二頭軸での馬券の買い方。軸2頭流しのコツとポイント。相手ヒモ馬は何頭にするか?

二頭軸馬券の買い方


▼本日は、二頭軸について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬券には、「1頭軸」と「2頭軸」があります。

1頭軸は、そのまんま、1頭の馬を軸として流す買い方ですね。

2頭軸には、私ブエナの考えでは、2種類あります。



2頭軸

①三連複や三連単で、2頭を同時に軸として流す買い方

②2頭から、別々に流す買い方




▼2頭軸と言えば、普通は①でしょうか。

②は、フォーメーションに近い考え方ですね。



▼まず、①の2頭を同時に軸として流す買い方を見ていきましょう。

この2頭軸は、私もよく使う買い方です。

三連複で2頭軸にすると、買い目を大きく削減することができるので、回収率の向上に役立ちます。



▼三連複の2頭軸を使う場合のコツは、「2頭の、期待値が高い人気馬がいるレース」を選ぶことですね。

この場合は、その2頭を同時に軸にして、相手は7~8頭に流します。

ヒモが7~8頭は、ちょっと多いと感じるかもしれませんが、三連複の2頭軸なら、相手7~8頭は普通です。私の考えですが。



▼あるいは、「1頭の、期待値が高い人気馬がいるレースで、かつ、中穴で狙いたい馬がいる場合

この場合も、三連複の2頭軸が有効になります。

この馬券構成の場合、先ほどよりも合成オッズが高くなるので、さらにヒモ馬の頭数を増やすことが可能です。

この場合は、相手馬を10頭くらいにしてもOK。

あるいは、総流しという手もありますね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





二頭軸にする意味と狙い方


▼二頭軸での馬券の買い方についての考察を続けます。

一頭軸ではなく、わざわざ2頭軸にするということは、そこに意味がなければなりません。

2頭軸にすることで、買い目点数は減らすことはできますが、的中率が下がるからです。



▼的中率を下げてまで、2頭軸にする意味は何か?

それは、回収率を上げるためですよね。

もっと詳しく言えば、期待値が低い馬券をカットして、期待値が高い馬券に資金を集中させることで、長期回収率を上げるためです。



▼なので、「なんとなく2頭軸は買い目点数が少ないから、適当に軸を2頭選んで馬券を構成しよう!」というのはやめた方がいい。

適当に2頭を選ぶくらいなら、期待値が高い1頭をしっかり選んで、そこから流し馬券にした方が、回収率は高くなります。



▼競馬において、軸馬というのは、回収率と密接な関係がある。

特に、2頭軸の場合は、その傾向が顕著です。



▼私ブエナの考えでは、2頭軸の2頭の期待値が高ければ、ヒモ馬は適当に選んでも、回収率は高くなると考えます。

先ほども少し書きましたが、2頭軸がしっかりチョイスできていれば、相手は総流しでもプラスになるケースもあるわけです。



▼「2頭軸からの総流し」というのは、複勝馬券の変形のようなものですね。

2頭同時の3着内が求められるので、複勝馬券より難しく、複勝馬券より回収率を上げやすいと考えます。



▼私が、2頭軸を構成する場合は、

1番人気ー3番人気ー穴馬10頭

このような感じにすることが多いです。

オーソドックスに、期待値の高い人気馬を2頭入れて、ヒモは広めに流す形ですね。



▼上記のスタイルは、特にダート戦で有効になりやすい印象です。

ダートの場合、3着に人気薄が突っ込んでくるケースが多く、その場合は、1~2着には人気馬が入ることが多いので、上記のような2頭軸で、高回収率を狙います。



▼あるいは、そこから少し変形させて、

1番人気ー6番人気ー総流し

このような形ですね。

先ほども少し書きましたが、2頭軸の2頭の期待値が明確に高い場合は、3頭目は総流しでもプラス回収にすることが可能です。



▼さて、ここまで、2頭同時の2頭軸について考察しました。

ここからは、「2頭バラバラの2頭軸」についても少し考えてみたいと思います。



▼2頭バラバラの2頭軸というのは、軸を2頭設定して、どちらかが入れば的中という形です。

これはつまり、1頭軸を2本セットしているのと同じですね。

私の場合は、特に馬連フォーメーションで使います。



▼例えば、

馬連1.3番人気ー5.8.10番人気

というような形ですね。

オーソドックスなスタイルでは、1番人気からの流しの所、3番人気の期待値も高い場合は、2頭の軸馬からの流しにします。



▼2頭からの流し馬券なので、少し考えて買わないと、トリガミになったり、長期回収率がマイナスになったりしてしまいます。

この「バラバラ2頭軸」のポイントは、ヒモ馬の期待値になります。

ヒモ馬の期待値が高い場合、軸馬を2頭に増やしても、長期回収率をプラスにすることが可能だからです。



▼上記の例の場合、「5.8.10番人気」のヒモ馬が、明らかに期待値が高いとする。

この場合は、軸を2頭もしくは、3頭にしても回収が可能です。

期待値の高い中穴から、1~3番人気に流す形。

相手ヒモ馬が3頭高期待値なら、軸を3頭にしても、プラスにすることは十分可能ですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング