単勝の買い方。おすすめの馬券構成とコツ。単勝の狙い方・見極め。読み方と予想法

単勝の買い方


▼本日は、単勝馬券の狙い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼単勝は、馬券の中で最もシンプルなものです。

1着を当てればいいだけ。単純明快。

しかし、単純であるが故に、奥が深いのが単勝なのです。



▼単勝で利益を出すためには、単勝の基本を理解した上で、かなり工夫して馬券購入しなければなりません。

では、どのように単勝を買えば、儲けることができるのか?



▼私ブエナが思う、単勝の買い方の例を挙げてみます↓


・本命サイドの単勝1点

・中穴馬の単勝2~5点



はい。
私の場合は、このどちらかの構成にすることが多いです。



▼私の馬券収支は、主に三連複でプラスにしていますが、単勝だけ集計してもプラスになっています。

単勝は、比較的得意な馬券種と言える。

そして、プラスにしている買い方は、上記の2パターンなんですね。



基本的に単勝というのは、「単勝期待値」が高い馬を狙えば、プラスになります。

私の場合は、マツリダ予想やデータ分析から、単勝期待値が高い馬を探して、それを購入するだけ。

自分で競馬新聞を見て、なんとなく単勝を購入するということは、絶対にしません。



本命サイドの単勝で勝負するなら、1点買いになると思います。

合成オッズを考えると、本命サイドで2点以上買うと、回収率が上がらなくなると思うからです。



それに対して、中穴馬なら2~5点の単勝多点買いをしても、回収できます。

中穴馬の単勝多点買いは、合成オッズを高めに維持できるので、利益を出すことが可能になるわけですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





単勝で儲かる馬とは?


▼単勝の買い方についての考察を続けます。

単勝で儲けるためには、単勝期待値が高い馬を購入しなければならない、と上述しました。

単勝期待値が高いという事は、単勝回収率が高いということになるからです。



▼データ分析を少しでもしたことがある人はわかると思いますが、競馬では主に、単勝回収率と複勝回収率がデータ分析の中心になります。

これはそれぞれ、単勝を買い続けた時の回収率と、複勝を買い続けた時の回収率ということになります。



▼単勝期待値と複勝期待値が両方とも高い馬も存在するんですが、基本的にはどちらか一方が高くなるケースが多いです。

そして、単勝馬券で勝負するなら、「複勝回収率は低いけど、単勝回収率は高い」と想定される馬を狙っていくことになります。



▼例えば、「逃げ馬

逃げ馬は、勝つか惨敗か、という極端なレースをすることが多いので、単勝回収率が高くなって複勝回収率が低くなりやすいです。

なので、逃げ馬の単勝というのは、理論的には狙えるということになる。



▼ただ、ここで問題なのは、「逃げ馬の単勝は、過剰人気になりやすい」という部分です。

逃げ馬は、勝率と複勝率のバランスが崩れやすい。

他の馬と比べて、逃げ馬は勝率が極端に高く、複勝率は平凡以下ということになりやすいわけです。



▼なので、単勝を狙うにはもってこいのタイプなんですが、それは競馬ファンもよくわかっている。

だから、逃げ馬の単勝馬券というのは、やたらと売れるわけです。



逃げ馬のオッズを定点観測するとわかると思いますが、単勝オッズだけが極端に低いというケースが多いです。

こうなってしまうと、いくら逃げ馬の勝率が高くても、過剰人気になっているので、利益は出ないわけです。



▼なので、単勝で逃げ馬を狙う時は、「前走で逃げた馬」ではなく、「今走で逃げそうな馬」を狙うことになります。

この違いが分かるでしょうか。



競馬においては、「そのレースで逃げた馬」というのは、ほとんどの場合、高い回収率になります。

つまり、逃げた馬は儲かる。

ただし、「前走で逃げた馬」は、あまり儲からない。

なぜなら上述の通り、過剰人気になるからです。



▼競馬というのは、他の競馬ファンとの戦いです。

だから他の競馬ファンが目をつけそうなファクターというのは、利益に繋がってこないケースが多い。

他の競馬ファンが見ていないような要素を探して、そこを狙っていくことで利益が出るわけです。



▼そう考えると、「単なる逃げ馬」というのは、誰でも見つけることができる。

そして、逃げ馬の単勝回収率が高いのは常識なので、単勝が売れてしまう。

だから、そこを攻めても利益は出ない。



▼それに対して、「前走は逃げてないけど、今走のメンバーなら逃げそうだ」という馬。

このようなタイプの馬を探すのは非常に面倒です。

だからこそ、他の競馬ファンも目を付けにくい。

その結果、過剰人気にならず、利益を出しやすくなるわけです。



▼「逃げそうな馬」というのは、まず先行脚質ですね。

あるいは、騎手の乗り替わり。

それから枠順。

そして厩舎のコメント。

これらを総合的に勘案していくと、なんとなく「逃げるのではないか?」と感じることがあるわけです。

競馬新聞に「逃げ」とか書いているわけではないので、わかりにくいですが、わかりにくいからこそ利益が出るわけですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング