川田将雅騎手のデータと回収率~成績からの狙い目は?

川田将雅(かわだゆうが)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、JRAの若手騎手の有望株、川田騎手について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼川田騎手のデータを、2010年から遡って見てみます。

しばらくデータ(2010年~2017年)を眺めていて、私ブエナが感じたこと↓


・川田騎手は、大体どのレース条件でも安定した成績を残すタイプの騎手

・ただ、G1の回収率は低め(単勝回収率59%、複勝回収率38%)

・G2~G3を含めた、重賞レースの回収率も低め(単勝回収率65%、複勝回収率67%)

・500万条件と1600万条件では、単勝回収率が100%を超えている。非常に優秀

・競馬場別にみると、東京競馬場と新潟競馬場での単勝回収率120~130%。かなり優秀

・でも同じ左回りの中京は、あまりよくない

・距離的には、2000メートルと2400メートルの回収率が優秀



はい。
あくまでも私ブエナの見解ですが、川田騎手のデータを見ていると、上記のような印象を受けます。



▼トップジョッキーになると、よくあるパターンとして、

「賞金が高いレースだけ成績が良くて、下級条件では回収率が低い」

というパターンになりがちです。

例えば、Mデムーロ騎手や岩田騎手などは、大舞台に強い傾向です。



▼その点、川田騎手は、どんなレース条件でも安定して結果を出してくる印象。

賞金が低いレースでも手を抜かず、しっかり乗ってくる感じですね。



▼その反面、G1などビッグレースでの勝負強さは、やや欠ける印象。

もちろんG1タイトルもたくさん取っている騎手なので、勝負弱いという事はないんですが、回収率的なデータを見ると、川田騎手は、G1ではちょっと回収率が低い印象。



▼ちなみに、川田騎手のG1獲得タイトルは↓


サトノアラジン 2017安田記念
マカヒキ 2016ダービー
ラブリーデイ 2015宝塚記念
モーリス 2015安田記念
ラキシス 2014エリザベス女王杯
ハープスター 2014桜花賞
ジェンティルドンナ 2012オークス
ビッグウィーク 2010菊花賞



はい。
こんな感じですね。



▼ダービーを含め、クラシックも数多く制し、若手としてはトップレベルの成績だと思います。

ただ上述したように、回収率的にはどうも上がってこない。

G1では、単勝回収率59%、複勝回収率38%ですから、G1で積極的に川田将雅騎手を狙っていくと、大赤字になります。



▼G1で川田騎手を狙う場合、ひとつのコツとして、

「1~7番人気の川田騎手を狙う(G1の場合)」

という考え方があります。


ここまでのデータを見ると、川田騎手はG1で大穴を開けるタイプの騎手ではないので、人気馬~中穴で狙っていくと、G1でも回収率が上がりやすい感じ。

1~7番人気に限定すれば、G1でも単勝回収率104%、複勝回収率68%まで上昇します。



▼川田騎手の場合、G1でも「2000メートル~2400メートル」の成績が良い傾向です。

G1は、安田記念を2勝していますが、マイルG1の回収率的には、単勝回収率42%、複勝回収率20%と、狙えない感じ。

サンプル数がそれほど多くないので、データとしてはまだ未完成ですが、1番人気を飛ばすことも多いので、川田騎手のマイルG1は、ちょっと厳しめに判定した方が良いかもしれません。



▼ここまで見てきたとおり、川田騎手の場合、短距離レースをタイミングで勝負するタイプではなく、中長距離レースで道中折り合いをつけ、直線で剛腕勝負・追い比べ、というスタイルの方が回収率が高くなっている印象。

ダービーのマカヒキなどは、まさにそれがピッタリとハマったレースで、川田騎手の長所が100%出ていたレースだったと思います。



▼あと、東京競馬場と新潟競馬場の回収率が非常に高い騎手です。

剛腕なので、直線が長く、のびのびと走れるコースは、相性が良いのかもしれません。

川田騎手は、小回り競馬場で狙うより、直線が長い大きな競馬場で狙う方が、利益は出しやすい印象です。



▼ちなみに、私ブエナが川田騎手をよく狙う条件は、

「重賞レース以外で、芝の2000mと2400m」

です。

この条件の川田騎手は、単勝回収率が100%を超えており、非常に信頼できる印象です。

ご参考まで。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング