競馬で勝っている人の割合は?勝ち組の比率。馬券で負けている負け組の特徴と傾向

競馬で勝ってる人の割合


▼本日は、勝ち組の比率について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼「競馬は全員が負けるギャンブルだ!」とか言っている人もいますが、競馬には厳然として「勝ち組」が存在しています。

しかし、その割合は非常に少ないものです。



▼競馬の勝ち組比率については、誰も調査した人がいないので、私ブエナの周りにいる競馬ファンから、概算で勝ち組の比率を出してみます。

競馬の勝ち組の比率は、

3~5%

くらいかなと。



▼95%~97%は、負けているということですね。シビアな世界です。

まあでもこれは、競馬だけでなく、株やパチンコなどでもこれくらいの勝ち組比率になるような気はします。



▼でも、競馬の勝ち組が 3%しかいないからといって、絶望する必要はないと思うの。

なぜなら、「ほとんどの競馬ファンは、真剣に馬券と向き合っていないから」

多くの競馬ファンは、遊びで適当に馬券購入しているわけです。



▼真剣にやっていない多数派も含めての、3~5%ってこと。

真面目にやれば、競馬の勝ち組になれる確率はかなり高いと思います。時間と労力はかかりますが。



▼私ブエナも、競馬を始めてから10年くらいは完全な負け組でした。

悪徳サイトにも、何度も騙されています。

それでも、諦めずに粘って馬券の勉強をしていたら、近年はずっと年間プラス収支になりました。



▼どんな世界でも、真剣にやっている人の比率は少ない。

特に競馬の場合、遊びのギャンブルですから、真剣にデータ分析したり、自分の買い目を分析する人は少ないんですね。

逆に言えば、真剣に競馬に取り組むだけで、あなたが勝ち組になる確率は急上昇するわけです。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬券の勝ち組になるための努力とは?


▼競馬で勝っている人の割合についての考察を続けます。

どんな世界においても、勝ち組の比率は少ない。

トップ数%の少数派が、全体の利益のほとんどを持っていってしまっているのが現状です。

参考記事
 ↓
競馬で勝てる人と負ける人の違い



▼一部のモテる男性が、多くの女子を持っていってしまうのと同じですね。

お金においても、少数の勝ち組が、多くの利益を持っていってしまう。



▼これは競馬だけでなく、パチンコでも株でも仮想通貨ビットコインでも、勝っている人は少ないんです。

でも、全体の中から勝ち組を探すのが難しいからといって、諦める必要は全くない。



▼先ほども書きましたが、勝ち組というのは、真剣に馬券に取り組んでいる。

私ブエナの周りでも、年間プラス収支の勝ち組は、みんな例外なく真剣に競馬と向き合っています。



▼逆に、競馬は遊びとして、努力することもなく、一攫千金を狙うためのゲームとしか考えていない人は、全て負け組になっています。

一時的にビギナーズラックで勝てたとしても、その後、確実にその利益は飲まれてマイナスになります。



なので、競馬で勝ち組になるための方法は、「まず、真剣に馬券と向き合うこと」なんですね。

毎週の馬券収支をつけるだけでも全然違う。

これすらもやっていない競馬ファンがほとんどなんですから。



▼あなたは、競馬ソフトでデータ分析を毎日何時間もやっていますか?

あるいは、有料でデータ分析された情報を手に入れていますか?

しっかりとレースを見て、不利があった馬をメモしていますか?



▼真剣に競馬に取り組んでいる人は、これをやっているわけです。

自分でデータ分析したり、レースを見てメモする時間がない人は、誰かが努力した情報を有料で購入するわけです。



▼逆に、真剣に競馬と向き合っていない人は、130円でスポーツ新聞を買ってきて、適当に赤ペンで丸をつける。

データ分析をする手段もないので、単純にスポーツ新聞に◎がたくさんついている馬を買ったり、スポーツ新聞の記者がオススメしている馬を買ったりする。

これでは勝てませんよ。



▼結局、競馬といっても仕事と同じ。

真剣に努力しないと何も結果は出ない。

仕事は真剣にやらないと誰からも評価されませんが、馬券も真剣にやらないと結果は出ないということです。



▼勝ち組になるための努力の方法は、先ほども少し書きましたが、競馬ソフトで分析する。

あるいは、レースをしっかりと見て、次につながる馬をメモしておく。

あるいは、「データ・血統・パドック」のどれか1つを勉強して極める。



▼このような努力が基本ラインになるかと思います。

好きじゃないとできませんね。

でも、競馬は努力すればするほど楽しくなるので、やる価値はあると思いますよ。



▼少数派の勝ち組に回るためには、他の人がやっていないような努力をしなければならない。

みんなと同じことをやっていて、少数派になれるわけがない。



▼競馬本で勉強するなら、100冊くらいは購入して、アンダーラインを引きまくって、自分なりの馬券ロジックを完成させること。

有料情報を活用するなら、月額5,000円未満で、長年続いているサイトを探すこと。できれば5~10年の運営期間がベター。

くれぐれも、札束の画像に誘惑されて、悪徳サイトに入会しないよう、ご注意ください。



▼▼さて先ほど、競馬で勝っている人の割合は3~5%と書きました。

でもこれは、遊びで適当に馬券購入している人も含まれているので、厳密な数字ではありません。



▼しっかり努力している人だけに絞れば、勝ち組の比率は20~30%くらいまでアップすると思われます。

真剣にやれば、4~5人に1人くらいの割合で勝ち組になれる。

これは、競馬以外のジャンルを見渡しても、それほど難しい数字では無い。



▼では、競馬で勝てない人は、なぜ勝てないのか?

反面教師的に、勝てない人の特徴も考えてみます。



競馬で勝てない人の特徴↓


・スポーツ新聞しか武器がない

・ネットの無料競馬情報しか武器がない

・競馬ブログや、メールで届いた無料の買い目にそのまま乗っかる

・競馬場やwinsで、朝から最終レースまで遊んでしまう

・土日の暇な日は、片っ端からレースに参加してしまう

・馬券を購入するのが大好きで、レースを見送ることができない



はい。
これらに該当する人は、競馬でなかなか勝てない傾向にある。



▼まず、「スポーツ新聞しか武器がない人」

このようなタイプは多いです。

別に、競馬の専門誌の方が、スポーツ新聞より勝てると言うつもりはありません。

競馬新聞しか武器がない人も、似たようなものです。



▼ただ、スポーツ新聞だけを頼りにしている人というのは、予想材料にお金をかけない人が多いわけです。

スポーツ新聞なら、130円くらいで購入できるし、競馬以外の記事もあって、なんとなくお得な感じがする。



▼でもこの時点で、もう勝ち組に入るのは厳しいわけです。

なぜなら、競馬の勝ち組というのは、いろいろな情報にお金をかけているからです。



▼負け組は、情報料がもったいないからスポーツ新聞で済ます。

勝ち組は、情報に価値を見出し、そこにお金をかける。

どの世界でも、このような傾向にあります。



▼とは言え、競馬予想の世界は怖い世界なので、闇雲に予想を購入するのはやめたほうがいいです。

世の中には、大金を騙し取ろうとする競馬予想もたくさんあるからです。私の経験談です。



▼なので、競馬新聞だけで戦うのはやめたほうがいい。

でも、使う有料情報は、しっかりと吟味して決めなければならない。

競馬で勝っている人は、この部分のバランス感覚が非常に優れている印象です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング