三連複の攻略法・必勝法。三連複で勝つ方法と馬券の買い方・買い目の作り方。勝つための作戦

3連複攻略法

▼本日は、三連複の攻略法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「三連複攻略の基本は、『多点買いで高配当を狙う』ことだと思う」

「少点数で高配当を狙っても、ほとんど的中しないので、回収効率が悪い」

「また、少点数で本命サイドを狙う戦略は、勝てなくはないが、オッズに歪みができにくいので、高配当狙いよりは回収率が下がるケースが多い」

「私の具体的な買い目点数は、三連複ボックスで35点くらい、三連複ながしで28点くらいに設定することが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼私が、三連複を攻略するとしたら、どのような買い目にするか?

少し挙げてみたいと思います。


①三連複7頭ボックス馬券(35点)⇒荒れるレース限定

②三連複1頭軸。相手8頭(28点)⇒荒れるレース限定



はい。
これは私ブエナが、実際に使っている馬券構成です。



▼三連複を攻略するための基本は、やはり高配当を取ることです。

本命サイドの三連複で、回収率をプラスにするのはなかなか難しいからです。



▼コンスタントに高配当を取るためには、ある程度、多点買いにしなければなりません。

そして、多点買いにするということは、荒れるレースを選ばなければならない。

上記の私の買い方では、「荒れるレースを選ぶ」という作業が最も重要なポイントになります。



▼まず「三連複7頭ボックス

この場合の馬券構成としては、

人気馬1頭
中穴5頭
大穴1頭


という感じになります。私のやり方ですが。



▼このような人気構成にした場合、三連複の万馬券を狙っていくことになります。

人気馬を1頭入れているのは、的中率を維持するためです。

基本的には、荒れるレースで高配当を狙うスタイルになります。



▼次に「三連複1頭軸。相手8頭

これは以前にも書きましたが、軸馬の期待値が高いことが絶対条件です。

かつ、こちらも荒れるレースを狙うことになります。

ローカルのハンデ戦などは、「人気馬1頭+人気薄2頭」という決着になりやすいので狙い目ですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開

▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。




三連複2頭軸での攻略法・必勝法

▼三連複の攻略法についての考察を続けます。

先ほどは、多点買いで三連複の高配当を狙うスタイルを紹介しました。

ここでは、少点数の三連複攻略法を考えてみたいと思います。



▼少点数の三連複と言えば、「三連複2頭軸」ですね。

軸馬を2頭にして、ヒモを手広く流すスタイルです。

あるいは、本命サイドで狙う場合でも、ヒモを絞ることで対応可能です。



▼三連複の2頭軸の場合、

軸は人気馬2頭・ヒモ馬は8頭」に流します。私の場合ね。

ヒモ馬の人気ゾーンは、「中穴6頭・大穴2頭」くらいのバランスに調整します。



▼この馬券構成のポイントは、まず当然、軸馬2頭の期待値が高いこと。

軸馬2頭の期待値が高ければ、それだけでヒモ馬は適当でも、回収率は高くなります。



▼先ほどの、大荒れのレースで高配当を狙うスタイルでは、レースの頭数は多頭数が望ましかった。

荒れるレースを選ぶのであれば、やはり多頭数のレースを選ぶのが基本です。

しかし、この2頭軸の場合は、少頭数のレースでも問題なく機能します。



▼少頭数のレースの方が、「人気馬2頭の期待値が高いレース」を選びやすいんですね。

多頭数のレースだと、馬券圏内3頭のうち、2頭が人気薄になってしまうケースが多い。

そう考えると、2頭軸で買い目点数を絞って的中させるのであれば、あまり多頭数のレースを選ぶと、うまくいかないことがわかります。



▼多頭数のレースでも、1頭の人気馬が断然人気であれば、的中率は高くなります。

ただこの場合、どうしても回収率が上がりにくい傾向にあると思うわけ。

断然人気の馬を絡めた馬券は、過剰人気になりやすく、的中率は上がっても、回収率がついてこないケースが多いからです。



▼競馬のレースは、大きく分けると、断然人気の馬がいるレースと、いないレースに分かれる。

レース選びは、ここが1つの山場になります。

前半部分で私が紹介した多点買いは、断然人気の馬がいるレースだと、正しく機能しない傾向にあります。

それはある意味当然で、高配当を狙うために荒れるレースを選んでいるわけですから、1頭強すぎる馬がいる場合は、そのレース選びに該当しないからです。



▼三連複の買い目の話に戻りましょう。

三連複で本命サイドを狙う場合。
この場合は当然、少点数で的中させることになります。

本命サイドを多点買いにするのは、最も回収率が上がりにくいからです。



▼三連複で本命サイドを狙う場合は、

三連複2頭軸。相手3頭(3点)

私の場合は、このような感じで狙っています。



▼この買い方を使う場合は、まずそのレースが固い配当で収まると判断した場合。

かつ、軸馬2頭の期待値が高い場合です。

この2つの条件に合致したときに、上述したような買い方で馬券を構成すると、長期回収率がプラスになる確率が高くなります。



▼この場合は、片方の軸馬が断然人気だったとしても、ある程度の回収率が見込めます。

買い目点数が非常に少なくなるため、合成オッズが上がるからですね。



▼固そうなレースの条件は、「少頭数・1番人気が鉄板・オッズ断層がある」このような場合ですね。

最初のレース選びの段階で、このような条件に合致するときは、三連複の少点数買いで無難に的中を狙っていくと、回収率が上がりやすくなると思います。



▼▼では次に、「三連複7頭ボックス馬券(35点)」について、深堀りしてみましょう。

このような三連複のbox馬券の場合、シンプルに予想を楽しむなら、

・1~3番人気から1頭切る(2頭)
・4~8番人気から1頭切る(4頭)
・9~12番人気から1頭選ぶ(1頭)



このような感じで、馬券を構成すると、予想を楽しみながら高配当を狙うことができます。



▼まず、第一段階として、「1~3番人気から1頭切る」

ここは最も重要なステップになります。

人気馬というのは、どんなに死角があっても、好走確率は高くなります。

なので、この買い方の場合、1~3番人気から1頭切った馬が来てしまうケースが多くなると思います。



▼それでも、1~3番人気を全て入れてしまうと、合成オッズが下がり、回収率も下がりやすくなります。

そこで、期待値の低そうな人気馬を、1頭切る。

例えば、

・同型の逃げ馬が他にもいる時の、人気の逃げ馬
・内枠の追い込み馬
・前走で惨敗している人気馬
・前走、人気薄で激走した人気馬



など、このようなタイプの人気馬は、「危険な人気馬」になりやすい傾向にあります。

したがって、このような人気馬を1頭、切り捨てるところから予想をスタートします。



▼人気馬を1頭切ったら、次は、4~8番人気から1頭切る作業に入ります。

この作業に関しては、それほど神経質になる必要は無いかと思います。

5頭のうち、1頭を切るだけなので、切った馬が来てしまう確率は低くなります。



▼4~8番人気から1頭切ったら、最後に、9~12番人気から1頭選ぶ。

ここだけは消去法ではなく、1頭拾う形になります。

9~12番人気は、いわゆる大穴馬。

当ブログではいつも書いていますが、大穴馬は期待値が低くなりやすいので、あまり数多くボックスに入れ込むと、全体の回収率が下がります。

なので、9~12番人気から1頭選ぶくらいが、バランス的には丁度良いかと思います。



▼▼では次に、三連複の攻略法・必勝法についての具体的なケーススタディーを考えてみましょう。


金鯱賞2021年

1着 ギベオン(10番人気)
2着 デアリングタクト(1番人気)
3着 ポタジェ(6番人気)

三連複34650円



はい。
このレースは、実際に私ブエナが三連複を的中したレースです。 100円ですが。

買い方は、先ほども解説した、「三連複7頭ボックス(35点)」です。



▼このレースは、10頭立てなので、通常は「三連複軸2頭」で狙う所ですが、金鯱賞は中京競馬場というローカル開催なので、波乱の可能性もあるかなと判断しました。

また、近年の金鯱賞は、平穏な決着が続いていたので、そろそろ荒れても良いかなと考えました。



▼では、具体的な馬券構成の仕方を考えてみましょう。


・1~3番人気から1頭切る(2頭)

このレースの1~3番人気は、オッズ断層が明確だったので、デアリングタクトとグローリーヴェイズで問題ないかと思います。

3番人気のキセキは、単勝10倍と離されていたので、ここでは切ります。


・4~8番人気から2頭切る(3頭)

ここだけ少し変則なんですが、5番人気のサトノフラッグは、古馬相手にまだ通用しておらず、全く好走するイメージが湧かなかったので、切ります。

また、8番人気のペルシアンナイトも、めったに馬券になることはなく、重馬場も合っていないと判断して、切りました。


・9~10番人気から2頭選ぶ(2頭)

ここは通常、1頭を選ぶところですが、4~8番人気から2頭切ったので、こちらを2頭に設定します。

9番人気のジナンボーは、左回りの2,000メートルは一応警戒しておきたい。

10番人気のギベオンは、前走の白富士ステークスで不利があっての5着だったので、あまりにも過小評価されていると判断して、ボックスに入れました。



▼これで、三連複の7頭ボックスが完成。

少頭数だったので、もしガチガチで決まってしまったら、それは仕方ない。

ローカル開催の重馬場ということで、波乱に期待しました。



▼結果は、最低人気のギベオンが逃げ切り、三連複は34650円の好配当。

2着に断然人気のデアリングタクトが入っても、この配当ですから、いかにギベオンが過小評価されていたかが分かります。

35点買い、3500円投資ですが、34650円の払い戻しなので、遊びで高配当を狙ったにしては、十分な回収率になりました。

このレースのポイントは、「4~8番人気から2頭切る」ところですね。

サトノフラッグを思い切って切ることができるかどうかが、最大のポイントだったと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング