の方が有利になってしまい、馬単は儲からないということになります。



▼なので、基本的には私は、マルチはオススメしません。

運が良ければ儲かる時もありますが、長い目で見ると儲けにくいからです。



▼馬単マルチを選択するくらいなら、馬連にした方が控除率的にも有利だし、馬券構成もシンプルになると思います。

ただし、しっかり期待値分析できる人なら、馬連より馬単の方が儲かると思う。

なので、闇雲に馬単マルチを選ばず、各馬の期待値をしっかり考えた上で、計算して1着固定や2着固定を選択していくのが良いかと思います。



▼▼では次に、「馬単が儲かる条件」について考えてみましょう。


・単勝期待値が高い馬を1着固定

・複勝期待値が高い馬を2着固定

・断然人気馬を2着固定

・荒れそうなレースで馬単マルチ



はい。
これらは私ブエナがよくやる戦略です。



▼まず、最もオーソドックスな戦略である、「単勝期待値が高い馬を1着固定

単勝期待値は、データ分析から予測します。

ただこれは、パソコンの競馬ソフトを使える人の話なので、自分でデータ分析できない人は、有料情報を購入することになります。

競馬新聞だけで、自力で儲けようとしても、負けるだけなので要注意です。



▼パソコンの競馬ソフトを使う場合でも、結局、月額の利用料金がかかってしまうので、これも有料情報ということになります。

私が使っているのは、ターゲットという競馬ソフトですが、毎月2,000円ほどの利用料金がかかっています。

ターゲットは、データ分析ソフトなので、これを使ったからといって勝ち組になれるわけではないです。

特に、競馬初心者さんは、ターゲットを使ってもちんぷんかんぷんだと思うので、有料サイトを利用した方が良いです。

その場合は、月額5,000円未満のサイトにしてください。



▼ちょっと脱線しました。単勝期待値が高い馬を1着固定の話に戻りましょう。

単勝期待値が高い馬は、単勝馬券でも利益を出すことが可能ですが、2着馬を絞り込める場合は、単勝馬券より、馬単1着固定の方が、高い回収率を出すことが可能です。

単勝馬券の方が、控除率の面では有利なんですが、単勝馬券というのは、「馬単1着固定・2着総流し」と同じ意味なので、無駄な馬券が多く含まれてしまうんですね。

その点で、馬単1着固定ながしは、2着候補を絞り込むことができるので、無駄な馬券を排除して、回収率を高めることが可能になります。

なので、2着馬が絞り込める場合は、馬単1着固定流し。2着馬が絞れない場合は、単勝馬券で勝負すると、効率よく利益を出すことができます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング