藤田菜七子騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方。女性騎手

藤田菜七子(ふじたななこ)ジョッキーデータと特徴・得意条件


▼本日は、藤田菜七子騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2016年までさかのぼって、藤田菜七子騎手のデビューからの全データ(2016年3月~2018年2月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は34%と、馬券的には全く儲からない印象。

・藤田菜七子騎手は、あまりにもファンが多すぎて過剰人気になるので、彼女の馬券で利益を出すのはかなり難しいと思う。

・人気別に見ると、「1~3番人気の複勝回収率」が85%と優秀。意外と人気馬をしっかりと走らせる。ただ、単勝回収率は54%なので、2~3着が多い印象。勝ち切れない。

・藤田菜七子を狙うなら、1~4番人気かなと。5番人気以下の回収率は、単勝回収率27%・複勝回収率32%と、狙いどころがない感じ。

・クラス別に見ると、「500万条件」が、一番安定はしている。が、それでも回収率は50%前後しかない。

・競馬場別に見ると、「新潟の直線1000m」で、単勝回収率352%・複勝回収率136%と優秀。ただサンプル数が少なく、まだまだ確率収束していないので、何とも言えない。

・競走番号別に見ると、「最終12レース」の単勝回収率が125%と高い。最終レースで一発狙ってくることがある。

・年度別に見ると、デビューから少しずつだが勝率・連対率・回収率がすべて上昇してきている印象。これからの競馬人気のために、さらに腕を磨いてほしいと思う。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは彼女がデビューした2016年からの、すべての成績を見てみます。


藤田菜七子騎手データ(2016年~2018年2月)

759レース騎乗

勝率3.0%
連対率7.4%
複勝率10.4%

単勝回収率34%
複勝回収率41%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼藤田菜七子騎手。

今までにも何人かJRAに女性騎手は生まれましたが、その中でもダントツの人気を誇る騎手。

テレビ番組にも出演し、アイドル並みの人気です。


そんな藤田菜七子騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「藤田菜七子騎手は、正直、儲からないと思う。まだ腕が未熟という部分もあるが、それ以上に、彼女は人気がありすぎて馬券が売れすぎる。実力以上にオッズが低くなるので、利益を出すのはかなり難しい印象。新潟の直線1000メートル以外は、狙いどころがない」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず、日本の競馬で利益を出すためには、「オッズの歪み」を狙っていかなければならない。
(マツリダ予想より引用)

それはつまり、「強いのに、あまり馬券が売れていない馬」を狙うということです。

これができなければ、絶対に馬券で長期利益を出すことはできません。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼そう考えると、藤田菜七子騎手は、馬券で利益を出すにはかなり不利な条件下にある。

なぜかというと、彼女はマスコミが持ち上げるし、JRAも広告塔としてプッシュしているので、あまりにも知名度が高いからです。



▼知名度が高い。アイドルのような人気がある。追っかけがいるくらい。

そうなってくると、必然的に「過剰人気になる」わけ。

彼女が騎乗する馬は、普通の騎手が騎乗するより、はるかに馬券が売れる印象。

異常オッズになっていることも多々あります。



▼このような状態では、藤田菜七子騎手の馬を狙っても利益は出ない。

むしろ、「藤田菜七子に投票が集まった分、他の馬の期待値が上がる」ように思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼そんな中、藤田菜七子騎手の「1~3番人気」の成績は、なかなか優秀だと思う。

単勝回収率54%
複勝回収率85%

ですね。

単勝回収率は低くなっていますが、2~3着に持ってくる指標の複勝回収率85%は、好成績です。



▼私ブエナは、藤田菜七子騎手を積極的に狙うということはしませんが、あえて彼女の馬券を買うとしたら、

「1~3番人気の2~3着狙い」
「新潟の直線1000m」

今のところ、この2つの条件では、藤田菜七子騎手は回収率が高いので、このあたりで狙っていくと良いかなと感じています。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





藤田騎手は、1~3番人気の時に、2着固定で狙う


▼藤田ななこ騎手のデータについての考察を続けます。

彼女の場合、2016年デビューなので、とにかくデータが少ない。

重賞レースに絞り込んでしまうと、サンプル数が少なすぎてデータが機能しないので、ここでも全データから分析してみたいと思います。



▼藤田菜七子騎手を狙う場合は、「1~3番人気で、2~3着に来ることを想定する」という馬券戦略が、現在のところは有効だと考えます。

1~3番人気の回収率は、単勝回収率59%・複勝回収率85%、となっています。

単系馬券ではちょっと勝負できない数字になります。

しかしその半面、複勝回収率は優秀で、このゾーンは狙い目かと。



▼先ほども少し書きましたが、藤田菜七子騎手は、ある意味、「祭り上げられた人気」がある。

彼女を前面に出すことで、JRAは馬券が売れるし、マスコミは競馬新聞・競馬雑誌などのメディアが売れるわけです。

だから、彼女のルックスや若さを最大限に利用して、競馬人気を盛り上げようとする風潮があります。



▼その結果として、彼女の馬券は、馬の能力以上に売れてしまう。

なので、全体的な回収率を見ても、完全にマイナスになってしまうんですね。

日本の競馬は、変動オッズなので、過剰人気になればオッズが下がり、回収率も下がるわけです。



▼そんな状況なので、彼女のデータを見ていても、ほとんど利益を出せるゾーンがない印象です。

なので私ブエナは、基本的には、藤田菜七子騎手の馬券は購入しません。

人柄は良さそうだし、好きな騎手ではありますが、馬券で利益を出すのは難しいと思うからです。



▼そのような状況で、「1~3番人気」の複勝回収率が85%もあるというのは、かなり優秀だと思います。

特に、1~3番人気で2着が多い。

という事は、藤田菜七子騎手が1~3番人気の時、「馬単の2着固定」などは、回収率を引き上げるのに有効だと思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング