競馬の勝ち組の買い方。勝っている人はどんな買い方をしているか。負け組との違い。馬券種

競馬の勝ち組は、どんな買い方をしているのか?


▼本日は、競馬の勝ち組の買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼競馬には、「勝ち組」と「負け組」が、厳然と存在しています。

何をもって勝ち組とするか?

私ブエナの考えでは、「年間プラス収支が勝ち組」だと考えます。



▼1年間馬券を買い続けて、回収率が100%以上なら、それは勝ち組でしょう。

でも、年間プラス収支の人の割合は、とても少ない。

私ブエナの感覚では、競馬の勝ち組の比率は、3~5%くらいという印象です。



▼では、この5%に入るためには、競馬の勝ち組に入るためにはどうすればいいのか?どのような買い方をすればいいのか?

これは意外とシンプルで、当ブログでいつも書いている通りですが、

期待値の高い馬券だけを狙って購入する

これだけです。



▼ちなみに私ブエナも、少額ですが、近年は年間プラス収支が続いています。

もともと馬券下手だった私ですが、マツリダ予想で馬券期待値の概念を学んだことで、年間プラス収支まで浮上しています。



▼では、期待値の高い馬券とは何か?

これは、「過小評価されている馬券」です。



▼中央競馬は、投票数に応じてオッズが変動するシステムになっています。

なので、どんなに強い馬でも、過剰人気になってしまうと、確率的に儲からない馬になってしまうわけです。



▼逆に、力の劣る馬でも、多くの競馬ファンが購入せず、過小評価されている場合は、利益が出る馬になります。

なので、強い馬を探しても勝ち組にはなれない。

ぶっちゃけ、一番強い馬なんて、1番人気の馬なんですよ。

だから、一番強い馬を探しても、何の意味もないんですね。



▼で、過剰人気と過小評価を探すためには、自分の武器が必要です。

私ブエナが、当ブログでいつも言っているのは、

データ・パドック・血統」ですね。

この3つのうち、どれか1つでも極めれば、過剰人気と過小評価を探し出すことができるので、馬券の勝ち組に近づきます。



▼過剰人気に関しては、代表的なものが、「断然の1番人気馬」ですね。

断然の1番人気馬は、めちゃくちゃ強いです。

単勝1倍台の馬などは、80%くらいの確率で、3着以内に入ってきます。



▼しかし、このような断然の1番人気馬から馬券を構成しても、まず利益は出ないと思います。

初心者さんは特に、「◎◎◎◎」という強い馬から馬券を購入してしまいがちですが、このような過剰人気の馬は、上述したような理由により利益が出ないので、こればかり買っていては、勝ち組から遠ざかるわけですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





勝ち組と負け組の違い


▼競馬の勝ち組の買い方についての考察を続けます。

勝ち組は、勝つべくして勝っている。

それはつまり、期待値を考えて馬券購入しているわけです。



▼例えば、単勝10倍の馬がいたら、その馬の勝率をなんとなくでも計算できるのが勝ち組。

単勝10倍で、想定勝率10%以上なら、単勝でも長期回収率はプラスになるわけです。



▼競馬の負け組は、オッズを見ない。

自分が目をつけた馬を購入するだけ。

そこに期待値計算は入っていません。だから長期回収率がマイナスになるんですね。



馬券種に関しては、なんでもいいと思います。

私ブエナは、数多くの競馬の勝ち組を見ていますが、馬券種は人それぞれですね。

勝ち組に多いのは、やはり三連複・三連単です。

三連系の馬券は、難しい代わりに利益を出しやすい。

馬券が上手い人は、三連単が大きな武器になります。



▼逆に、まだ馬券に詳しくない人が三連単に手を出してしまうと、負け組へ一直線です。

三連単というのは、中央競馬で最も難しい馬券。

もっとも細分化された馬券なんですね。

なので、何も考えずに三連単を購入すると、どうしても買い目点数が多くなってしまい、どんどんマイナスが増えます。



▼このような失敗を防ぐため、あなたがまだ勝ち組では無い場合は、三連単は避けた方が良いかと思います。

最初はまず、期待値を考えてみる。

そのレースで、過小評価されている馬はどれか?

極端な話、過小評価されている馬を探すことさえできれば、もう競馬の勝ち組になったも同然なんですね。



▼シンプルな例で言えば、

「断然の1番人気に死角がある時、2~3番人気あたりから軸を選んで、流し馬券」

このような単純な馬券構成でも、意外と回収率が上がったりします。



▼断然の1番人気に死角がある時というのは、その1番人気馬「以外の」馬の期待値が急上昇するわけです。

1番人気というのは、最も多くの投票が集まります。

なので、1番人気が凡走すれば、配当は跳ね上がる。



▼軸はなるべく人気馬の方が、的中率が安定するので、2~3番人気あたりから軸を選んで、中穴に流す。

私ブエナの場合は、このようなシンプルな買い方をすることが多いです。

これだけでも極めれば、勝ち組の回収率100%ぐらいまで行くと思いますが、勝負レース数が少なくなるので、もっと武器は多いほうが好ましいですね。



▼勝ち組の買い方としては、その他にも、「馬連1~2点買い。ワイドも同じ買い目を押さえる」というものがあります。

これは、少点数で馬連の的中を狙いつつ、念のために保険として、ワイドを押さえておくという戦略です。



▼リスクヘッジのためのワイド、という概念ですが、これをやっている勝ち組は意外と多かったりします。

通常、馬連というのは1-2着の連対馬をピタリ当てなければなりません。

これ以外は不的中となりますが、ワイドを押さえておくと、この的中の幅が広がります。



▼つまり、1-3着と2-3着でも的中になるんですね。

たとえば、馬連1-2番人気を1点で狙うとする。ワイドも同時に購入する。

そうすると、もし1-5-2番人気での決着になったとしても、馬連は外れですが、ワイドは的中となります。



▼もちろんワイドなので、配当は小さく、利益を出すのにはあまり向いていません。

ただ、この場合のワイドは、利益を出すための駒ではなく、あくまでも保険馬券という位置づけになります。



▼馬券投資を考える際に、「完全に外れ」と「押さえだけど的中」とでは、資金の回転効率が全然違ってきます。

完全に外してしまうと、その時点で賭け金はゼロになる。

これを繰り返していくと、自己資金がどんどん減少してしまい、賭けるお金が減っていきます。



このような資金の動きは、縮小再生産であり、勝ち組の条件である「利益を転がす」という状態と真逆になります。

勝ち組は、少しずつ手元の資金を増やしていき、定期的に賭け金を増額して、さらに利益を増やしていく。

そのためには、できるだけ手元の資金を減らさないようにすることが重要なわけです。



▼資金を減らさないためには、「完全に外れ」という状態をできるだけ少なくしたい。

そのために、馬連のリスクヘッジとして、ワイド馬券を同時購入するわけです。



▼これの応用として、三連複とワイドの同時購入とか、馬単と馬連の同時購入という戦略もあります。

いずれも的中の幅を広げて、資金の減少を防ぐのに役立つ買い方になります。



注意点としては、押さえ馬券を増やすと、買い目点数が増えてしまうという点です。

あまり買い目点数を増やしてしまうと、合成オッズが下がり、長期回収率も下がりやすくなってしまうんですね。

なので、闇雲に押さえ馬券を増やすのではなく、回収額を計算しながら押さえていくことが重要になります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング