競馬で勝てない買い方。勝てる買い方との違い。ダメな馬券の買い方・悪い馬券構成の例

競馬で勝てない買い方


▼本日は、競馬で勝てない買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬券には、勝てる買い方と、勝てない買い方があります。

「勝てない買い方」を知ることで、勝利に近づくということもあるので、本日は馬券で勝てない買い方について考えてみたいと思います。



▼まず、私ブエナが、馬券で勝てない買い方だと思う例を挙げてみます。


× 1~5番人気ボックス

× 断然の1番人気馬からの流し

× 1番人気から、2~5番人気への流し

× 大穴馬のボックス



はい。
私ブエナの経験則でもありますが、これらの買い方で利益を出すのは、かなり難しいと思われます。



▼まず、「1~5番人気ボックス

これは、的中率はかなり高いです。

当てに行くならこの作戦もアリかと。

ただ、均等買いで利益を出しに行くなら、この買い方ではダメですね。



▼次に、「断然の1番人気馬からの流し

この買い方も、かなり的中率が高くなる買い方です。

しかしながら、断然の1番人気馬は、過剰人気になる可能性が極めて高く、プラス収支まで持っていくのが困難です。

1番人気から、上位人気馬への流しも、同様の理由で利益を出すのは難しいと思われます。



▼次に、「大穴馬のボックス

これは、今までとは逆ですね。

大穴狙いで大儲けを狙う方法。

しかし、この買い方も利益を出すのはかなり難しいです。



▼大穴サイドの馬券というのは、馬が弱い割によく馬券が売れるゾーンになります。

つまり、本命サイドと同じように、大穴サイドも過剰人気になりやすい。

その結果、競馬で勝てない買い方になってしまいやすいわけですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





競馬で勝てる買い方とは?


▼競馬で勝てない買い方についての考察を続けます。

先程は、競馬で勝てない買い方について書いてみました。

では、勝てる買い方との違いは何なのか?

参考記事
 ↓
どうすれば競馬で勝てるか?



▼競馬で勝てる買い方を考えるなら、先程の逆を行けばいい。

つまり、「断然人気馬・上位人気馬・大穴馬」だけで馬券を構成しないということが重要だと思うわけです。



▼要するに、中穴馬を絡めていくことが大切になる。

1番人気馬から流してもいいんですが、ヒモは中穴に流すと、回収率を上げやすくなると思うわけ。



▼競馬初心者さんなどは、競馬新聞で印の付いている馬に流したくなるので、ついつい馬券構成は、上位人気馬だけで固まってしまいがちです。

しかし、先ほども書いたように、上位人気馬だけで馬券を構成しても、利益を出すのは難しいと思われる。



▼そこには、控除率の問題が絡んでくるわけです。

競馬には、平均約25%の控除率というものが設定されています。

これはいわゆる、テラ銭。

JRAの取り分ですね。



競馬で勝つ、つまり、馬券で利益を出すためには、この25%の控除率を超えるような馬券を購入しなければなりません。

そのためには、オッズの歪みを狙う必要があるわけ。



▼そして、オッズが歪みやすいのは、本命サイドより穴サイド。

オッズの数字が大きい方が、よりオッズが歪みやすいと思うわけです。



▼そう考えると、本命サイドだけで馬券を構成してしまうと、オッズの歪みを狙うことができず、平均控除率の25%をなかなか越えていかない。

その結果、還元率75%くらいの回収率に甘んじてしまうことになるわけです。



なので、競馬で勝てる買い方を追求するなら、ある程度の的中率は捨てることが重要だったりする。

本命サイドだけで馬券を構成しても利益が出ないなら、意図的に穴サイドに狙いをシフトしていく必要があるからです。



▼穴党という言葉がありますが、穴党にもいろいろある。

単純に一攫千金が好きな人。

これは勝ち組とは言えない。

なぜなら、どんなレースも単純に万馬券を狙って、振り回しているだけだからです。



▼私たちが勝ち組になるためには、単なる穴党を目指すのではなく、意識して穴馬券を取りに行くようなスタイルを目指す必要があるわけです。

かといって、大穴馬券を狙ってしまうと、これも先ほど書いたように、過剰人気の罠にハマります。

なので、適度な穴馬券を狙っていくのが重要ですね。



▼マツリダ予想が中穴狙いを推奨しているのも、このような理由によるわけです。

結局のところ、馬券というのは、回収率を上げなければお金が減ってしまう。

回収率を上げるためには、期待値が高い馬券だけを購入する必要があるんですね。



▼競馬で勝てない買い方をしてしまう人というのは、「当てたい!」とか「大穴馬券を取りたい!」というような、欲望に左右されてしまう人とも言えます。

言い換えれば、欲望に支配されてしまえば、回収率は上がらず、競馬の負け組になってしまう。

これを避けるためには、自分の感情をコントロールしながら、常に冷静に控除率を超えるような馬券だけを狙っていくことが大切なんですね。



▼▼まぁ言うのは簡単なんですが、これを実践するには、かなりの精神力が必要です。

競馬では確率の偏りによって連敗することがよくあります。

個人差はありますが、このような連敗期というのは、非常に精神的なダメージが大きいわけです。



▼連敗すると苦しい。

だから当てたくなる。

そして当てに行ってしまうわけです。

つまり、本命サイドを購入するようになってしまう。



▼せっかく自分の中で、期待値が高そうな穴馬を見つけているのに、

「でもこの穴馬より、競馬新聞に印がたくさんついている人気馬の方が来るよな・・・」

という感じで、弱気な予想になってしまう。

これは誰しも経験がある事と思います。



▼なぜこのような心理状態になってしまうかというと、馬券が外れるのが怖いからです。

馬券が当たらないと、苦しくなって、そこから逃げたくなる。

その結果、「当てにいく」というスタイルになってしまうわけです。



▼しかしながら、このような本命サイドへの偏りは、先ほども書いたように、回収率を上げにくいわけ。

連敗期で苦しんでいる人がよくやる買い方、「1~5番人気ボックス

これを読んでいるあなたも、やったことがあると思います。



▼1~5番人気ボックスは、確かに当たる。

的中率は最大級に高いです。

でも儲からない。

そう。これは「競馬で勝てない買い方」なのです。



▼なぜ、的中率が最大級に高いのに、儲からないのか?

これも先ほど書いたとおり、控除率の壁を越えることが難しいからです。



もちろん、事前にデータ分析して、その買い目の出現率が高いと判断しているなら、1~5番人気のボックスでもいいんです。

でも、そこまで計算して馬券購入している人はほとんどいない。



▼単純に馬券を当てたいからと言う理由で、1~5番人気のボックスにしてしまうとどうなるか?

これは致命的に合成オッズが下がります。

つまり、せっかく馬券が的中しても、ほとんど利益が出ないという状態になるわけです。



▼馬券で利益を出すためには、控除率の壁をいかに超えるかを考えることが重要。

控除率の壁を越えるためには、「強いのに馬券が売れていない馬」を購入するしかないんですね。



▼このように、「競馬で勝てない買い方」に迷い込んでしまう人は、心理的にそこに追い込まれてしまっているケースが多いわけです。

馬券の勝ち組は、メンタルが強いです。

自分の欲望や恐怖心をコントロールできるかどうか。

それが競馬で勝つための、最初のハードルですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング