単勝の必勝法・攻略法を探る。単勝で勝つ方法と勝ち方。必ず勝てる買い方はあるか?

単勝の必勝法

▼本日は、単勝で勝つ方法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「単勝の必勝法は、単勝期待値の高い馬だけを購入することである」

「単勝期待値の判断は、データ・血統・パドックのどれか1つを勉強すればわかるようになる」

「あるいは、追い上げ・増額などの投資法で、単勝必勝法に近いものを作ることもできる」

「追い上げはかなりリスクが高いので、事前に損切りラインを設定し、それを厳守すること」

「単勝で狙う人気ゾーンとしては、中穴馬が最も利益を出しやすい印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼単勝は、プロ馬券師でも購入している人が多い馬券種です。

還元率が80%と高く、使い方さえ間違えなければ、最も利益を出しやすい馬券種と言える。



▼単勝で勝つ方法を考える上で、決めておくことが2つある。

私ブエナの考えですが、列挙してみます↓


1 どのレースを選ぶか?

2 どの人気ゾーンを狙うか?



はい。
単勝の必勝法を求めるなら、まず、この2つが最重要ポイントになります。



▼1つ目が、「レース選び

レースを選んだ時点で、単勝期待値が高い馬の条件というのは決まっており、このレース選びが運命を左右する。

例えば、少頭数のレースなら本命サイドの馬の単勝期待値が高くなりやすいとか、ハンデ戦なら大穴馬の単勝期待値が高くなりやすいとかですね。



▼2つ目が、「人気ゾーン選び

単勝馬券を狙う場合、「本命」「中穴」「大穴」と、主に3つのオッズゾーンから、1つを選択して購入することになります。

これは、レース選びの次に重要なポイントで、それぞれ特徴があります。



▼例えば、本命サイドであれば、勝負レース数をできるだけ少なくする方が良いとか。

大穴サイドなら、勝負レース数を増やしても回収できるとかですね。

「レース選び」と「人気ゾーン選び」を、あらかじめしっかりルール設定しておけば、あまり難しく考えなくても、単勝馬券で長期的な利益を出すことが可能になります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開

▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。




単勝で追い上げ投資法を使う場合の注意点

▼単勝の必勝法についての考察を続けます。

単勝馬券で勝つためには、単勝期待値が高い馬を狙わなければなりません。

単勝期待値は、データ分析や血統・パドックなどから割り出します。



基本的な単勝馬券の買い方については、前述の通りですが、具体的にどの馬を狙うかについては、「データ・血統・パドック」などの個別スキルを磨く必要があります。

単勝馬券の必勝法を考察する上で、表面的な枠組みの買い方は比較的簡単にお伝えできるんですが、この馬券スキルについては、なかなかお伝えしにくい部分があります。



▼競馬はあまりにも奥が深く、単純に「ダートで逃げ馬が外枠に入ったら、単勝で勝負!」みたいなシンプルな戦略では、なかなか利益を出すことができません。

確かに、ダートで逃げ馬が外枠に入れば、砂を被らずにスムーズに逃げることができるので、期待値は上がりやすい。

でも、その1本だけの戦略で、プラス回収まで持っていく事は難しいわけです。



▼シンプルな戦略で単勝必勝法を考えるとすれば、「投資法」を用いることになります。

例えば、「追い上げ

これは、馬券が外れた時に、次のレースでは賭け金を増額して勝負する戦略です。



▼馬券が外れたら、次のレースは倍額で勝負!

このやり方なら、一見すると、単勝必勝法のようなものが見えてきます。

外れた次のレースで増額すれば、次に的中したときに、前に負けた分も回収できるからです。



▼ただ、このような単純な追い上げは、当ブログでは非推奨です。

なぜなら、単純な増額は「あまりにもリスクが高いから」

簡単に計算してみてもすぐわかりますが、賭け金を倍々にしていくと、あっという間にとんでもない金額に膨れ上がります。



▼なので、単純な単勝の増額投資法は、現実的ではない。

しかしながら、一工夫することで、増額が有効に作用するケースもあるわけです。



▼例えばそれは、「損切りラインを設定する

単勝馬券が外れたら、次のレースから賭け金を増額するわけですが、上述した通り、無限に増額していくのは現実的では無い。

なので、「3回だけ追い上げる」など、回数に上限を設けるわけです。



▼例えば、3回外れたら、一旦リセット。ここで損切りです。

かなり損失が出ますが、それ以上、単勝の追い上げを続ける方がリスクが高いんです。

この損切りによる損失は、最初からあらかじめ計算に入れておきます。



▼この場合のレース選びですが、別に1レースから順番にやっていく必要は全くありません。

自分が自信のあるレースだけ選べばいい。

単勝2倍台の馬で、追い上げに挑戦するなら、はっきりと自信がある馬でだけ勝負すればいい。



▼自分が間違いなく自信があると感じた馬で、もし3連敗したら、そこで損切りです。

基本的には、明らかに自分が自信のある馬だけ狙うわけですから、3連敗する前に的中する確率の方が高い。

そこで積み重ねていった利益と、損切りで失ったお金と、合算してプラスになればいいわけです。



▼この戦略で重要になるのは、やはり「レース選び」になります。

単勝2倍台という事は、単勝1番人気。

ならば、1番人気が能力を発揮しやすいレース条件でだけ、勝負することになります。

さらに、先ほど少し書いたような、「ダートで外枠の逃げ馬」などの条件を加味していけば、より精度が上がり、単勝追い上げ戦略で利益を出せる確率が高くなっていくわけです。



▼▼では次に、「単勝で勝ちやすい人気ゾーン」を考えてみましょう。

当ブログでは、馬券で狙う人気ゾーンを3つに分類しています。


①本命サイド(1~3番人気)

②中穴サイド(4~9番人気)

③大穴サイド(10番人気以下)



はい。
ではこの中で、単勝馬券で勝ちやすいゾーンはどこなのか?



▼勝ちやすい順番に並べてみましょう。

中穴サイド⇒本命サイド⇒大穴サイド

という感じになります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼大穴サイドの単勝馬券は、控除率や過剰投票の影響により、長期回収率が上がりにくい印象です。

もちろん、オッズがかなり高くなるので、的中すればその瞬間は大きくプラス収支になりますが、同じように大穴サイドを購入し続けると、長く連敗し、回収率は下がっていきます。



▼単勝馬券に限らず、大穴サイドの馬券というのは、どうしても平均回収率が低くなります。

馬券には控除率というものがありますが、この控除の割合は、大穴サイドの方が高くなるのかもしれない。私の仮説ですが。

それくらい、大穴サイドは長期回収率が上がりにくいわけです。



▼かと言って、本命サイドの馬券だと、オッズが低いので、控除率の壁を越えるだけでも一苦労です。

しっかりレースを選んで、期待値の高い本命馬の単勝だけを選んで購入しても、長期回収率は100~110%が関の山かなという感じです。



▼そこで狙うべきは、中穴馬。

4~9番人気あたりの馬の単勝馬券は、オッズもそこそこ高く、回収率を上げやすいです。

このゾーンの中穴馬であれば、単勝の多点買いでも利益を出すことが可能です。

参考記事
 ↓
単勝の多点買いはアリか?



▼例えば、「4~9番人気の中穴馬で、前走1着楽勝」という馬を、ひたすら狙っていくだけでも、ある程度の回収率は担保されます。

プラス収支にするためには、ここにあと1~2個の条件を追加してやればいい。

それだけで、単勝必勝法に近いものが出来上がるわけですね。



▼▼ではここで、具体的なケーススタディーを見てみましょう。


阪神ジュベナイルフィリーズ2019年

1着 レシステンシア(4番人気)
2着 マルターズディオサ(6番人気)
3着 クラヴァシュドール(3番人気)

単勝1120円



はい。
このレースは、1番人気のリアアメリアが、単勝1.8倍と断然人気でしたが、こんなオッズの馬の単勝を購入しても、長期ではプラス収支になる確率は低いので、他の馬から単勝候補を探すことになります。



▼単勝必勝法という観点から考えると、狙い目は、中穴馬。

先ほども少し書きましたが、4~9番人気から、オッズ10~20倍程度の馬を狙っていくのが、最もプラス収支にしやすいと思います。



▼このレースは、中穴馬に圧倒的に魅力的な馬がいました。

それが、4番人気のレシステンシア。

なぜ、レシステンシアが魅力的なのか?

彼女の期待値が高い理由を箇条書きにしてみましょう。


レシステンシアの期待値が高い理由

・4~9番人気の中穴馬
・4番枠は絶好枠
・前走1着
・前走楽勝(0.2秒差)
・先行馬



はい。
パソコンの競馬ソフトでデータ分析できる人は、これらの条件が揃った馬の期待値が高いことが分かると思います。



▼まず、「4~9番人気の中穴馬

これは先程から書いている通りで、中穴馬の単勝馬券は、オッズが歪みやすく、プラス収支にしやすいです。

単勝で狙うべきは、中穴馬ですね。



▼次に、「4番枠は絶好枠

芝のレースにおいて、最も有利になりやすい枠は、4番枠です。

有馬記念で、好きな枠順を陣営が取っていく、というイベントがありましたが、その時も4番枠が最初に選ばれました。

芝のレースでは、4番枠は要注意です。



▼次に、「前走1着

前走で1着だった馬は、単勝期待値が高くなりやすいです。

前走で勝った馬は、体調が良い場合が多く、今走でも好走しやすいわけですね。



▼次に、「前走楽勝

前走で1着でも、ギリギリで勝った馬というのは、期待値が低くなりやすいです。

逆に、0.1秒以上の差をつけて勝った馬というのは、期待値が高くなりやすいものです。



▼次に、「先行馬

当ブログではいつも書いていますが、競馬では、先行できる馬が圧倒的に有利です。

特に、穴馬を狙う場合は、先行馬を狙っていくと、回収率が高くなりやすいです。



▼このように、2019年の阪神ジュベナイルフィリーズでは、レシステンシアにデータ的なメリットが重複して存在していました。

結果は、レシステンシアが5馬身差で逃げ切り、単勝1120円の配当となりました。

データ分析できれば、このように期待値の高い馬を、簡単に見つけ出すことができるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング