競馬で必ず儲かる買い方はあるか?絶対に稼げる馬券の買い方を考察。確実に利益を出すには?

競馬で必ず儲かる買い方


▼本日は、儲かる買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼競馬は不確実性の高いギャンブルなので、「必ず」という事はあり得ません。

「必ず」がないからこそ、利益を出すことができるんですね。意味わかりますか?



▼競馬で必ず儲かる買い方はないけれど、長期的に見ると、高確率でプラス収支になる買い方はあります。

競馬には勝ち組が存在すると、以前の記事でも書きましたが、長期的には「必ず儲かる買い方」に近いものは存在する。



▼いつも書いていますが、「期待値が高い馬」を買えばいいだけなんですね。

もしくは、想定配当がわかりやすいレースを選ぶ。

「大体これくらいの配当になる」ということが分かっていれば、オッズフィルターでそのオッズゾーンを狙えば、長期的にはほぼプラスになるわけです。



▼具体的な馬券の買い方としては、「断然人気の馬がいないレースで、三連単7頭ボックス」というものがあります。

レース選びが最重要ポイントになりますが、長期的にはプラスになりやすい買い方かと。

ただ、買い目点数が210点もあるので、資金力のない人は手出し無用です。



▼あるいは、「本命サイドで、明らかに期待値が高い馬」を、追い上げで狙う方法。

マツリダ予想の(軸期待値○)のように、勝率が40%くらいある馬で期待値が高い馬は、連敗リスクが低くなるので、追い上げが可能です。

損切りラインを明確にすれば、長期的には、必ず儲かる買い方に近づくと思います。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





追い上げのメリットとリスク


▼競馬で必ず儲かる買い方についての考察を続けます。

馬券で必ず儲かる方法と言えば、やはり「追い上げ

これが真っ先に、頭に思い浮かぶと思います。

参考記事
 ↓
複勝の追い上げで勝てるか?



▼馬券が不的中だった時に、次のレースで増額して一気に取り戻すやり方ですね。

これは理論的には絶対に儲かる買い方になるんですが、普通の人はやめた方がいいです。



▼なぜなら、競馬の連敗というのは、どこまで連敗するか予測できないからです。

1番人気の単勝であっても、10連敗くらいは普通にするわけです。

「1番人気だから、そんなに連敗するはずがない!」と思ってしまう人が多い。

でも、このような安易な考え方で追い上げや増額をしてしまうと、すぐに青ざめることになります。



▼実は私ブエナも、追い上げで利益を出そうとした時期があります。

混戦レースの1番人気馬を、追い上げで狙う。

オッズは3~5倍くらいですね。

この追い上げ、どうなったか?



▼惨敗しました。大損です。

1番人気だから、追い上げれば必ず儲かる買い方になるのではないか?と考えた私の目論見は、見事にハズレました。



▼競馬は連敗するものである。

どんな買い目であっても、必ず連敗します。

これは確率の偏りなので、絶対に避けられないんですね。



▼なので、単純な追い上げで利益を出すのは難しいと思われます。

それと、競馬は変動オッズなので、追い上げで増額していくと、オッズが下がるリスクもあります。

オッズが下がってしまうと、当初、見込んでいた払戻金に届かないので、ほとんど利益が出ないということにもなるわけです。



▼競馬で必ず儲かる買い方を求めるなら、「長期戦に持ち込む」ことが重要です。

要は、競馬は確率のゲームなので、出来る限り確率を収束させることが重要。

競馬ソフトでデータ分析すれば、確率を収束させた状態で、長期期待値が高い条件馬を探すことが可能です。



▼これを応用すれば、長期的には「必ず儲かる買い方」に近いものが出来上がる。

「このレース条件の時に、この条件の馬は、期待値が高い」というようなアプローチですね。



▼ただ、このやり方は、競馬ソフトで何十時間も何百時間もデータ分析できる人にしか使いこなせません。

私も競馬ソフトでデータ分析しますが、1日2~3時間やると体調が悪くなります。

競馬のデータ分析というのは、ついつい没頭しがちですが、かなり体に負担がかかります。



▼なので、現実的には、「1日2~3レース選んで、固定の買い方で、長期回収率105%くらいを狙う

これくらいが、無理なく高確率で儲かる買い方に近づけるのではないかと思うわけです。



▼馬券種はなんでもいいんですが、初心者さんは、馬連かワイドが良いかと思います。

上手い人なら三連単・三連複の方が儲かりますが、総買い目点数が多すぎて、よほど競馬に精通している人以外は、逆に負けると思います。



▼「馬連4頭ボックス」などは、儲かる買い方として、初心者さんでも使いやすいかと思います。

コツとしては、1頭、期待値の高い人気馬を入れる事。

4頭すべて人気薄にしてしまうと、極端に的中率が下がり、途中で飽きてしまいます。



▼なので、「人気馬1頭・中穴3頭」という感じの構成にする。

人気馬は、必ずデータ的な期待値の裏付けがある馬を選ぶ。

この馬連4頭ボックスなら、長期的にはある程度の的中率を維持しながら、たまに高配当も出るので、儲かる買い方に近づけると思います。



▼▼「競馬で必ず儲かる買い方」を考える上で、重要になるのが「買い目点数」です。

馬券は全通り買えば的中率100%ですが、これだと控除率の分だけ負けます。

厳密に言うと、大穴サイドの期待値が低いので、控除率以上に負けることになります。



▼なので、全通り買いから、絞り込んでいく作業が必須になるわけです。

ここで、その人の馬券の個性がでてきますね。



▼「馬券を手広く買う人」と「馬券を絞って買う人」

かなり明確に、この二者は分かれます。

馬連1点勝負が大好きな人もいれば、馬連ボックスが大好きな人もいるわけです。



▼では、どちらが馬券で儲かる買い方なのか?

これについては、期待値さえ高ければ、長期的にはどちらでも儲かります。

あえてどちらかを選ぶとすれば、私なら「多点買い」の方が勝ちやすい印象です。



▼多点買いというのは、例えば、

・馬連6頭ボックス

・三連複7頭ボックス

・三連単7頭ボックス



このような感じ。

普通の人から見たら、かなり買い目点数が多く感じると思います。



▼でも、馬券というのは「レース選び」さえしっかりできていれば、「10頭ボックス」でも利益を出すことが可能なんですね。

というかむしろ、多点買いの方が確率の収束が早く、長期的な利益を確定させやすいと思うわけです。



▼ただ、買い目を絞り込むと、短期的な瞬発力は増す。

その1レースでの払戻金は、買い目を絞った方が高くなりやすいです。

だからこそ、買い目を絞って買うのが好きな人がいるわけですね。



▼予算が5000円しかない場合、これを分散して賭けても、的中時には1万円くらいにしかならないことが多いです。

でもこれを1点にぶち込めば、2万円から5万円も狙えるわけです。



▼まあこれについては、合成オッズのトリックというか、狙うオッズゾーンを変化させることで、どちらも均等な払い戻しにすることは可能なわけですが。

ただ、多くの人は、買い目点数を増やしても、購入するオッズゾーンは同じようなところを狙うので、払戻金は1点買いの方が大きくなるケースが多いわけです。



▼かなり脱線しましたが、要するに、多点買いの方が、合成オッズを適正にしやすく、確率を収束させやすい。

その分だけ、長期的には利益を確定させやすいと思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング