単勝初心者の買い方。素人でも単勝馬券で勝つ方法。競馬ビギナーが多点買いで儲かるか?

単勝初心者の買い方


▼本日は、初心者さんの単勝の狙い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「単勝初心者さんにオススメの買い方は、1~3番人気から1頭を選ぶスタイル」

「特に、1~3番人気の逃げ馬・先行馬の単勝は、期待値が高くなりやすいので、初心者さんでも失敗しにくい」

「中穴馬なら、単勝2~4点買いでも利益を出せる」

「大穴馬の4~5点買いも利益を出せるが、初心者さんには難しいので非推奨」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼単勝馬券は、最も基本的な馬券種であり、初心者さんの向きの馬券でもあります。

最初に単勝をしっかり勉強しておけば、将来的に、三連複や三連単の予想力も向上していきます。



▼では私ブエナが思う、初心者さんの単勝の買い方を考えてみます↓


・本命サイドの単勝1点買い(1~3番人気)

・中穴馬の単勝2~3点買い

・中穴馬~大穴馬の単勝4~5点買い



はい。
まずは、この3パターンを考えてみたいと思います。



▼まず、単勝馬券の基本、「本命サイドの単勝1点買い

単勝馬券の場合、複勝馬券と違って、本命サイドでも直接的な利益を出していくことが可能です。

複勝の本命サイドの場合は、オッズが低すぎるので、投資法などを加味していかないと利益が出にくいんですが、単勝ならそのままで利益を出せます。



▼本命サイドの単勝で勝負する場合は、1点買いが基本になります。

本命サイドの単勝を2点以上購入してしまうと、合成オッズが下がり、回収率が100%を超えにくくなるからね。



▼この場合、「本命サイドで決まりやすいレースを選ぶ」ことが重要になります。

強い馬が能力を発揮しやすいレース条件ですね。

このようなレース条件で、期待値の高い本命サイドの馬を単勝で狙えば、初心者さんでも、長期的に単勝で利益を出していくことが可能になります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





初心者さんの単勝多点買いポイント


▼単勝初心者さんの買い方についての考察を続けます。

では次に、「中穴馬の単勝2~3点買い

これは、単勝の多点買いになります。



単勝馬券は1点買いが基本ですが、中穴馬を狙う場合は、2~3頭を同時に購入しても回収できます。

中穴馬の単勝は、オッズが5~20倍くらいつくので、3点くらい購入しても、合成オッズを高めに維持することが可能だからです。



中穴馬の単勝を多点買いする場合は、ある程度、荒れるレースを選んで行かなければなりません。

先ほどの本命サイドの単勝では、強い馬が力を発揮しやすいレース条件を選びました。

しかし今回は、強い馬が力を発揮できない条件を選んだ方が、うまく行きやすいわけです。



▼単勝で中穴馬を狙うわけですから、強い馬が力を発揮できてしまうと、都合が悪い。

できるだけ強い馬が足をすくわれるようなレース条件を選ぶ。

これが、中穴馬の単勝を多点買いして、利益を出すための1つのコツになります。



▼例えば、当ブログでもよく書いている、「ハンデ戦

これは強い馬が足をすくわれやすいレース条件ですね。

ハンデ戦は斤量に大きな差があるため、強い馬には重い斤量が課せられ、あまり能力を発揮できなくなります。



▼この隙を突いて、中穴馬が1着をかっさらう。この形が理想です。

単勝馬券の場合、2~3着にはどの人気の馬が入っても関係ないので、とにかく1着馬だけを考えて予想します。



▼複勝馬券の場合は、他の馬の人気によって配当が変わったので、そこまで予想しなければならなかったんですが、単勝は1着だけでシンプルなので、初心者さんでも予想しやすいと思います。

ポイントは、レース選びと単勝期待値です。



▼では次に、「中穴馬~大穴馬の単勝4~5点買い

これは、ターゲットを大穴馬まで広げて、多点買いで穴馬の単勝を狙うやり方です。



▼単勝馬券は1点しか買っちゃダメだと思っている人が多いんですが、条件によっては5点くらい購入しても、普通に回収できます。

「単勝のベタ買いで、プラス回収率」という言葉がありますが、単勝の多点買いでも利益を出す事は可能なわけです。



大穴馬までターゲットを広げる場合、レース選びはさらに荒れやすいレースを選ぶことになります。

この買い方のキモは、できるだけ人気薄の馬が勝つようなレースを選ぶことです。

多点買いになればなるほど、配当は高くなければ回収できなくなる。これは単勝馬券でも同じです。



▼なので、この場合は、単純に「ハンデ戦」というだけではなく、「ハンデ戦&ローカル開催」など、2つ以上の要素を組み合わせて狙うと良い。

「牝馬限定戦&裏開催」とか「短距離戦&多頭数」などですね。



このような「荒れる条件」を自分なりにたくさん用意しておき、それが何ポイントになったかで、狙う単勝戦略を変化させていきます。

例えば、「フルゲート&ハンデ戦&ローカル開催なら、3ポイントだから、単勝5点買い」

というようなイメージです。



▼初心者さんが取り組むとしたら、最後の単勝多点買いは少し難しいので、やはり「本命サイドの単勝1点買い」から入ることになると思います。

ここで、堅く収まりそうなレースを選ぶコツなどを習得していきます。

あるいは、期待値の高い本命サイドの馬の選び方。

これを上手に選ぶことができるようになれば、馬連や三連複にも応用していくことが可能になります。



▼▼ではさらに、「本命サイドの単勝1点買い(1~3番人気)」について考えてみましょう。

単勝初心者さんの買い方で、最もオススメなのが、人気馬の単勝1点買いです。

1番人気馬であれば、的中率は30%くらいあるし、回収率も安定的に80%前後に収束します。



▼これが、10番人気以下の単勝だと、的中率は1%くらいしかない上に、平均回収率も60%以下になってしまうことが多いです。

もちろん、上述した通り、明らかに荒れるレースで単勝の大穴を狙えば、プラス収支にすることは可能です。

ですが、対象を初心者さんにするならば、まず荒れるレースを選ぶことが難しいし、大穴馬は数が多いので、そこから期待値が高い大穴馬を選ぶことも難しい。



▼なので私ブエナは、競馬初心者さんには、本命サイドの単勝が使いやすいかなと思うわけです。

ベタな狙い方としては、「1~3番人気の逃げ馬・先行馬」というものがあります。

競馬には、「脚質」というものがあり、道中の位置取りによって、脚質が決定されます。

具体的には、

・逃げ馬
・先行馬
・差し馬
・追い込み馬


という4種類に分類することが多いです。



▼逃げ馬というのは、スタートから先頭を走る馬。

競走馬というのは、気分よく先頭を走ると、最大限に能力を発揮できることがあります。

特に、気性が荒い馬や、臆病な馬などは、先頭を走ることによって、それらのデメリットを消すことができます。

逃げ馬の単勝は、期待値が高い馬券の1つです。



▼次に、先行馬というのは、2~3番手を追走する馬です。

逃げ馬の後ろにつけて、直線で抜け出してくるタイプ。

競馬において、最も安定して能力を発揮できるのが、この先行馬になります。

単勝馬券を購入する場合でも、先行馬を積極的に狙っていくと、的中率と回収率が上がりやすくなります。



▼次に、差し馬と追い込み馬ですが、これは後方から追走して、直線で一気に加速し、逃げ馬と先行馬を追い抜くスタイルになります。

見た目が派手なので、競馬ファンが好む脚質ですね。

ただ、後方から進むということは、常に前に馬がいる状態なわけで、前の馬が邪魔でスピードを出せないケースも多々あるわけです。

俗に言う、「不利がある」という状態で、差し馬と追い込み馬は、ここが最大のデメリットになります。



▼差し馬と追い込み馬は、足が速いので、最後の直線で一気に追い抜くことが可能ですが、「前が詰まる」「外を回るので距離ロスがある」というデメリットが大きいです。

そのため、的中率や回収率で考えると、逃げ馬や先行馬より、低くなることが多いです。

なので、競馬初心者さんが単勝馬券を狙う場合は、差し馬や追い込み馬より、逃げ馬や先行馬を狙った方が、うまく行きやすいというわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング