ワイド総流しの買い方。ワイド全流しと複勝どっちが儲かるか?軸馬の決め方とレースの選び方

ワイド総流しの買い方


▼本日は、ワイド総流しについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼ワイド馬券は、買い目点数を絞り込んで購入するのが基本です。

ですが、変則的な買い方として、ワイド総流しというものがあります。



ワイド総流しというのは、1頭の軸馬から、他のすべての馬にワイドで流す買い方です。

軸馬が3着以内に入れば、確実に2点的中のダブル的中となります。



▼お気づきの方も多いと思いますが、ワイド総流しは、「複勝」と同じ意味になります。

複勝馬券をバラバラにした馬券がワイド総流し、というイメージになりますね。



▼では、ワイド総流しと複勝は、どちらがお得なのか?

これに関しては、基本的には複勝の方が、回収率は高くなりやすい印象です。

複勝馬券の還元率は80%で、ワイドの還元率は77.5%

普通に比較すると、明らかに複勝の方がお得になります。



▼ただ、ワイド総流しにもメリットはある。

それは、「ヒモ荒れ濃厚なレースなら、複勝よりワイド総流しの方が期待値が高くなる」という点です。



▼ワイド総流しの場合、ヒモ馬の入り方によって、配当が大きく変わってきます。

なので、ヒモが本命サイドで決まりそうなら複勝。

逆に、ヒモが荒れそうならワイド総流し。

という感じで、臨機応変に対応すると、回収率が高くなりやすいですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ワイド総流しにおける軸馬の決め方


▼ワイド総流しの買い方についての考察を続けます。

ここでは、具体的なワイド総流しの買い方について考えてみます。



▼ワイドで総流しを仕掛ける場合、まず軸馬をどうやって選ぶかが、最大のポイントになります。

私ブエナのおすすめとしては、ワイド総流しの軸馬は、1~3番人気から選ぶと良いかと思います。



▼ワイドの場合、ついつい高配当を狙って、人気薄からの総流しを狙いがちなんですが、人気薄からの総流しワイドは、回収率がなかなか上がらない印象です。

ワイドで大振りしてくる競馬ファンが多いので、どうしても期待値が下がりやすくなってしまうのかもしれません。



▼なので、回収期待値を考えると、ワイド総流しの軸馬は1~3番人気馬から選択する。

選び方としては、当然、複勝回収率が高くなりそうな馬を選ぶことになります。



▼上述の通り、ワイド総流しは複勝と同じなので、複勝回収率が高い馬は、ワイド総流しの軸馬にしても期待値が高くなるわけです。

ですので、軸馬の好ましい特徴としては、「安定的に2~3着に来る馬」ということになります。



▼競走馬にはそれぞれ様々な特徴があり、「勝ち切れる馬」「勝ち切れない馬」「安定している馬」「安定していない馬」と、色々なタイプがいます。

この中で、ワイド総流しに向いているタイプは、「勝ち切れない馬で、安定している馬」です。



▼ワイドの軸馬ですから、3着以内が必須。

そしてもう一つのポイントとして、

「1着じゃなくてもいい」「連対しなくてもいい」「3着でいい」

このような特徴が、ワイド総流しの軸馬には有効なわけです。



▼通常、馬連で勝負する場合は、軸馬は必ず連対しなければなりません。

また、馬単や三連単の1着固定で勝負するなら、軸馬は必ず1着でなければなりません。

なので、このような馬券で勝負するときは、「勝ち切れる馬」を選ばなければならない。



▼それに対して、ワイド総流しの場合は、1着でなくてもいい。

むしろ、1着になりにくいタイプで、安定的に3着に来るタイプの方が良いわけです。



▼なぜかというと、1着になりやすい馬、勝ち切れる馬というのは、その反面、惨敗するリスクがあるからです。

例えば、逃げ馬や極端な先行馬。

このようなタイプは勝ち切りやすい。単勝期待値が高くなりやすいタイプです。

その代わり、少しでもリズムが崩れると惨敗してしまいやすい。

なので、このタイプは馬単や三連単の1着固定には向くが、ワイド総流しの軸馬には向かないということになる。



▼ということで、ワイド総流しの軸馬を決めるときは、安定的に3着以内に来る馬を選ぶこと。

脚質的には、差し馬が安定しやすいかと思います。



▼それから、重要なのがレース選び

先ほども少し書きましたが、ワイド総流しで勝負するからには、「ヒモ荒れ」が絶対条件になります。

ヒモが固いなら、ワイド総流しではなく、複勝を買うべき。



▼なので、「ヒモ荒れしそうなレース」を探して、そのレースの1~3番人気から軸馬を決める。

これがワイド総流しの基本的な戦略になるかと思います。私ブエナの考えですが。



▼ヒモ荒れしそうなレースの条件としては、まず、午後のレース。

午前中のレースは、比較的堅く収まることが多く、総流しには向かないと思うわけ。

午後のレースから、できるだけ頭数が多いレースを選択する。

出走頭数は多ければ多いほど、ヒモ荒れしやすくなるからです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング