当たる競馬予想の仕方。よく的中する馬券構成と馬券種。おすすめは馬連とワイドのボックス買い

当たる競馬予想の仕方


▼本日は、よく当たる競馬予想の方法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼当ブログではいつも書いていますが、競馬で馬券を当てるのは、それほど難しいことではありません。

基本的な馬券の仕組みさえ理解していれば、当てる事は簡単です。



▼まず、私ブエナが、よく当たると思う競馬予想の仕方について、ポイントを書いてみます。


①10番人気以下は無視する

②軸馬は、1~3番人気から選ぶ



はい。
これらは、マツリダ予想の手法ですが、上記の2つを守るだけでも、簡単に馬券が当たるようになると思います。



▼まず、「10番人気以下の馬」ですが、あまり馬券に絡む事はありません。

もちろん、10番人気以下の馬が来て、万馬券になることはありますが、全体的な出現率を考えると、無理に狙わなくても良いかと。



▼また、10番人気以下の馬は、過剰人気にもなりやすく、回収率が下がりがちなので、競馬上級者以外は軽視してもいいのかなと思うわけです。

10番人気以下の馬を狙うなら、「荒れる条件のレース」で狙うことが重要ですね。

(※ちなみに、重賞レースでは、10番人気以下の馬でも来てしまうので、要注意)



▼次に、「軸馬は、1~3番人気から選ぶ

流し馬券などを構成するときに、軸馬から流すと思いますが、この軸馬は、人気馬の方が明らかに的中率が上がります。

人気薄から流した方が高配当の魅力はあるんですが、よく当たる競馬予想の仕方、というテーマで考えた場合は、軸馬は1~3番人気から選んだ方が効率が良いですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





よく当たる馬券種と、ボックス馬券の買い方


▼当たる競馬予想の仕方についての考察を続けます。

ここでは、「馬券種」について考えてみたいと思います。



▼よく当たる競馬予想の方法、というテーマで考えた場合、3連系より2連系の方が、馬券はよく当たります。

これは当たり前で、「総買い目点数」が全然違うからですね。

単純確率で考えても、3連系は的中確率が低くなります。



▼馬券を当てることを考えた場合、「馬連」が使いやすいかと思います。

馬連は1~2着だけ当てればいいので、初心者さんでも予想がしやすいのが特徴です。



▼また、1~2着になる馬(連対馬)というのは、そのレースの中でも力が抜けている馬が、連対するケースが多いです。

3着馬というのは、力が劣っていても、ちょっとした展開のアヤでどんな馬でも来てしまうんですね。

そう考えると、当てることを考えるなら、やはり1~2着を予想する馬連が良いかと思います。



▼ちなみに、的中率だけを追求するなら、「複勝」という手もあるんですが、私ブエナはあまりお勧めしません。

なぜなら、複勝馬券は的中率は非常に高いんですが、回収率がなかなか上がらないからです。

複勝は配当が低すぎて、当てても当ててもお金が増えない。

長い目で見ても、長期回収率は80%くらいで止まってしまい、プラスになりにくい馬券です。



▼なので複勝はあまりお勧めしませんが、「ワイド」ならお勧めです。

ワイドは、1~3着に入る馬を2頭、予想する馬券です。

馬連だと1着3着はハズレですが、ワイドなら的中になります。



▼このワイド馬券で、本命サイドを1~2点買いすると、かなり高い的中率になります。

配当は低いんですが、ワイド馬券で本命サイドを購入する人は少ないので、過小評価になりやすく、回収率が上げやすい印象です。



▼あるいは、ワイドで軸馬を人気馬にして、相手を中穴4点くらいに流す。

これも、よく当たる競馬予想の仕方になります。

ただ、ワイド流しの場合、合成オッズが低くなりやすく、回収率が上げにくいのがデメリットですね。

的中率は高いですが。



▼あとは、「ボックス買い」というやり方もあります。

流し馬券より、ボックス馬券の方が、当たる予想方法になります。

特に、「馬連5頭ボックス」は、非常に的中率が高く、初心者さんにもオススメの馬券構成になります。



▼あるいは、「ワイド4頭ボックス」というのも、なかなか使える予想方法です。

ワイドboxの場合、トリプル的中があるので、一気に回収率を引き上げることが可能になります。

ここが馬連boxとは違うところですね。

馬連の場合、的中馬券は1つだけなので、boxで購入しても的中は1点だけになります。



▼このような感じで、競馬で的中率を上げる方法はたくさんあるわけです。

ただ、的中率を上げることのデメリットもあります。

それは、回収率が下がりやすいことですね。



▼マツリダ予想でも、「当てに行くと負ける」と言っているように、競馬においては、あまり的中率を求めすぎない方が良いとも言えます。

馬券で勝つには、的中率と回収率の最適な均衡点を探す必要がある。

よく当たる競馬予想の仕方を追求しながらも、あえて当てに行かないという感覚も重要になると思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング