競馬は勉強すれば勝てる。馬券知識を増やせば勝ち組になれる理由。勝てるようになるコツ

競馬は勉強すれば勝てるギャンブルである


▼本日は、競馬は勉強すれば勝てる理由について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼競馬はギャンブルなので、一攫千金とか、努力しないで大儲け!みたいなものを求めている人が多いです。

でも、競馬は宝くじとは違うので、勉強しない人は負けるし、勉強する人は勝てます。



▼正確に言えば、勝っている人は、競馬を勉強している。

勉強した人が、全員競馬でプラスになるわけではない。

その辺は、厳しい世界です。



▼でも、正しいやり方で努力を重ねれば、少しずつ回収率は上がり、勝ち組に近づいていきます。

勝てるようになるまでの時間は人それぞれですが、競馬は勉強すれば、少しずつ勝てるようになっていくゲームです。



▼注意点として、

競馬に詳しくなる事と、馬券に詳しくなる事は、全然違う

という部分があります。



▼競馬に詳しい人というのは、世の中に星の数ほどいます。

「どの馬の父親は誰で、G1成績はこんな感じで・・・」という、いわゆる競馬マニア。

これはこれで競馬の楽しみ方としていいんですが、競馬に詳しくても馬券で勝てるわけではない。



▼馬券で利益を出すためには、競馬の事は知らなくてもいいから、馬券やギャンブルの基本については、絶対に知っておかなければならない。

当ブログでは、無料で競馬情報を公開していますが、それを読むだけでも、基本的な事はわかると思います。



▼馬の名前は知らなくてもいい。

その代わり、過剰人気とか、合成オッズとか、資金配分とか、そういう馬券の基礎は必ず勉強してください。

馬券知識を増やせば増やすほど、回収率は上がり、お金が減らなくなっていきますよ。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





1つのレースにこだわりすぎると、競馬の勉強をしても負ける


▼競馬は勉強すれば勝てるという点についての考察を続けます。

前回の記事でも、競馬の勉強についての考察をしてみました。
 ↓
競馬の勉強方法

ここでは、さらに詳細な内容について考えてみたいと思います。



▼まず、競馬はギャンブルであり、遊びなので、あまり真剣に努力している人がいません。

なので、あなたが真剣に努力すれば、意外と勝ち組に入るのは難しくなかったりする。



▼競馬の勝ち組の割合は、私ブエナの経験上では、3~5%くらいかと思われます。

3%と聞くと、かなり難しそうな気がしてきますが、ほとんどの人は競馬の勉強などしていないので、実際の競争率はもっとずっと下がります。



▼競馬の勉強として、まず「馬券種と買い方

これは知ってて当たり前なんですが、よくわかっていない人も多いです。

フォーメーションって何??という人も多い。



▼流し・ボックス・フォーメーションくらいは、知っていて当たり前です。

大切なお金を賭けるわけですから、しっかりシステムを理解してから勝負しなければならない。



▼流し・ボックス・フォーメーションは、どれが勝ちやすいのか?

これについては、ケースバイケースなんですね。

「これが勝ちやすい!」というものはないです。

流し馬券が有利な条件もあるし、フォーメーションの効率が良い場合もある。



▼競馬のレースというのは、それぞれが特徴を持った、唯一無二の生き物です。

なので、そのレースに合った買い方をしなければならない。

それを理解するためには、各レースごとにどのような特徴があるのかを知らなければならないわけです。



▼レースによっては、1頭が断然人気になるレースもある。

あるいは、どれが1番人気かも分からないような、大混戦のレースもある。

あるいは、3頭が強い3強レースもある。



▼このようなレースタイプごとに、ベストな馬券種や買い目を選んでいくわけです。

そのためには、自分の中でそのレースを分類するだけの知識がなければならないわけですね。

ここを、競馬の勉強・馬券の勉強という形で理解を深めていくわけです。



▼競馬は勉強すれば勝てるようになりますが、大切なのは、俯瞰するということです。

全体観を大切にする。

これができないと、いつまでたっても競馬で勝てるようにはなりません。



▼ダメな例としては、「ひとつのレースにこだわりすぎて、視野が狭くなっている」という状態です。

この状態に陥っている人は、本当に多いです。

例えば、G1レースのVTRを何度も見る。

それ自体は悪いことではないんですが、「その1レースで結論を出そうとしてしまっている」わけですね。



▼「この京都のレースでは、人気薄の逃げ馬が2着に粘った!よし!京都競馬場では、逃げ馬の2着固定だ!」

このような結論づけ。

たった1レースで、すべてが分かったかのような結論を出してしまう。

これは競馬で負けるパターンです。



▼そうではなく、もっと全体を見て、50レース・100レース以上の結果から、使えそうなルールを抽出していくことが重要です。

いわゆる、データ分析ですね。

データ分析のサンプル数は、基本的には多ければ多いほど精度が上がるので、パソコンソフトなども駆使しながら、出来る限り多くのレースをサンプルとして集めることが重要です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング