馬単フォーメーションで最強に効率的な買い方とは?点数は何点が良いか。おすすめの構成

馬単フォーメーションの買い方

▼本日は、馬単フォーメーションについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「馬単フォーメーションとは、1着馬と2着馬をそれぞれ複数指定して、それらのすべての組み合わせを購入する買い方のこと」

「馬単フォーメーションで最強のおすすめの買い方は、(2×6)あるいは(3×4)で、どちらも点数は12点買い」

「この場合、人気馬と人気薄を組み合わせる形にすると、回収率が上がりやすくなる」

「馬単フォーメーションの買い目点数は、10点くらいにするのがバランスが良い。これはレースによって増減させる」

「馬単フォメは、軸馬を1頭に絞れない時に威力を発揮する」

「馬単フォーメーション・マルチは、1着に人気薄が入りそうな時にのみ購入する」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼馬単は、1着2着を順番通りに当てる馬券です。

オーソドックスな買い方としては、「馬単1着固定ながし」があります。

これは、1着馬を1頭固定して、複数の2着馬に流す買い方です。



▼ただ、軸馬が1頭に絞れないケースもありますよね。

そのように、軸馬を1頭に決められない場合に有効なのが、「馬単フォーメーション」です。

馬単フォーメーションは、軸馬を2~3頭で迷う場合に威力を発揮します。



▼例えば、馬単フォーメーション(2-5)は、1着欄に2頭、2着欄に5頭をセットします。

そして、これらの組み合わせを自動的に購入してくれるわけです。非常に便利。

通常であれば、軸馬を2頭にしたら、馬単の流し馬券を2本購入しなければならないところですが、フォーメーションなら1本で完結するわけですね。



▼では、この馬単フォーメーション。最強の買い方はどんな馬券構成か?

私ブエナの個人的な見解では、馬単フォーメーション(2-6)あるいは(3-4)が勝ちやすい印象です。

どちらも買い目点数は、12点買いになります。



▼馬単フォーメーション(2-6)は、1着欄に人気馬を2頭セット。2着欄に中穴馬を6頭セットします。

こうすることによって、人気馬と人気薄の組み合わせをナチュラルに購入することができます。

当ブログではいつも書いていますが、人気馬と人気薄を組み合わせると、的中率と回収率のバランスが良くなります。



▼これが、人気馬ばかりを組み合わせると、的中率は高くなりますが、回収率が上がりにくくなる。

逆に、人気薄ばかりを組み合わせると、一攫千金の魅力は増しますが、ほとんど当たらなくなる。

なので、人気馬と人気薄を組み合わせることによって、的中率と回収率のバランスを調整するわけですね。

この考え方は、馬単だけでなく、三連複や三連単でも有効な考え方なので、頭に入れておいてください。


ブエナが使っている競馬サイトを公開

▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。




馬単フォーメーションでの効率的な買い方

▼さてここまでは、馬単フォーメーションの基礎知識について解説してきました。

ここからは、さらに具体的に馬単フォーメーションで勝つための買い方について説明していきたいと思います。



▼先ほどの続き。

先ほどは、馬単フォーメーション(2-6)について解説しました。

この2×6のフォーメーションは、馬単では最も勝ちやすい、最強の布陣だと思います。

もちろん、レース特性によって、この頭数のバランスは増減しますが、平均的に見ていくと(2-6)は非常に使いやすいです。



▼馬単フォーメーション(2-6)は、軸馬を2頭で迷う場合に効果的な買い方になります。

それに対して、さらに混戦模様で、軸馬を3頭で迷うケースもあります。

この場合は、馬単フォーメーション(3-4)が有効です。



馬単フォーメーション(3-4)は、1着欄に人気馬を3頭セット。2着欄に中穴馬を4頭セットします。

こうすることによって、先ほど説明した(2-6)と同じように、人気馬と人気薄をナチュラルに組み合わせることができます。

(3-4)は、軸馬を3頭セットできるので、軸不在の混戦レースで有効な買い方になります。



馬単フォーメーション(3-4)で購入する場合の注意点として、「人気馬同士の組み合わせは買わない」というものがあります。

これに関しては、私ブエナの独断と偏見ですが、いつも書いている通り、人気馬同士の組み合わせを購入しても、回収率が上がりにくいので、私はほとんど購入しません。

人気馬同士の組み合わせは、的中率が非常に高いので、競馬初心者さんはついつい購入してしまうゾーンになりますが、オッズが低くなるので、なかなかプラス収支になりません。



▼なので、あえて的中率は捨てて、回収率を取りに行く。

的中率は、15%~25%くらいあれば良く、回収率は120%程度を狙っていきます。

これが、人気馬同士の組み合わせになると、的中率が30%・回収率が80%という感じのバランスになりやすいわけです。

的中率の30%は魅力ですが、回収率が80%だと、どんどんマイナスが増えてしまうので、馬単フォーメーションで買う場合は、ヒモは人気薄を狙うことをおすすめします。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング