馬単一頭軸の買い方。馬単の軸一頭で勝つ方法は?1着固定・2着固定・マルチのコツ

馬単一頭軸の買い方


▼本日は、馬単一頭軸について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼馬単には、1頭軸・2頭軸・3頭軸とありますが、最もオーソドックスなのが1頭軸です。

さらに、馬単1頭軸には、「1着固定」「2着固定」「マルチ」という攻め方があります。



▼この中で、最も基本的なスタイルになるのが、

・馬単1着固定。2着馬相手8頭(8点)

という形です。



▼まず、1着の軸馬に、単勝回収率の高い人気馬をセットする。

そして2着の相手馬には、中穴馬5頭・大穴馬3頭くらいのバランスでセットします。



▼この買い方のポイントは、なんと言っても、1着固定馬の単勝期待値です。

勝ち切る力がある馬。単勝を買い続けてプラスになるであろう馬。

そのようなタイプを馬単の1着固定にできれば、後は少し広めに2着馬を設定するだけで、長期回収率をプラスにすることができます。



▼この場合は、マルチにはしません。

単勝回収率が高いことがわかっているなら、マルチにする意味がないからです。

単純に高配当が目的でマルチにしてしまうと、馬連を買っているのと同じになってしまうので、基本戦略としては「1着固定」ということになります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬単2着固定で回収率を上げる方法


▼馬単一頭軸の買い方についての考察を続けます。

ここでは、「馬単2着固定の1頭軸」について考えてみます。



▼先ほどは、「馬単1着固定の1頭軸」を簡単に解説しましたが、ここでは2着固定について。

馬単のメリットは、1着固定と2着固定を選べることです。

だから基本的には、マルチは馬単のメリットを消してしまうと思うわけです。



▼1着固定の場合は、単勝期待値の高い馬をセットする。先ほど書いた通りです。

そして2着固定の場合は、複勝期待値の高い馬をセットします。

勝ち切れないタイプ。でも安定しているタイプですね。

このようなタイプの馬は、馬単の2着固定だけでなく、三連複や、三連単の2~3着固定でも活用できます。



▼2着固定にするタイプは、勝ち切れないけれど安定しているタイプなので、脚質的には、差し馬が狙いやすいということになります。

あまり極端な逃げ馬や、極端な先行脚質だと、単勝回収率は高くなるんですが、モロさが出てしまい複勝回収率が低くなってしまいます。

なので、このようなタイプは馬単1着固定には向いていますが、2着固定には向いていないわけです。



▼差し馬は、中団からレースを進めるタイプで、仕掛けが遅れると勝ち切れなくなります。

その代わり、どんな展開にも対応可能で、大崩れしません。

安定的に2~3着に来るタイプなので、このようなタイプを馬単の2着固定にセットすると、長期回収率が上がりやすくなるわけです。



▼したがって、馬単の2着固定では、安定的に2~3着に来る人気馬をセットします。

そして、1着馬の欄には、中穴馬5頭・大穴馬3頭くらいのバランスでセットします。



▼1着馬の欄に、人気馬を入れてもいいんですが、人気馬ー人気馬の組み合わせは、ほとんど回収率に貢献しないケースが多いので、私ブエナの場合は、その組み合わせはカットして、中穴馬をヒモの中心にします。

中穴馬を選ぶ場合は、特に神経質に考える必要はなく、ある程度適当でも大丈夫です。



▼この買い方で回収率を上げるためには、とにかく「2着馬の複勝回収率」が高くなければなりません。

これを考えるのに、予想時間の80%くらい、つぎ込んでもいいくらいです。



まず、レース選びの段階から、「2着馬の複勝回収率」が高い馬を探すことになります。

競馬予想の順番は、まずレースを選ぶことから始まります。

単純に「その日の重賞レース」を適当に買うだけでは、なかなか回収率は上がらないからです。

それどころか、多くの人は重賞レースだけで勝負して、ほとんどみんな負けているはずです。



▼重賞レースで勝負するのが悪いのではなく、その重賞レースが、自分の馬券戦略に合っているかどうかを考えてから勝負するのが大切なのです。

今、考えているテーマで言えば、「馬単の2着固定」

この馬券戦略にマッチするレースを選んでいるかどうかが大切ということですね。



▼例えば、その日の重賞レースが「軸不在の大混戦レース」だったとする。

このようなレースで、「馬単2着固定」を狙っても、ほとんど不発に終わります。

なぜなら、馬単2着固定の戦略は、「安定的に2~3着に来る馬」がいないと機能しないからです。



▼なので、その日の重賞レースが「軸不在の大混戦レース」だった場合は、重賞レースは見送って、別のレースを探すことになります。

あるいは、その大混戦の重賞レースで「馬単ボックス買い」に切り替えるという手もあります。

馬単のボックス買いは、混戦のレースで回収率を上げるのに有効な戦略なので、臨機応変に対応できる人なら、レース選びの段階で戦略をスイッチしていくというのも、回収率を上げるのに効果的ですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング