馬連の総流しで勝てるか?馬連全通り買いのコツとポイント。トリガミになる時はどうするか

馬連総流しのコツ


▼本日は、馬連の総流しについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




馬連総流しとは、軸馬を1頭決めて、そこから残りの馬すべてに流す買い方です。

18頭立てのレースなら、17点買いとなります。



▼では、この馬連総流し。勝つことはできるのか?

私ブエナの経験で言えば、「総流しでも、いくつかの条件をクリアすればプラス収支にできる」と思います。



馬連総流しで利益を出すための条件↓


・軸馬の期待値が高いこと

・頭数が多いレースであること

・荒れる条件のレースであること



はい。
馬連総流しで利益を出すためには、まずこの3つの条件を意識することが重要です。



▼馬連に限らずですが、総流しのポイントは、いかに「ヒモ荒れ」するレースを選ぶか、です。

もし、ヒモ馬が本命サイドで決まるなら、総流しにしなくても、4~5点以内で的中できるからです。



▼もう一つのポイントは、軸馬の回収期待値が高いことです。

特に、軸馬の複勝回収率が高いことが、馬連総流しを成功させるポイントになってきます。



▼「軸馬の人気」に関しては、私は人気馬で良いと思いますが、期待値が高い馬なら、中穴馬でもOKです。

ただこの場合、軸馬の人気が下がれば下がるほど、総流しの的中率も下がります。

できるだけ総流しで収支を安定させたいなら、軸馬は人気馬を選択するのが良いかと思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





総流しで利益を出すコツ


▼馬連の総流しで勝てるか?についての考察を続けます。

私の考えでは、基本的に馬券は、大穴馬になるほど期待値が下がりやすくなると考えます。

これは、宝くじ感覚で大穴馬券を購入する人が多いからかと。



▼そう考えると、馬連の総流しはあまり効率が良いとは言えなくなります。

なので、馬連総流しで勝負するなら、しっかりとレース条件を絞り込んで参戦していく必要があるわけです。



▼ただなんとなく、的中率が高いからという理由で、漠然と総流ししていても、なかなかプラス回収率にはならないと思います。

それどころか、トリガミ地獄で大赤字になる可能性が高いです。



▼総流しでトリガミを避けるためには、荒れそうなレースを選択していく必要があります。

2ケタ人気馬でも連対しそうなレース。

例えば、ハンデ戦などが該当します。



▼馬連総流しで利益を出すためには、10番人気以下の二桁人気馬の激走が、どうしても必要になります。

そう考えると、極端な話、9頭立てのレースで総流しを仕掛けても、なかなか利益を出せないということになります。



▼まあ、9頭立てなら意外と9番人気馬が激走することも多くなるんですが、それでも9頭立てではどうしても期待値の分散が起こりにくく、控除率の壁を越えていかないのが実情です。

なので、馬連の総流しを狙うなら、出走頭数は16~18頭のレースを選んでいくのが良いかと思います。



▼総流しの考え方としては、もし本命サイドで決まったら、それは保険馬券ということで、利益は考えない。

トリガミでもいい。それは保険馬券だからです。



利益を出すための本線は、あくまでも中穴馬~大穴馬。

なので、先ほども書いたように、頭数が多いレースが望ましいわけです。

13頭立てなどのレースだと、どうしても本命サイドで決まる確率が高くなるので、トリガミだらけになります。



▼それから、先ほども少し書きましたが、レース条件としては、ハンデ戦が狙い目になります。

ハンデ戦というのは、通常の斤量とは違い、ハンディキャッパーがハンデを設定します。

そして、すべての馬の能力が同程度になるように調整するわけですね。



▼これは、競馬というギャンブルで高配当を演出するように、主催者側がハンデを設定しているわけです。

なのでハンデ戦では、本命サイドで決まる確率が下がり、人気のない馬でも上位に入ってくる確率が高くなります。



▼このような特性を考えると、ハンデ戦で馬連総流しを仕掛けるのは、理にかなっていると言えます。

ハンデ戦では、強い馬には重いハンデが課せられるので、人気馬が惨敗しやすく、波乱になりやすいわけです。



▼ただ、それは競馬ファンもよくわかっている。

だから斤量がオッズに反映されるんですね。

これがハンデ戦の難しいところであり、面白いところでもある。



▼例えば、強い馬が重い斤量を課せられて、それを競馬ファンが嫌って馬券があまり売れないとする。

そうなると、強い馬なのにオッズが高い、という現象になるわけです。

この状態のときには、強い馬が逆に波乱を演出するということになります。



▼ハンデ戦では、58キロを超えると、競馬ファンが嫌う傾向にあります。

なので、58キロ以上の実績馬が、人気薄で激走することが多々あります。



▼また、ハンデ戦では斤量が重い馬の方が、意外と信頼できる。

軽ハンデの馬よりも、重いハンデの馬の方が好走しやすいわけです。

なので、ハンデ戦であえて重いハンデの馬を軸馬にして、そこから総流しを仕掛けるというのも、ひとつの有効な戦略になります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング