単勝を買い続けると儲かる騎手?回収率の高い騎手の罠

騎手・ジョッキーで買って利益を出すことはできるか?


騎手だけで勝てるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「単勝を買い続けると儲かる騎手は、各レースの条件によって、大きく違ってくる」

「また、騎手だけでも回収率を上げる事はできるが、利益を出すためには、騎手に加えて、あと1~2個のファクターを加味した方がいいと思う」


それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬には、いろいろな予想ファクターがありますが、ジョッキー(騎手)も重要な予想ファクターです。

ただ、私個人はあまり騎手は見ません。

ジョッキーを見なくても、馬券の長期回収率をプラスにすることはできるからです。

騎手2


▼よく、「ジョッキーで買う」と言っている人は、単純にリーディング上位のジョッキーを狙っていることが多いです。

ですが、リーディング上位のジョッキーは、すでに大人気なので、単純にそれだけを購入しても、回収率は上げにくいです。


代表的なのが武豊。

最近でこそ、あまり人気のない馬でも勝ちますが、昔は武豊が乗るだけでその馬が人気になってしまったので、武豊から流すと、回収率が下がるという状況でした。



▼また、「単勝を買い続けると儲かる騎手」というデータもあります。

これは「単勝回収率」で判断しているのですが、単勝回収率だけで馬券購入するのも、あまりオススメしません。


なぜかというと、単勝回収率がプラスのジョッキーを、全レース買い続けることは、ほぼ不可能だから。

単勝回収率がプラスになるということは、超人気薄で、たまに勝つというケースが多いです。



▼100レース乗って、1回しか勝てなくても、それが万馬券だったら、「回収率プラスのジョッキー」ということになるわけです。

でも、馬券を購入する私たちとしては、100レース購入して1レースしか当たらなかったら、なかなかストレスが溜まります。


それに、たまたまその万馬券で勝ったレースを購入していなかった時には、もう嫌になってしまいます。

ですから、1人の騎手を狙い続けるというのは、余程のファンでない限りは、現実的ではないわけです。


朝の1レースから、最終12レースまで、「この騎手の単勝を買い続ければプラスになるはずだ!」と、目を血走らせて、人気薄の単勝を購入し続けるのは、精神的にかなり厳しいです。
(経験談)



▼ジョッキーで狙うとしたら、「そのジョッキーが得意なレース条件を狙う」というのは、アリだと思います。

天才アンカツでも、中山競馬場では、イマイチだったように、それぞれ騎手には得意なコースがあります。

それを狙っていくというのであれば、騎手で狙うというのもアリなのかなという気がします。



▼それでも私は、騎手はあまり見ていません。

馬が強くて、馬の調子が良くて、馬の得意な条件であれば、誰が乗っても勝つときは勝つからです。
(極論ですが。)



▼とは言え、「騎手で馬券収支をプラスにする」のも、可能です。

上述したように、「条件を絞っていく」ことで、それは可能になります

具体的なデータを見てみましょう。


【芝の特別戦】

・2010年~2015年9月
・芝の特別戦


◆上記条件の単勝回収率

Mデムーロ 131%

北村友一 114%

四位洋文 103%

松田大作 117%



はい。

過去5~6年で、芝の特別戦で上記の騎手の単勝を買っていれば、プラス収支になるわけです。

ルメールもかなり優秀ですが、単勝回収率99%で、惜しくもプラスならず、という感じです。



▼次に、「ダートの特別戦」のデータを見てみましょう。


【ダートの特別戦】

・2010年~2015年9月
・ダートの特別戦


◆上記条件の単勝回収率

横山典弘 103%

川田将雅 124%

田辺裕信 130%

戸崎圭太 131%

吉田隼人 153%

松田大作 139%



はい。こんな感じ。

芝よりダートの方が、狙える人数は多いですね。

ミルコ・デムーロや、ルメールは、芝では儲かる騎手ですが、ダートだと少し信頼度が下がります。


松田大作はどちらもランクイン。
彼は、特別戦で人気薄を勝たせることが多いので、回収率が高く、儲けやすい騎手と言えます。



▼ちなみに、ダートのデータをさらに絞り込んでいくと、面白いです。

横山典弘 271%

という条件があります。

「ダート1200m」ですね。

つまり、特別戦のダート1200では、横山典弘を買っておけば、利益を出しやすい傾向にある、ということです。



▼ということで本日は、「単勝で儲かる騎手」について書いてみました。

私なりにまとめると、


騎手で買うなら、その騎手が得意な条件を分析して、ピンポイントで狙うのが良いと思う

私はそう考えています。



また、騎手だけで狙うより、さらに複合的に予想ロジックを組んだほうが勝ちやすいです。

例えば、


「東京2400mの特別戦なら、芝の特別戦が得意な騎手かつ、内枠の馬を狙う」とか、

「夏のダート重賞レースなら、ダートの特別戦が得意な騎手かつ、牝馬を狙う」


という感じで、騎手だけでなく、複合的に期待値の高いロジックを融合させるわけです。

これができるようになると、一気に回収率が上がります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まあ、本日の記事のように、騎手だけでも勝とうと思えば勝てます。

いずれにしても大切な事は、「仮説を立ててデータ分析してみること」だと思います。


なんとなくのイメージで適当に馬券を買えば、どんどんマイナスが増えていきますので要注意ですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ケーススタディ【川田騎手データ】


▼さて、「単勝で儲かる騎手」の話を続けましょう。

これを読んでいる人も、多くの人が購入するレースは、後半の9~11レースあたりだと思います。

午前中の1~5レースにも、おいしいレースや、おいしい馬は存在していますが、あまり午前中からゴリゴリと馬券購入している人は少ないので、第一部と同様に、ここでも「特別戦」の騎手データを考察してみたいと思います。



▼騎手で馬券を買うなら、

「芝とダート」そして「距離」

私の場合は、ここだけは明確に分類して、騎手の特性を認識するようにしています。



▼一般的に、リーディング上位の騎手は、どんなレースでもうまい事は確かです。

しかし、「騎手で利益を出す」というところまで考えていくなら、もっとシビアにデータ分析していかないと厳しい。


芝とダートは、その特性が全く違います。

馬でも、芝馬とダート馬がいるように、騎手でも、芝のレースが得意な騎手と、ダートが得意な騎手がいると思うわけです。
(あくまで私ブエナの自説です)



▼例えば、「川田将雅ジョッキー

マカヒキでダービージョッキーにもなりました。若手の有望株ですね。

彼の場合は、基本的に儲けやすい騎手だと、私は考えます。

ただ、狙いどころがちょっと難しい。

具体的なデータを見てみます。


【川田将雅データ】
特別戦
2010~2016.9
1565レース分析(ブエナ調べ)


単勝回収率 89%
複勝回収率 86%


はい。
川田将雅は利益を出しやすい騎手だと思いますが、フィルタリングなしで、すべてのレースを購入すると、利益を出すまではいかない。

ここからさらに絞ります。


【川田将雅ダート】

単勝回収率 114%
複勝回収率 99%


はい。
ダート戦で、川田将雅から買っておけば、回収率はかなり上げやすくなると思います。
(過去5~6年の特別戦)



【川田将雅 芝の2000m以上】

単勝回収率 118%
複勝回収率 88%


はい。
芝のレースで、川田将雅を狙うなら、短距離ではなく、2,000メートル以上の長い距離が吉。

このようにフィルタリングしていくと、単純に川田騎手を買い続けてもマイナスのところ、プラスにすることが可能になる、ということになります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング